体験にご参加いただきました。

  • 印香づくり
ドイツからのお客様。今までヨーロッパ・アジア等様々な国を旅行されてきたなかで、今回が初めての日本。
でも、お世辞抜きで日本が一番いい国!と仰りながら日本での旅行の様々な思い出を楽しそうにお話しいただいたのがとても印象的でした。

作っていただいた香りのイメージは、「Church」。お気に入りの場所でもあり、そこに行くといつも心を落ち着かせることができると。この香りをかぐとその場所に行ってなくても思い出せるからうれしいと仰っていただき、とても楽しいひと時でした*
  • 香袋づくり
アメリカからのお客様。実は「お香のイメージはヒッピーのイメージしかないんだ」という話から始まりましたが、日本におけるお香の歴史・文化の話をしてそのイメージの違いに大変驚かれていました。香り創り、香りを愛でる時間も、リラックスでき、メディテーションしている気分だと仰っていただきました。平和な時間が紡がれていくのを、国が違えども互いに感じあえるそんな安らかなひと時でした。
  • 印香づくり
台湾に留学中のお客様が台湾のご友人をお連れいただき、日本の文化体験でご来店いただきました。台湾、中国、日本、それぞれの文化の流れなどもお話しできたりととても学び多き時間でした。特に楊貴妃のお話しは面白く、日本だけでなくそれぞれの文化・歴史を知れるのは学びが大きいです。
  • 印香づくり
お仕事の同僚の皆さまでご参加いただきました。お化粧品などをはじめ香りものを扱われているなかで、日本の香りの勉強も兼ねてとのこと。日本のお香の文化や歴史もお楽しみいただきました。
  • 印香づくり
作られた香りはまさに三者三様。乳香の香り、桂皮の香り、龍脳の香り、それぞれが惹かれた香りを心のままに調合された香りの世界は心のうちを知れる扉のよう!しかし、三者三様でも共通している香りの軸がある癒しをこちらももらえる楽しいひと時でした。
  • 印香づくり
男性の方が作られた香りは、優しさと慎ましさが香るなかにも、芯となる強さをも感じる香り。「いつも優しく包み込んでくれるけれども、自分が笑わせてボケようとすると、しっかり突っ込んでくれる」と大切な彼女さまをいとおしく感じられてるのが伝わる香りでした。
  • 印香づくり
お子様とご一緒に大阪からお越しいただきました。アロマオイルを普段愛用されているとのことですが、またアロマとは違う香りの世界をお楽しみいただけました。
  • 印香づくり
香りに興味はあるものの、お香にはあまりよくわからないというお客様。お香づくりを通じで、お香の世界もお楽しみいただけました。
  • 印香づくり
香りの表現も、形の表現も千差万別。創作の醍醐味を体感できました。