お香ライフ~旧暦端午の節句は、梅雨時の禊ぎ払いを~

旧暦端午の節句は、梅雨時の禊ぎ払いを。
 =====================================
  「節は、五月にしくはなし。
           菖蒲、蓬などの薫り合ひたるも、いみじうおかし。」
                     (引用:『枕草子』清少納言)

   旧暦時代の端午の節句は、梅雨時の禊ぎ祓いの意味を持つ行事であり、
   この日、邪気を祓うためのよもぎや菖蒲が宮中や名もない民の住家まで、
   ありとあらゆる屋根に葺かれてよい薫りを漂わせている様を、清少納言
   は「いみじうおかし(=とてもすてき!)」と記しておりました。

   新暦の今でも、端午の節句に菖蒲湯に入ると良いと言い伝えられ、街の
   お花屋さんでも菖蒲がよく売られておりますが、実は、菖蒲の葉が大き
   く瑞々しく育つのはやはり梅雨時の今ごろだそうです。

   菖蒲やよもぎには優れた殺菌作用があり、じめじめした梅雨時の空気を
   爽やかにぬぐい去ってくれるのです。

   『枕草子』には、このような情景も書き記されています。
   この日、薫り高い楝(おうち)の花 を紫色の紙で巻いたものや、菖蒲の
   葉を青い紙で結んだりしてものを持ち歩いたり、母屋の柱にあでやかな
   薬玉を飾ったりなど、平安時代の貴族たちはさまざまな方法で薫り草を
   楽しんだようです。

   特に、平安時代の薬玉は、橘や菖蒲などの香り高い草花を編み込んだ
   飾り玉を色とりどりの糸で飾り、時代が下るとともに、麝香や沈香など
   の香料を玉にして豪華に飾るようになったようです。

   想像するだけで、なんだかとても胸が踊ります。沈香をいれた薬玉を、
   作って部屋の窓に吊るしたいものです。でも、まずは簡単にできる菖蒲
   とよもぎをいれた湯にゆっくりつかって、梅雨時の禊ぎ祓いをしてはい
   かがでしょうか?

このような和暦と楽しむ情報もメルマガにてご案内しております。
ぜひ一度お立ち寄りください!

白檀にも香りのグレードは様々!

淡路島出張記の続きです。

淡路島では、香木の香りを堪能してきました。
香りをお客様にご紹介する以上、私たち自信が香りのエキスパートにならなければいけないという思いで、まるで香りマイスターになったかのように、様々な種類の香木の香りを焚いては香りの聞き比べをしました。

多くの方がよくご存知なのが、『白檀』の香木だと思います。

おそらく、「白檀」の香りは、どれも同じ!だと思う方も多くいるかと思います。
(正直、この仕事を始める前は私はそう思っていました)

しかし、「白檀」にも自然の生産物なだけに、生産地、木の樹齢とうとうによって、香りの質も様々でした。教えていただいた方によると、白檀の最高級品は、インド産とのこと。また、中にはまだ樹齢が若いのに、切り倒してしまっているものもあるそうです。そういう木片は、自ずと香りの質も下がるのは予想がつきますよね。

私たちも、何種類の白檀の香りを聞きましたが、やはり最高級品の白檀は、火をつけて燃え上がってきた途端に、わかりました。

同じ白檀の香りなのに、その最高級の白檀の香りは、自然と鼻の中に吸い込まれていき、香りも深みのあるほろ甘い香りでした。まるで、温かく包みこんでくれているかのような錯覚をおぼえてしまうような温もりさえも感じる香り。

一方で、一番安価な白檀の香りというのは、たしかに甘い香りがするのですが、どこか煙臭さが際立ってしまい、その香りの世界にときこめられない感じでした。

その他にも、伽羅や沈香も聞き比べしました。

どの香木にも共通していえるのが、本当に同じ種類なの?!と思ってしまうぐらい、グレードによって香りの質も様々。

当店のお香は、上質な香りにこだわって一つ一つ作っていることもあり、
お香の原料となる香木のグレードも高級なものを選び製造しております。

まだまだ修行の日々が続きますが、この日一日だけで、スタッフ一同、香りの聞き分けができたと自負しております*

お香の生誕地、淡路島へ!

今週は、会社のスタッフのみんなと淡路島へと出張に行ってきました。

$白檀・沈香・伽羅 お香でもてなす生活。-明石海峡大橋
#神戸から明石海峡大橋を渡って、いざ淡路島へ!!

なぜ、淡路島かというと・・・
実は、お香の生誕地は淡路島なのです。お香と聞くと、多くの人は古都の京都や
鎌倉を思い浮かべる方が多いかと思います。

日本書紀によると、595年に日本に初めて香木が流れついてきたといわれています。
『沈水、淡路島に漂着』
この香木が流れ着いた場所こそが、淡路島なのです。 
当時、淡路島の人々は、この木片をふつうの流木だと思い、まきと一緒にかまどに投げ込んでしまったのです。すると、芳しい香りが漂ったので、驚いた人々は、慌てて火の中から引きあげ、この木片を朝廷に献上しました。すると、摂政であった聖徳太子はすぐにその木が沈香の香木だと判別し、木の一部で仏像を作りました。
淡路島は、その後も季節や流通の条件とうとうもあり、昔よりお香の生産地となっているのです。

$白檀・沈香・伽羅 お香でもてなす生活。-枯木神社
#枯木神社には、最初に漂流してきた香木を今でも大切に祀られています。

さて、今回は職人さんたちの作業現場を一つ一つきちんとみせてもらいました。
昔からの技法を今でも継承して、一つ一つ手作業で丹念につくられているのをみて、
本当に感動しました。

世の流れによって、機械化による商品の大量生産の物で巷にはあふれていますが、
ここまでも一段階一段階手作業で、職人技で作られているというのを
目の当たりにして、自社のお香を聞くときに、香りとともに、より気持ちが高まるような感じがしました。

製造過程の写真をHPに近日中にアップする予定でおります。
ぜひ、その際は写真をとおして職人技をみていただければと思います。
(HPにアップできた際には、またBLOG内でご報告させていただきます)

セージとお香に共通する「浄化」という効果

皆様、こんにちは。
今日は3連休の真ん中の日曜日。天気も、晴々とした気持ちの良い一日で、
皆様も外で伸び伸びと過ごせた方も多いのではないでしょうか?

しかし、私は生憎にも昨夜から突然体調を崩してしまい先ほどまで寝込んでしまっておりました。でも今は、ようやく心身ともに全て回復。

回復のきっかけはもちろん薬の効果もあると思うのですが、私は“セージ”のおかげも一つあるのかなとも思っています。

$白檀・沈香・伽羅 お香でもてなす生活。-セージ

 

お香を焚き、お部屋も清らかに

寝てばかりの状態だったので、気分転換に部屋を掃除。
気分良く掃除するには、“良い香り”が後押ししてくれる!という信条の元、気持ちが高まる蓮凛のお香を焚きながらお掃除。

この1週間は寝込んでしまったままだったので、部屋の中も埃がたまったりとゴチャゴチャ。部屋を整え、床をきれいにふき、寒さを我慢して部屋の窓も開けると『あぁなんだか少し身体が軽くなってきた!』という感じに。目に見えなくとも、体調不良の間中にたまった心の塵も一緒にはきだせたからでしょうか。

そして最後に、セージを焚きました。

すると、驚くほど今までにみたことがないほど煙がでてきました。一瞬火事になるのでは!?と思ってしまうぐらいの勢いのある煙。ここ2年ぐらいセージを焚く習慣がつきましたが、こんなに勢いのあるモクモクと燃え上がる煙がでるのは初めて。部屋がまるでいぶされているような気にもなってしまうほど。

でも、焚き終わった後はずっとだるいだるいと思っていた感じがどこへやら・・・!!!

どことなく気分がスッキリして、頭もクリアに。

 

セージのパワー

セージをご存知の方もいらっしゃるかと思うのですが・・・・簡単にご紹介させていただくと、ハーブの1種で、シソ科に属する多年草の植物。刺激のある強い匂いの種類にはいります。好きな方は好きだと思うのですが、嫌い!と思う方も多いのではないでしょうか。
セージは何種類もあるのですが、コモンセージは、肉や魚の料理の臭み取りや香り付けにもなっています。なので、料理で食されている方もいるかもしれませんね。

 

そんなセージですが、もうひとつの一面も持っています。それは、『浄化』です。
数種類あるセージの中でも「ホワイトセージ」がこの効能をもつといわれており、特に神聖な種類とされています。アメリカのネイティブアメリカンは、ゆっくり立ちのぼる煙には浄化する作用があると信じ、古くから神聖な儀式の前に、儀式の場所や、そこに集まった人々を清め、邪気を祓い、神聖な空間を作っていたといわれています。
(※この浄化方法は、「スマッシング」といわれ、ホワイトセージの煙で燻す浄化方法です)

 

 

お香とセージに共通するもの~浄化~

そんな効能をもつセージによって部屋の中、また自分自身についていた邪気が祓われて気分が一新したのではと思っています。

“煙”がたかくのぼり、自分の部屋の隅々までこの煙が行き渡るのがみえ、煙によって“浄化”してくれているのだと感じます。この“煙”によって、部屋をおおってくれるのは、私には“お香”にも共通するものがあると思っています。

それは、お香には十の徳があるといわれる「香十徳」があります。その香十徳には、『感覚が研ぎ澄まされ』『身も心も清らかにし』『よく穢れを取り除き』とあります。 香に含まれる原料の効能と、そして煙にのって天へと舞い上がっていくなかで、きれいに浄化されていくのだと思います。

 

さぁ、体調が完全に復活した今、セージの煙も消えたことですし、今度は“良い香り”の“お香”を焚きながら、日曜日の夜を過ごしていきたいと思います。

皆様もよい週末、残りわずかのよい休日をお過ごしください。

 

 

 

27 / 27« 先頭...1020...2324252627