功徳日(くどくにち)に浅草寺のほおずき市へ #1

小暑を越えたのもあり、今日は@東京では、久々の快晴です!

朝は、お台場からも富士山が見えました。 何かいいことがおきるような予感!。

そして、富士山を拝めて、これまた幸せ。ニコニコ

さて、昨日・今日の7月9日、10日の二日間は浅草にある浅草寺
で「ほおずき市」が開かれます。

私は昨日、雨の中行ってきました。 生憎の雨だったのですが、境内の中には大勢の人で賑わっていました。

$お香でもてなす香りのある生活。

7月10日は、仏教では『功徳日』にあたります。室町時代が始まったそうで、毎月1日ずつあるそうです。この功徳日というのは、室町時代以降に縁日(毎月18日)に新たに加われた日になります。
下記のように、功徳日は毎月あり、その日にお参りしたら、100日分や、300日分の参拝に相当するご利益(功徳)が得られると信仰されてきたものです。

1月1日 100日
2月晦日 90日
3月4日 100日
4月18日 100日
5月18日 100日
6月18日 400日
7月10日 46000日
8月24日 4000日
9月20日 300日
10月19日 400日
11月7日 6000日
12月19日 4000日

浅草寺では1716~36年頃より「四万六千日」と呼ばれるようになったそうで、そのご利益は46,000日分(約126年分)に相当するといわれるようになったそうです。

#何故46,000日分かという説については、「米一升分の米粒の数が46,000粒にあたり、一升と一生をかけた」という風にいわれているそうですが、諸説あるそうです。

$お香でもてなす香りのある生活。-浅草寺2

浅草寺は、東京の中でのパワースポットの一か所と言われており、境内の中は大変賑わいがあるのですが、龍の天井画の下にいるときは、何とも神聖な気持ちになりました。

part2に続く・・・>

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, 6-日本 | タグ: , , , | コメントする

七夕の日に、お香を焚きながら夜空を眺める

7月7日!
ラッキーセブンが連なる今日は、「七夕の日」です。

皆さんは、もう短冊にお願いごとを書いて笹の葉に飾りましたか?
私は・・・ばっちり!! 思いを一杯こめて、秘めたる願いを短冊に書きました。

でも、毎年何気なくこうして七夕の日を迎えては、織姫と彦星が無事に会えるように・・と思いながらも、短冊に願いを書いてルンルン♪とした気分で一日を終わらせてしまっていると思いますが・・・、今年はきちんと七夕の日ならではの、和ごよみの生活を意識してみたいと思います。

と思って・・・・ふと空を見上げてみると・・・・、生憎の雨模様雨
ここ東京には、分厚い雨雲が覆っていて、天の川をみることができず。。
七夕の日に降る雨のことを『酒涙雨(さいるいう)』と呼ぶそうです。

一年に一度、ようやく会えると楽しみに思っていても、この無情な雨が逢瀬を流してしまう。
だから、彦星に会えずに泣いている織姫の涙が、しずくとなって、天から雨が降っているのでしょうか。

うぅ・・・いくら神話といえども、今日この日が七夕としているのが、残酷だなぁと思っていたのですが、
本来の七夕は、旧暦7月7日。 新暦でいえば、ちょうど8月ごろであると考えれば、
やっぱりロマンチックな夜なんだなぁと思いました。 満月

このロマンチックな?いや、離れ離れにされているということもあって・・・ある意味酷な彦星と織姫のお話は、中国から伝わってきたものだそうです。

もともと、古代の日本では、本来はお盆の一週間前にあたる旧暦7月7日に、水辺に棚を建てて機織りの巫女たち
が神の御衣を織る禊ぎの祭事が行われていたそうです。
この乙女たちは棚機女(たなばたつめ)と呼ばれており、そのイメージが奈良時代に日本に入ってきた織姫彦星伝説と結びついて今の七夕行事につながったと言われています。

この織姫彦星伝説とともに中国から日本に入ってきたといわれているのが、『
乞功奠(きっこうでん)』という中国の七夕行事があります。

これは、機織りの達人である織姫にちなみ、裁縫の上達や管弦、詩歌などの上達を祈る行事だそうです。
当時は、機織りや裁縫が上手ということが、女性としての大切な素養の一つでした。(今の私には、大きく抜けている素養です。。汗)

この行事では、織姫にちなみ五色、金、銀に彩とられた美しい絹糸や、珍しい和琴や琵琶、龍笛などの楽器、梨や桃、きゅうりなどの果物や野菜、季節の花が飾 られた飾り棚が用意されるそうです。
供え物の和琴等には、管弦の上達を願い、季節の果物や穀物には天の恵みに感謝という思いで供えるそうです。

この飾り棚は、古く宮中では東の庭に筵(むしろ)を敷いた棚を建て、飾り棚の前で香炉を焚きキラキラ、星を眺めながら星空管弦や詩歌の宴が開かれていたそうです。

なんとも風情のある光景ですよね。流れ星当時の古の人々は、それぞれ織姫彦星が無事に会えているかを思いながらも、目の前で繰り広げられる宴にひと夏の夜を過ご していたんですね。 

お話によると、この飾り棚の真ん中にある盥の水の上に浮かべられたのが、梶の葉だったそうです。この葉に墨で和歌を書いて二星にささげていたそうです。こ れが、今の短冊のツールでもあると言われています。

今宵、新暦ではありますが、お香を焚きながら夜空を眺めてみてはいかがでしょうか。 分厚い雲の上には、きっと満天にきらびやかになっている天の川で彦星 と織姫が一年ぶりの再会を楽しんでいる姿を想像してみるのも、いいのでは。女の子キラキラ

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, 6-日本 | タグ: , , , , | コメントする

「白南風」が吹く日には・・・

早いですね。今日から、もう7月なのですね!
年を明けた頃には、「私の好きな季節の夏は、まだまだ先だなぁ」と思っていたのもつかの間・・!
光陰矢のごとし、時間はまってはくれないのですね。

『もう半年も終わってしまったんだぁ・・・』『年はじめに誓った今年の目標がまだ実現、達成できていない・・・』
などなど。。。焦っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

かくいう私は、まさに・・・そんな心境でおります。得意げ
まだまだやることがたくさんあるぞ~~~、と、今も心の中で叫んでおります。w

でも、そんな心境にピッタリの季語をみつけました。
それが『白南風(しろはえ)』。

梅雨が明ける頃や、明けきったあとに吹く南風のことだそうです。それまで立ち込めていたどんよりとした雲を吹き飛ばし、一気に空を明るくし、盛夏の到来を告げてくれると。

今の私には、、焦る気持ちや、ちゃんとこの半年成長できているのか不安になっている気持ちが灰色の雲となって
心の中に渦巻いていますが、もうそろそろ吹くであろうこの「白南風」とともに、私の心の中も晴れやかになれば!!と願うばかりです。wニコニコ

それまでに、ちゃんと毎日毎日をきちんと大切に過ごしていかなければいけませんね!
引き続き、がんばります!

そうそう、ここに最後に・・・。
私の今年の目標の一つに、『富士山登頂!』があります。
実は、27年間まだ一度も富士山の頂上まで上ったことがなく・・・・。今朝のニュースで、早速「富士山 山開き」というのを読み、私も早く頂上からご来光を拝みたい!!と私の心のエンジンにまた火がつきました。
その日のために、地道にトレーニングは始めております。DASH!
8月には、この目標・夢が実現できるようにアップ 引き続きがんばります。そして、ここでご報告もできるとうれしいです。

では、今日からまた一日一日を大切にしながら、顔晴っていきましょう!ニコニコ

 #補足までに。この「白南風(しろはえ)」という言葉は、梅雨の真っ只中に吹いて黒をいっそう暗くしてしまう南風の『黒南風(くろはえ)』と対になっているそうです。梅雨空の雲の状態が黒いのに対し、明けたあとのさわやかな雲が白いだからと。 なんとも古の人々の季節を、自然をみる目、そしてそれを表現する言語センスには感服です。

 

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。 | コメントする

お香とともに和ごよみの生活~夏至の夜には~

昨日、6月21日は「夏至」でしたね。
夏至は、ご存知のとおり、一年でもっとも日が長い日です。 暦の上でもちょうど夏の中心に。
1年の中でももっとも太陽晴れの力が強まるので、北欧など北極点に近い国では一日中日が沈まない
白夜が訪れ、夏至祭りが盛大に行われるそうです。

しかし、ここ日本ではあいにくの梅雨シーズン。厚い灰色の雲に、太陽が隠れてしまい、
なかなか太陽の光を直接感じることができません。 残念。。
でも、この夏至の日というのは、「一日でもっとも日が長い日」ということ。逆をかえせば、
「一年で一番短い夜」ということでもあります。 そのため、その夜を感じるために、
あえて電気を使わずにろうそくですごす「キャンドルナイト」が、夏至の夜の新しい過ごし方として
日本では定着してきているそうです。

私も、心地よい波の音のインストラメンタル音楽を流しながら、お部屋の中を真っ暗にして、
キャンドルに火を灯し・・・・好きな香りのお香を焚きながら、瞑想をしてみました。

夏至の夜に限らず、私は週末の夜は、お風呂にはいったさっぱりした状態で、お部屋を真っ暗にして、
キャンドルに火を灯して、そして、お香を焚き、まばゆい光でゆったりした気持ちになり、
そして優しい香りをかいで、心身ともにリラックス・・・。そして、マッサージ。
すると、1週間の体の疲れもすっきりとれて、また心の毒素も抜けた感じになり、ぐっすり眠れます。

夏至の夜の後でも、ぜひ続けてほしいおすすめの@自宅リラックス方法です!

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。 | コメントする

お香ライフ~旧暦端午の節句は、梅雨時の禊ぎ払いを~

旧暦端午の節句は、梅雨時の禊ぎ払いを。
 =====================================
  「節は、五月にしくはなし。
           菖蒲、蓬などの薫り合ひたるも、いみじうおかし。」
                     (引用:『枕草子』清少納言)

   旧暦時代の端午の節句は、梅雨時の禊ぎ祓いの意味を持つ行事であり、
   この日、邪気を祓うためのよもぎや菖蒲が宮中や名もない民の住家まで、
   ありとあらゆる屋根に葺かれてよい薫りを漂わせている様を、清少納言
   は「いみじうおかし(=とてもすてき!)」と記しておりました。

   新暦の今でも、端午の節句に菖蒲湯に入ると良いと言い伝えられ、街の
   お花屋さんでも菖蒲がよく売られておりますが、実は、菖蒲の葉が大き
   く瑞々しく育つのはやはり梅雨時の今ごろだそうです。

   菖蒲やよもぎには優れた殺菌作用があり、じめじめした梅雨時の空気を
   爽やかにぬぐい去ってくれるのです。

   『枕草子』には、このような情景も書き記されています。
   この日、薫り高い楝(おうち)の花 を紫色の紙で巻いたものや、菖蒲の
   葉を青い紙で結んだりしてものを持ち歩いたり、母屋の柱にあでやかな
   薬玉を飾ったりなど、平安時代の貴族たちはさまざまな方法で薫り草を
   楽しんだようです。

   特に、平安時代の薬玉は、橘や菖蒲などの香り高い草花を編み込んだ
   飾り玉を色とりどりの糸で飾り、時代が下るとともに、麝香や沈香など
   の香料を玉にして豪華に飾るようになったようです。

   想像するだけで、なんだかとても胸が踊ります。沈香をいれた薬玉を、
   作って部屋の窓に吊るしたいものです。でも、まずは簡単にできる菖蒲
   とよもぎをいれた湯にゆっくりつかって、梅雨時の禊ぎ祓いをしてはい
   かがでしょうか?

このような和暦と楽しむ情報もメルマガにてご案内しております。
ぜひ一度お立ち寄りください!

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, 花鳥風月 | コメントする