伝説の宝塚「ブスの25箇条」で、自分自身を振り返る

先週末、家でのんびりお香を焚きながら、読書をしていました。そして、その本に載っていた伝説の宝塚『ブス25箇条』というのが、とても興味深かったでので、ご紹介させていただきます。

1. 笑顔がない
2. お礼を言わない
3. おいしいと言わない
4. 目が輝いていない
5. 精気がない
6. いつも口がへの字の形をしている
7.自信がない
8. 希望や信念がない
9. 自分がブスであることを知らない
10. 声が小さくイジケている
11.自分が正しいと信じ込んでいる
12. 愚痴をこぼす
13. 他人をうらむ
14. 責任転嫁がうまい
15.いつも周囲が悪いと思っている
16. 他人にシットする
17. 他人につくさない
18. 他人を信じない
19. 謙虚さがなく傲慢である
20. 人のアドバイスや忠告を受け入れない21. なんでもないことにキズつく
22. 悲観的に物事を考える
23. 問題意識を持っていない
24. 存在自体が周囲を暗くする
25.人生においても仕事においても意欲がない

 

 

思わず、『なるほど~~~~~!!』と思ってしまいました。言われてみると、たしかに同性からみても「美しい!!」と思う女性って、内側からHAPPYオーラがでていますよね。
それって、結局は、心のもちようなんだなと思いました。

 

そういえば、『心が表情にでるんだ!』と思ったことが、ちょうどありました。先週末に妹が実家に戻ってきて、いろいろと話しをしていました。社会人になって早2年、仕事も恋愛もいろいろと大忙し。そして、同時に、仕事の部分では、職場の関係もいろいろとあるみたいで・・・・心がストレスで一杯。

 

そして、そんな妹と、昔の家族写真を振り返ってみていくと、妹と私の顔の表情、特に、目つきが変わってきているのがわかりました。

 

妹は、まだ社会に出る前で、毎日が楽しい!!学生生活の時、目がキラキラと。そして、オーラも明るい!

 

かたや、何年か前の私は、仕事が忙しく心に余裕がなかったので、心身ともに疲弊してしまい、目が死んでいる・・・かと思うように、輝きがなく。たまたまだったのかもしれないけれども・・、唇が、お見事に「へ」の字に。

 

 

でも、今は、その表情が、それぞれ対称的に。

 

私は、もちろんまだまだ全然「美人」という外見ではないですが、表情がここ最近の写真と振り返ると、明るくなったなぁ!と。(自分で言うのも変なのですが・・・・汗。)

 

 

今の妹は、明るくふるまっているつもりでも、心の鏡である「目」が、何年か前の写真と見比べると、曇っているのがみるようにわかり。

2,3年前の私は、ストレスで一杯で、自分の殻の中にはいったまま、黒い気持ちがたまれば、たまるほど、自分はなんて悲劇のヒロインなんだろうかのように思え、周囲が憎たらしく思ったり。また、同僚や家族、友人へも、「当たり前でしょう」かのような思いで接し、『ありがとう』の『あ』の字も頭に浮かばなかったころ・・・。そして、『もう自分はどうしようもない。。。』

そう思っていた自分が、語弊はありますが、懐かしくもありますが、そんな自分から脱却できた今、宝塚のこの「ブス25箇条」というのが、すごくうなづけます。

こうして、自分自身も振り返って思ったのが、「心の余裕がもてるようになれば、周りの世界への見る目が変わる」ということ。

今は、毎朝起きるたびに、『今日も、新しい一日を迎えられてありがとう!』『おいしいご飯をいつもありがとう』『運転士さん、安全運転で電車を運転してくれてありがとう!』と、、自然と心の中からそう思えるようになりました。

ぜひ、皆さまも一度この「ブス25箇条」を読み返して、今の自分に当てはまるところがあるかないか、振り返ってみてください。

何かそこから、あらためて自分自身と向かい合える時間がもてるようになれれば、幸いです★。

 

 

本日も当ブログをご覧頂き誠にありがとうございました。

 

カテゴリー: 1-日々是好日、日々是香日 タグ: , パーマリンク

他にもこんな記事が読まれています。