【ご案内】 新しいブランド『Juttoku.』の販売開始について

こんにちは。
前回のブログの更新から、だいぶ月日が経ってしまい、申し訳ありません。

さて、前回のブログ更新から幾ばくの月日が経ちましたが、その間に、より多くの方々に“香”の香りで癒やされていただきたい、そして、海外の方々にも“日本の香”の魅力を伝えていきたい・・とその思いにかられ、いろいろと試行錯誤をしておりました。

そして、このたび新たなブランドラインを立ち上げさせていただくこととなりました。

juttoku_logo_1

『見ても美しく、香ることで心地よい、新しいお香』

『Juttoku.』は古来より伝わる「香十徳( = 十の訓と効用)」と現代のライフスタイルとを結びつける思いから生まれました。

私たちは、日本人の繊細な美意識で育まれてきたお香の生産技術と、季節感を愛でるために意匠を凝らしてきた和菓子の技術を組み合わせた『見ても美しく、香ることで心地よい』新しいお香を作っています。

天然由来の原料をひとつひとつ手仕事で造形した『Juttoku.』のお香を、どうぞお楽しみください。

=================================================

 

 

これを機に、本日よりこちらのブログも『Juttoku.』についても書かせていただきたいと思っております。

これからもどうぞご愛好いただけますようお願い申し上げます!

繊細なフォルム、淡いトーンが美しい、蓮をモチーフにしたお香立て『蓮々花』。

繊細な花びらのフォルム、淡いトーンがとても美しい蓮をモチーフにしたお香立て『蓮々花』が新しく仲間に加わりました。

お香立て『蓮々花』

『蓮々花』は陶芸家 山下 裕美子さんの作品。

商品ひとつひとつが手作りで、ひとつひとつ違った表情を見せてくれ、
その全てに作者の思いが込められています。

また、独自の手法で作られ、磁器とも陶器ともいえない独特のしっとりとした手触り、
あお、ぴんく、きいろ、しろ、むらさき、ひわ、の6色の花が、
やさしくつつみこんでくれます。

⇒『蓮々花』はこちらです

山下 裕美子さんは京都・伏見で制作活動をされており、
その優しい色彩と、柔らかい曲線、独特な絵がとても美しい作品を多数制作されております。

⇒HP『陶芸日和・うつわ日記』はこちらです。

6 / 6« 先頭...23456