中秋の名月

花鳥風月~美しい自然の移り変わり~ 豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。

dsc_0654

秋の気配

朝夕日毎に涼しくなってきました。さえざえとした夜空に月も星もくっきり輝き、秋の虫の音やそよ風から秋の気配がすぐそばに感じられます。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

 

中秋の名月

秋澄む夜空にくっきり浮かぶ秋の月、特に旧暦の葉月15日夜の満月を「中秋の名月」「名月」「十五夜」と呼ばれており、一年の中でもっとも美しいといわれております。

今宵は、そんな「中秋の名月」の日。

秋澄んだ夜空にはえるお月様を愛でるときですが、このならわしは、唐の時代に中国から伝わってきた月見の祭事と、古来日本にあった月を祀る慣習が合わさったものです。

古代には欠けのない満月を豊穣の象徴とみなしていたともいわれており、秋の実りに祈りを捧げる行事でもあり、平安時代には貴族たちが舟遊びをして水面に映る月を眺めたり、杯に月を映したりして楽しんでいたそうです。

 

豊穣の月への捧げもの

月見

この季節は、多くの作物が実る豊穣の時であり、「時満ちて実を結ぶ頃」と満月の「月が満ちる」ということも重なり、月に感謝する特別な日です。

お月様にはこの時期が旬の野菜や果物、また里芋などのほかに、満月を表す団子を三方に奉書紙を敷いたうえに並べてお供えします。その隣には、豊穣をもたらす月の神様の依代と考えられてるススキの穂もしつらえます。

これらお供え物はお月様に捧げるとの意をこめて、月の出る方角へ正面をむけてお供えします。月から見て左が上座にあたるため、左に里芋などの秋の収穫(自然界の盛り物)を、人工のお団子は下座である右側にしつらえます。

ススキの穂は稲穂に見立てたもので、その秋の豊作の祈り、田の実りへの感謝を捧げます。また、葛などの蔓のある植物を飾ると、月の神様に通じるという意味合いもあるのとか。

 

自然界へ「感謝」

こうして「お月見」の習わし・理由を知ると、今夜は特別な夜な気がします。

現代の日本の暮らしでは、昔の方に比べては格別にあたかも簡単に野菜など食べ物を手にすることができますが、その背景には様々な働きをしてくださる農家の方、運搬してくれる方、そして、流通して販売してくださる方など多くの方々のおかげであります。
また、同時に、これら作物が美味しく実るには、太陽や雨などの天候、自然の働きがあってこそ。

今宵はぜひ香を焚き清らかな空間の中で月見をしながら、自然や目に見えないけれどもこうして支え合っている社会への感謝の気持ち、そして・・・祈りを捧げてみてはいかがでしょうか。

天気予報によると、全国的に広く秋晴れとなり、夜は月が見られるところが多くなりそうとのことです。どのような月の姿が見られるのが楽しみですね!皆さまも、すてきな月夜をお楽しみください。

 

 

LOVE and PEACE

Juttoku.店舗便り
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.神楽坂弁天町店。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

アメリカからのお客様

昨日は出張兼ねて来日されているアメリカ人の方々が、お香づくり体験をしにご来店いただきました。

今までもフランス・イギリス・イタリア・モロッコ・台湾等・・様々な国の方々にご参加いただいたことがあるのですが、アメリカからのお客様は実は初めてでした*

日本に二度、三度来たことがあるそうで、日本の風土・温厚な人柄・食事がすごくいい!と仰っていました。特に日本のサービスはどこに行っても、驚くばかりだと。なにかとてもうれしいですね*

「お香」のイメージ。実は・・・

何度か来日されている中で、今回は初めての「日本のお香」という文化に触れたいということでご来店いただきました。

しかし、最初の話の中で面白いことに「実は、incenseというとヒッピーなイメージしかないんだ」ということから話は大盛り上がり。実はカナダ人の友人からもずいぶん前に同じようなことを聞いていたので特段驚きはしないのですが、あらためて聞くと、本当にそうなんだという確信へと変わり、この日本人の抱くイメージとの乖離が面白く感じてしまいました。

日本のお香の文化

日本のお香文化の歴史は1500年以上の長い歴史が紡がれてきていますが、伝来当初は仏教の教義のもと、場を清めるため、そして祈りを届けるために。そして、平安時代になると貴族のたしなみとなり、暮らしの中で香りを楽しんだり、自らの美しさ・家柄をも香りで表現するように。鎌倉時代にはいると精神統一のために用いられ、安土桃山時代をとおして江戸時代になると「香道」という芸道の領域にまで培われるようになりました。

このように、長い歴史をつうじて日本のお香文化が花開いてきたのですが、お香の原料が船舶品ということもあり貴重なものであったがゆえ、江戸時代までは貴族をはじめ皇室や武将の方々が中心としてたしなまれていましたが、江戸にはいると庶民にもひろがり、暮らしのなかで身近にお香の香りを楽しんでいたといわれています。

そのため、特段何かのグループに属しているというのはなく、一般的に社会に浸透していったからこそ日本の文化の面の一つにもなっている所以にも思えます。ただ、一方で日本ではお香というと「どことなく敷居が高い」という風に感じられる方もいらっしゃるのも事実。

そのような日本でのイメージのお話をお伝えすると、彼らも自分たちが抱くイメージとのギャップの差に大変驚かれていました。

 

国・文化は違えども

日本のお香の文化の特徴はその他にもいろいろとありますが、だから凄いのだとかそういう話ではなく、お香の香りを愛でるというのは国や文化が違えども、心安らかなひと時であるのは変わりありません。

香りを一つ一つ聞きながら、思い描くイメージの香りの世界を創りだしていく。そのステップは心を静めて、雑念なども払い落し、無の境地にひたるような感覚に似ています。

さっきまで楽しくワイワイ話していたのに、香を調合するときは、みなさん静かに自分の世界に入り込まれていました。

 

LOVE and PEACE

調合が終わると、みなさんどことなく表情がすっきりされていました。「瞑想している感覚に似ているという意味がわかったよ!」「頭を休める、というのはこういうことなのだね」と、口々に仰っていただいたのがとても印象に残っています。

みなさんが作られた香りは、“異世界に連れて行ってくれるようなイメージ”で作ったという「Magic Carpet」、“自然に帰り、心落ち着く時”というイメージの「Moss(コケ)」、“自分の故郷を思い出す”「Indian Summer」、夕焼けの海岸に潮風を感じながら鳥が気持ちよさそうに飛んでいる映像をイメージした「Summer Sea」等、皆さま思い思いの心に描かれた香りの世界を創っていただきました。

そして、最後に記念に撮影した写真はみんなで“ピース”ポーズで。

日本での写真の掛け声はなぜか「はい、チーズ」というのだよね、というところからアメリカでは絶対にしない!ということからやってみたい、ということでこのポーズに!

 

ふと思ったのはお香に限らずですが、心休まる時を愛でることができる、それが何よりも平和な証であるのかなと思いました。

 

帰り際、男性の方が「優しい気持ちになれたよ、ありがとう」という言葉がとても心に響きました。

 

LOVE and PEACE。お香から平和を感じる、そんな貴重な体験のときでした。

 

(長月)新月の夜

花鳥風月~美しい自然の移り変わり~
豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。

(長月) 新月の夜

今宵は、新月の夜。

一雨ごとに秋色加わり、虫達の声もにぎやかになって参りました。もうすっかり季節は秋ですね。

 

伸びた枝葉を整えるとき

今年の夏は太陽があまり顔をださず曇りがちな天候が続きましたが、そんな天気でも木々を見ていると伸び伸びと枝葉を伸ばし緑が深まる姿をみせてくれました。

しかし、9月にはいり秋めいてくると『もっと!もっと!』という成長するエネルギーは落ち着き、少し小休憩しているかのようにも目に移ります。それはまるで、今まで夏の力をかりて成長することに注力してきた分、ここで少し落ち着きを取り戻し、何が必要で不必要なのか、溜まってきた不要なものを選別するための、これから紅葉のシーズンが本格的に入るまでのしばしの休憩かのようにも見受けられます。

 

これまでの軌跡を振り返る

八月の満月の時は「自分の限界を超え、挑戦する!」という外へ外へという意識がはたらきましたが、季節の変わり目となる今の時期はふと立ち止まり、これまでの軌跡をしばしの間振り返るときのように感じます。

それはまるで、枝葉が伸びていき繁々となってしまい体裁が整わなくなり、その不要な枝や葉を刈り取るために、何をそぎ落としていくのかというのを決めていくステップのようにも思います。

夏まではこうして頑張ってきたけど本当にこれでいいのか?!とこの先の漠然とした不安の思いや、あの人はこんなに伸びたのに自分はこれしか・・・という相手と比べてしまい自分を卑下してしまう思いであったり。

 

また一方で、木々の周囲は雑草に覆われ鬱蒼としまうように、雑草を刈るという作業もにも共通する部分があるのではないでしょうか。それは、部屋の中がモノで散らかってしまったり、デスクの上が書類だらけになっていたりすることも。

 

このように、心・体・空間の中で、不必要になったもの・乱れてしまったもの等を整えていく。

そうするだけで、これからの秋の深まりのなかで、今まで培ってきたものがきちんと実っていくことだけにエネルギーがつかわれ、より大きな実りとなっていくのではないでしょうか。

 

 実りある秋にむけて

ついつい駆け足のように日々を暮らしていると、自分の心の声に気づかず、なんとなく漠然と感じてしまう不安や悲観的な思考を感じることもあると思いますが、今日はぜひゆっくり自分の身体も休めて、ありのままの自分の心の声に耳を傾けるのにちょうどよい時だと思います。

頑張ってきた自分をきちんと認め、称える。そして、一方で自分を卑下したり不安な感情がでてきたら、その感情と向き合い、『そう思っていたままでももしかたがない』とその気持ちを吐き出す。

また、自分がこれからも伸びやかに暮らしていけるように、生活空間を片付けきれいにする。

今宵は新月。満月で満ちてきたものがゼロになるので、何かをリセットしたり、始めたりするのに最適な日です。

そもそもお香には、「身も心も清らかにし」「よく穢れを取り除き」という功徳・効能があります。これからの実りあふれる時を迎える前に、お香を焚き心のモヤモヤを煙とともに吐き出し、空間を清らかにする。心・体・空間の中で不必要なもの、乱れたもの等を整えていくことを意識して過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

これからの秋の深まりのなかで今まで培ってきたものがきちんと実り、より大きな実りとなっていく。そんな心の後押しをしてくれる新月の夜を、Juttoku.の新月の香が貴方さまに寄り添えましたら幸いです。

 

すてきな新月の夜を、秋の夜長とともにお楽しみください。

 

菊にあやかり長寿を願う、重陽の節句

花鳥風月~美しい自然の移り変わり~ 豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。 

 

重陽の節句

9月9日は、重陽の節句。五節句のうちの一つですが、この重陽の節句は耳慣れない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

中国の風習と日本の風習が合わさった「節句」

そもそも、節句とは季節の折目節目、つまり“季節の変わり目”のことを意味しており、古代中国(唐時代)の暦法で定めれた季節の節目でした。

古代中国では陰陽説が尊ばれており、陽(奇数)が重なると陰になるとして、暦の中で奇数の月と日が重なる日をとりだし、陰を避けるため季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓っていたといわれています。 この中国の暦の影響をうけて、古代の日本の朝廷も年中行事として定め、その風習が日本の農耕を行う人々にまで伝わり、人日(1月1日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日)が五節句と定められ、宮中で邪気を祓う宴会が催されるようになったそうです。

邪気を祓い、新節を清い体で

いずれにせよ、前述したとおり節句は季節の変わり目であることにほかならず、体調をくずしやすい時でもあります。 現代は医薬が充実していますが、未発達であった古代の時代で考えれば、邪気を防ぎ健康を保って季節の変わり目を乗り切るということは切実な願いであったと思います。 そこで、季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うことが行事化され、前節までに身につけた穢れを祓い、新節を清い体で乗り越えようと考えられたのがことのはじまりです。

 

菊にあやかり長寿を願う

最大の陽数である「九」が重なるため重陽の節句といわれますが、「菊の節句」とも言われており、秋の深まるこの時期に鮮やかに彩る菊の花にあやかり長寿を願う行事が平安宮中に行われていました。

 

 観菊の宴

 

長陽の節句_菊酒」

菊を愛でながら、菊酒を呑みかわし、詩歌を詠んでは楽しむという「観菊の宴」。

菊の花と葉を穀物に混ぜて作られ、菊の花を浮かべるなどしてふるまわれた菊酒は、菊の清々しい香りと花の気品の高さによって邪気を祓い、寿命を延ばすと考えられ、互いに長寿延命を願いなが盃をかわしていたそうです。

桃の節供の桃酒、端午の節句の菖蒲酒とおなじように邪気払いとして呑まれますが、この菊酒が一番呪力が高いともいわれていたそうです。想像するにきっとこの菊酒は、お屠蘇のようなもので、ガブガブ呑むようなお酒というよりは一杯のお酒に願いを込めて呑んでいたのではないでしょうか。菊の花を浮かべるというのもなんとも風流なものですね。

 

 

被せ綿

菊

前日の夕刻に菊の花に真綿をかぶせて、庭にだしておくと、翌朝にはしっとりと朝露で菊の香りとともに真綿に染み込みます。この菊の香りもしみこんだ真綿で肌をふくと、肌が美しくなり、また長生きできるという、お祓いと長寿の願いをこめられた宮中の行事でした。

 

紫式部日記にもこの被せ綿について詠まれている歌があり、宮中の女性たちの心が今の女性にも伝わってくるものがあります。

 

 

香りで清める、それは心をも清める

 

「観菊の宴」「被せ綿」から共通してみえる菊の香り。感じ方は様々だと思いますが、菊の香りは清々しい香りで、まるで禊をした気持ちにまでさせてくれる清涼な香りです。

 

 

このごろの 時雨の雨に 菊の花     
      散りぞしぬべき あたらその香を

 

 

[この頃の時雨の雨に、菊の花は散ってしまいそうだ。 惜しいことにこの雨で芳しい香りも消えてしまうのだなあ。] この歌は、桓武天皇によって詠まれており、菊を詠んだ和歌としては最も古い歌であり、菊の香りが消えてしまうことを惜しまれている気持ちが伝わってきます。

 

長陽の節句_菊

目に見えない香りに静かに心を傾け、息づく自然の生命、自然の美を感じとる。今こそ大切にしたい心であり、心落ち着かせながらその香りを感じとることが、おそらく何よりも心を落ち着かせ、清らかにさせてくれたのではないでしょうか。

 

 

 

(本コラムは、2015年9月のコラムの再掲載になります)

本日より通常営業いたします

Juttoku.店舗便り
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.神楽坂弁天町店。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

本日より通常営業いたします

8月13日~17日まで夏季休暇をいただいておりましたが、本日より通常営業いたします。Juttoku.のスタッフも、帰省して家族との団らんを楽しんだり、夏祭りを楽しんだりと各々夏休みを満喫しました。

本日より通常営業となりますため、お休み期間中にお問合せいただきましたお客様、ご注文いただいたお客様には順次ご案内させていただいております。

今年の夏は曇り空が続き日照時間も短く太陽が恋しく感じられてる方も多いのではないでしょうか。処暑も過ぎ、朝夕は少ししのぎやすくなってきましたが、どんより曇り空にもにもめげず、つつがなく過ごしていきたいものです。

Juttoku.店舗では蓮の花を室礼として用意したのですが、なかなかまだ蓮の花が咲かずお披露目ができずままでありますが、明日から蕾の状態でもお飾りをしてまいりたいと思います。ご来店いただくお客様には、少しでも蓮の蕾も愛でていただければ幸いです。

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

1 / 2712345...1020...最後 »