サウジアラビアのお香事情

こんにちは!

3連休はいかがでしたか?!
私は、いよいよ今週末に行われる のイベントの準備でバタバタしておりましたアップが、
一日だけ夜に、羽をのばしにお酒を飲みにいってまいりました。

今日はその席で知った“サウジアラビアのお香事情”について。

先日twitterでもつぶやきましたが、その日は、サウジアラビアから来た友達と飲みにいってきました。
彼(通称 アブ君)は、サウジアラビア出身のアメリカ育ち。現在は、大学を卒業して、サウジアラビアで働いています。 もともと、私の友人のアメリカ人の彼の親友の一人でもあるアブ君。
来たかったという日本に、夏休みで約10日間滞在。

先週末も、BBQで一度会っているのですが・・・・・、いやぁ陽気な人です。
ジョークが絶えず、つねに周囲を笑わせてくれるおもしろいひとでした。

さて、そんなアブ君から聞いた「サウジアラビア」のお香事情。

正直、私はサウジアラビアではあまりお香を焚くということがないのではないのかなぁ・・・と思っていました。
これは、完全に偏見にも近い勝手な私のイメージです。
サウジアラビアのお香というのも聞いたことがないですし、本とかでも書かれていることがないので・・・。
だから、きっとあまり知らないだろうなぁと思っていました。

しかし、彼は、「I love incense so much!!」と。
また、自宅でもよく焚くそうです。

ただ、サウジアラビアでは、お香というよりも、香木そのものを焚く習慣のほうが根強いそうです。
サウジアラビアでも、香木が採れるそうで、それが普通にマーケットでもよく売られてるとのこと。
買った香木は、家で火に灯して、香木の香りをそのまま楽しんでいるそうです。

ほとんどサウジアラビアの人は、お香よりは、香木を燃やして香りを楽しむ人のほうが多いのでは?!
とも言っていました。
家でも、いつも甘く良い香りがただよっているそうで、日常の生活の中に溶けこんでいるそうです。

そういえば、サウジアラビアは、紅海を挟んでエジプトの隣国になるのですよね。
先日書いたブログの「お香の香りに包まれた美女2~クレオパトラ~ 」に書かせていただきましたが、
エジプトは香りの発祥の地でもあり、古代より香りあふれる街でした。

伝記の中では、古代エジプトでは、
朝は乳香を焚き、昼は没薬、夜はキフィと呼ばれる丹念に調合した香を焚いていたとあります。
このキフィと呼ばれる香は、12を超える芳香成分を調香して丁寧につくられた香で、いわば、(見た目は)お焼香のようなもの。

そのような香りの楽しみ方が、エジプトから海を渡って、隣国サウジアラビアにも伝わったのでしょうね。

お香の話以外にも、サウジアラビアの国についていろいろと教えてくれました。
絶対君主制のもと、全てが王様のもとに国ができており、道の名前は全て「king of ***」と、kingがついているとか。 また、イスラム教の国なので、一切お酒も飲めず、もちろん、女性は肌をみせてはいけず・・・・。

日本とは全く違う国。
文化の違いはあれど、一度は必ず行ってみたい!!と思いました。

また、アブ君いわく、サウジアラビアでの彼の楽しみの一つは、夜砂漠に行くことだそう。
360度、周りは砂漠の海。 でも、上を見上げれば、ダイヤモンドかのようにキラキラと輝く星空。
景色を邪魔するものは、何もないので、星空の青のコントラストが、すごく美しい、と。

う~~~んラブラブ!想像する以上に、きっとロマンチックで、本当にキレイなんでしょうね。

早く私も行ってみたい!!です。

もし、どなたかサウジアラビアに行かれたことがある方がいらっしゃれば、実体験のお話もぜひお聞かせください★

アブ君は、サウジアラビアで採れる香木の名前は国に戻らなければわからないとのことだったので、
しばし、お待ちを。
また、実際に彼がどのように香木を焚いているのか、また、その素敵な夜空などの写真を送ってくれるとのことなので、彼から届き次第、このブログでもご紹介させていただきますね♪

本日も当ブログをご覧頂き誠にありがとうございました。ニコニコ

 

お香の香りに包まれた美女2~クレオパトラ~

こんにちは、いつもご覧いただきありがとうございます。

今日は、先日の「お香の香りに包まれた美女~楊貴妃~」に続き、同じテーマで『クレオパトラ』についてのお話を。

世界三大美女の一人、クレオパトラ

クレオパトラは、楊貴妃と同じく、世界三大美女の一人と称される美女。
諸説いろいろあるが、クレオパトラは美貌だけでなく、“知性”も高い女性だったといいます。そんな彼女もまた、美しさに拍車をかけるかのように、“香り”を活かしてローマの権力者たちを虜にしてきました。(しかし、彼女もまた、残念ながら、最後は敵に追われ、自害の道をたどることに)

 

香りの発祥の地ともいわれるエジプト

そもそも、エジプト人は3000年以上の昔には、芳香樹脂や樹脂状物質の特質について広範な知識をもっており、香料作りをすでにしていたといいます。なので、歴史上わかるうえでは、エジプトが香りの発祥の地ともいえます。

そんな当時のエジプトがどんなに香りあふれた世界だったかがわかる記録があります。

金曜日ごとに人々が集まって、からだに香を焚きこめた。
食物、砂糖菓子、シャーベットにも香料で香りをつけ、裕福な家はどこも芳香が満ち満ちた。女たちは香料入の水で沐浴し、男たちは香料入りの軟膏をからだに塗った。大きな祭りの日には往来で香膏が焚かれたので、この上なしの貧乏人も仲間入りして香ばしい空気を味わうことができた。

[引用元:エーベルスのパピルス本より]

なので、当時のエジプトではただクレオパトラだけが香りに包まれていたのではなく、地位や男女関係なく、人々全員が香りをまとっていたということがわかりますね。

 

シェークスピアが描くクレオパトラ

しかし、やはりクレオパトラは格別だったとか。そんな彼女を、シェークスピアは次のように描いています。

彼女が乗った船は、艶出しした玉座のように水の上に燃えたっていた。船尾の楼甲板は延べ金で、帆は紫、風さえも恋にわずらうほどに香が焚きこめてあった・・・・・。
船からは妖しい、目に見えぬ香りが、近くの波止場の者たちの鼻をうつ。

 

私は、想像しただけでもうっとりしてしまいます。
今目の前にドラえもんがいたら、タイムマシーンでクレオパトラに会いたい。そして、当時の香りあふれるエジプトの町を堪能したいです。

 

 

さて、楊貴妃、クレオパトラ。
両者に共通するのは、“香り”をつねに全身にまとい、自分たちの魅力を上げていたということ。
つまりは、“香り”と上手に付き合っていたということですよね。

ただ、これは持論なのですが・・・二人とも、あまりにも古の古い人物。
なので、いくら美しいといわれいますが、確固たる証拠(究極・・・写真とか)がありません。

でも、こうして長い歴史の中で、言い伝えられてきている以上、真っ向から美しい女性であるということは否定しませんが、私が今思うのは、きっと外見の美しさはそこまで際立っていなかったのでは・・・!?と。

 

いい香りをまとう『香り美人』

 

じゃぁ、どうして“絶世の美女”とまで称され、いい伝わっているかというと・・・、“いい香りをつねにまとっているからゆえに、『香り美人』”だったのではないかなと思っています。

ほら、いい香りをつねにまとっていたり、いい香りの中にいると、自然と背筋がぴんとのびて、
心も晴れやかで、いつも笑顔でいられるじゃないですか。

そういう気持ちで毎日過ごしていると、体の芯から“美しく”なっていくきがしています。

 

 

皆様は、どう考えます?!いずれにせよ、ぜひ、皆様も香りと上手に付き合い、“香り美人”になってみてはいかがでしょうか。

 

本日も当ブログをご覧頂き誠にありがとうございました。

お香の香りに包まれた美女~楊貴妃~

こんにちは、いつもご覧いただきありがとうございます。

さて、今日はお香にまつわるヘェ~というお話を。

 

世界三大美女

世界三大美女といわれている女性は、クレオパトラ・小野小町・楊貴妃がいますが、今日の主人公は、この楊貴妃
彼女は、西暦700年代に生きていたといわれる絶世の美女。あまりにも古いので、もちろん写真は残っておりませんが、古来より“美しい”と語り継がれている女性。

 

あまりにも美しいあまり、世の男性を魅了してしまい、「傾国の美女」と表現されるように、歴史のうえでは、彼女は、唐の玄宗皇帝を豊満な身体と透き通るような白さで虜にし続け、最後には、国を滅ぼす結果を招いてしまいました。

そんな、絶世の美女と称される彼女の容姿の美しさとは、対称的に、彼女にはとある欠点もあったといわれています。

なんだと思いますか?!!

 

絶世の美女と称される楊貴妃の欠点とは

私もびっくりしたのですが・・・、なんと、『体臭』です。

記録では、彼女はとても暑がりでいつも汗をかいており、体臭もきつかったと、残されているそうです。(一説では、彼女は胡族(中近東)の出身で、胡族は東洋人と比べるとワキガ臭が強いと。なので、生まれつきな部分も否めず。)

いくら絶世の美女であっても、体臭がきつければ・・・・男性も寄ってこなかったのでしょうか。

彼女は、その体臭を消すために、麝香(ムスク)を体中に塗り、その香りが体臭とまじりあい、よりいっそう人々を魅了する香りを漂わせていたといわれています。

この麝香というのは、雄のジャコウジカの腹部にある香嚢(ジャコウ腺)から得られる分泌物を乾燥した香料です。よく、香水でもムスクの香りというネーミングで売られているのを見かけられるのではないでしょうか?
あの甘く官能的な香りは、ジャコウジカから(時には、殺して)採取することもあったため、現在はワシントン条約で禁止されています。 そのため、今は合成香料の合成ムスクとして私たちは、香りを楽しむことができます。

官能的な香りで自分自身を演出

さて、本題に戻りますが、楊貴妃はこの麝香をつけることにより、容姿をより際立たせる官能的な香りで自分自身を演出していました。

また、楊貴妃は他にも、木蓮や、クチナシの香りを好み、それらの練香を毎日焚き、「沈香亭」といわれる白檀で建てた家に住んでいました。

丁子や沈香をつねにかんでいたという逸話もあることで、想像する限り、常に楊貴妃から官能的な甘くいい香りが漂っていたのでしょうね。きっと遠く離れていても、ほのかに良い香りが漂っていたはず。

そんな容姿の美しさだけでなく、香りの美しさも相まった楊貴妃は、男性虜にして・・・・、最終的にはそれが仇となり・・・・・・・・、38才という若さで動乱に巻き込まれ若い生涯を閉じました。

今の研究では、麝香というのは「催淫効果」 があるそうです。
香りがより、歯車を早く、そして複雑にまわってしまったのでしょうね・・。

皆様は、どのような感想をもたれましたか?
楊貴妃の人生は、儚くも悲しい結末になってしまいましたが、彼女の美しさを物語るうえでは、香りがかかせなかったというのはおわかりいただけたかと思います。

現代でも美人の方って、いつも良い香りがしますよね★

本日も当ブログをご覧頂き誠にありがとうございました。

 

お香の初心者が送るお香の楽しみ方 -その1 私の楽しみ方

こんにちは。前回に引き続きmakotoです!

タイトルの通りお香に関しては素人の私ですが、
私なりに楽しんでいるお香の魅力について伝えていければと思います。

同じような初心者の方に少しでも伝えられればと連載していきます!

温かい目で見守って頂ければ幸い、
むしろこの場を通して教えて頂ければと思います。

まず第一回目は、「私の楽しみ方」を紹介していきます!

あまりお香歴が長くない私、

お気に入りのお香と、お気に入りのお香立て。

とてもシンプルですが、難しいことは考えずに楽しむこと。
これに尽きるのでは!と、素人ながら思っています。

普段はこんな感じでお香を焚いています↓
お香でもてなす香りのある生活。

お香立ては、中華街で買って来た300円の小さい香炉。
使い終われば蓋を閉め、飾りにも使える優れもの!お気に入りです。

お香は贔屓しているわけではないですが、私の会社の「木春」が好きでよく焚いてます!「木春」はすっきりした香りで、仕事をしながら焚くには最適のお香です!

他には前回の投稿で焚いていたハワイのpikake
名前を失念しましたが、武田信玄ゆかりのお寺「恵林寺」で買ってきたお香など気分で変えて楽しんでいます!

簡単ですが今回は「私の楽しみ方」を紹介させていただきました!

みなさんの楽しみ方も是非教えて頂ければと思います!

今回簡単に紹介した「木春」は私達の会社のショップサイトで販売しています。
お試しセットもありますので、興味のある方は是非お試し頂ければと思います!

↓↓↓↓↓
GRACEFUL FAIRIES -木春-

ロータスグレーシーズインセンスショップ

それでは!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

暑いのでハワイの音楽を聴き、ハワイのお香を焚いてみました – Pikake Jasmine

こんにちは!makotoです!今日はいつもブログを描いているmaiさんの代わりにブログを書いてみます。

8月も終わりに近づきました、残暑が厳しい日々が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

オフィスのあるお台場の最高気温は33度。暑いですが、窓を開けて扇風機を使えば心地良い風が入ってきます。そんな暑さの中、ただ参っていてはだめだと思い、暑さを楽しむために一工夫してみました!

その1.窓を全開、扇風機も全開にし、玄関のドアを開けて風の流れを作る。
なにはともあれ、心地よい風をオフィスに入れてみました。
玄関の扉を開け、窓から玄関に向かって扇風機を使うことによりる風の流れを作ります。空気が常に循環するので心地よい風が入ってきます。

ちょっとぬるいですが、オフィスの静けさ、外から聞こえる蝉の声と相まって涼しくなりました。

窓を全開!扇風機全開!
大活躍の扇風機くん。5歳です。

その2.ハワイアンミュージックを流す
やはり夏といえばハワイ。今日はmaiさんがハワイのCDを持ってきてくれました。
まったりとした音楽は実はオフィスにぴったりな気がします。聴くことで体がリラックスし、
より、風を感じることができ、何だか涼しくなってきた気がします。
南国の人は音楽を涼に使っているのではないかと思い、さらに涼しくなりました。

地球の聴き方 ハワイ

仕事も自然とはかどります。

その3.ハワイのお香 – Pikake Jasmine を焚いて気分を盛り上げる。
そして仕上げはハワイのお香「Pikake Jasmine」を焚いてみました。
ハワイ土産のこのお香、残念ながら日本には売っていないようなのです。
芯がないタイプで日本のお香に近いもので、原料は書いて有りませんが、
名前の通りジャスミンの香りが漂いとても落ち着く香り。

ハワイのお香 Pikake Jasmine

やさしい香りで、さらに涼しさを感じさせます。

4$程なのでハワイに行った際は是非お買い求めください。おすすめです!

といった感じで今日はハワイに行った気分で涼んでみました!
明日はバリにいってみようかな。なんて考える昼下がり。

以上が、私風の暑さを克服する一工夫です!

みなさんもエアコンに頼らず快適にクラス方法があれば是非教えてくださいね!

こんな感じで楽しんでいます!

↑ちょっとレトロに加工してみました

それでは!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

3 / 41234