梅花から思いを馳せる

花鳥風月
豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。

春風にのって春薫る

全国的に春うららかな天気に恵まれ、春の訪れを感じる今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。春分の日も過ぎ、昨日は東京では桜の開花宣言もでました。いよいよ待ちに待った春の到来ですね。

 

春の香り

寒い冬を過ぎると少しずつ花も咲きはじめ、花々からは春の香りを感じるようになります。節分のあとに梅が春の訪れを知らせるかのようにいち早く咲きはじめ、桃、沈丁花、水仙、たんぽぽなども、そして桜と美しい花を咲かせてくれます。

それはまるで、植物たちも厳しい冬を耐え抜いた喜びを春を待ち望んでいたかのようにも感じます。こうして様々な春の花々が咲きますが、あなたにとって「春の香り」は何の香りが思い浮かびますでしょうか。

 

香りで悠久の時を巡る

時代は遡り、日本の香文化が花開いた平安時代。香りを楽しむのは貴族中心ではありましたが、『源氏物語』の中にも光源氏をはじめ藤壺の宮や紫の上など様々なシーンにおいて薫物(※お香)がでてきており、雅な王朝の暮らしのなかで香りが楽しまれていたのを窺い知ることができます。そして、その香りからも彼らの四季観を感じ取ることができ、当時は四季ごとに表現された香りがありました。

それは、「六種の薫物」と総じてよばれますが、春夏秋冬の四季毎に香りがありました。

●夏の香:「荷葉(かよう)」 蓮の葉の香りになぞらえた
●秋の香:「侍従(じじゅう)」秋風の感じをもつ
菊花(きくか)」 菊の花の香りになぞらえた
●冬の香:「黒方(くろぼう)」冬の香り(黒は冬、北、を意味するため)
※近世以降は「祝儀用の香」とされ、初春、また四季通用として用いられる香りに。

このように、春夏秋冬になぞり四季を感じる香りがありますが、「春の香り」は何が表現されていると思いますか?

 

 

王朝時代の「春の香り」

春の香り。それは「梅花(ばいか)」と称され、文字通り“梅の花”の香りに似せたものになります。

春というと“桜”の花を彷彿させますが、寒ければ寒いほど梅は強い香りを放つように香りが色濃く感じ、寒い冬を越えていち早く咲く梅が春の喜びをより一層感じることができるからでしょうかでしょうか。

この「梅花」には、沈香・占唐・甲香・甘松・白檀・丁子・麝香・薫陸の香料が混ぜ合わせられていたといわれています。

 

はなやかに今めかしう、すこしはやき心しらひを添へて、めづらしき薫り加はれり。(梅枝「源氏物語」)

(華やかに今風な、いくらか鋭く、強い香りを生かした心くばりがモダンで、ほかにないすてきな香りがする)

 

これは「梅枝」のなかで紫の上精魂込めて創り上げた「梅花」の香りに対して香りの判定をすることになった螢宮が評した言葉になりますが、用いる沈香の品質の良しあしや、同じ「梅花」でもその家々ごとの秘伝も加わり、出来上がった香りは多様で一概に同じとはいえず。しかしながら、「梅花」は想像するに馥郁たる甘さのなかにも凛とした気品高い香りを彷彿させます。

 

このように源氏物語でも「梅枝」の中でこの「梅花」の香りは描写されていますが、他にもこんな和歌もありました。

 

梅の花立ち寄るばかりありしおり人の咎むる香にぞ染みぬる  よみ人しらず

(ほんのちょっと梅の花に近寄ったばかりに、その移り香が染みついて、ひとに咎められる羽目になってしまった)

 

おそらくこの“人”とは奥さんのことであると思いますが、「梅花」の香りを焚き染めた女性に寄り添い、染み付いた移り香で浮気がばれてしまったという、なんとも現代でもよくありそうな話ではありますが、歌をよむこの男性も「梅花」の香りだとわかるところに感嘆します。

 

 

梅を憂い

「梅花」の香りをイメージしながらも、梅の香りをあらためてきちんと体感したいと思い、3月初めになりますが小田原の近くにある梅園に行ってきました。

 

大雨が降った後ということもありほとんど咲き散っていましたが、品種によってはまだ咲いており、その梅の近くを通る人はみんな「梅の香りがする~!」と喜びの声をあげていたほど。

寒い風のなかでも馥郁な甘い香りで楽しませてくれ、「梅花」の薫物の香りも当時はこういう梅の花を感じ取っていたのかなぁと思いを巡らしていました。

 

梅は輸入花であるけども

しかしながら、梅は中国からの輸入種であることも忘れてはなりません。

数年前に中国の蘇州にある有名な中国庭園を訪れた際、梅の木々が多く植えられており中国の春の木だと説明を受けとても驚愕したのを覚えています。(てっきり日本ならではの木だと当時はまだ思い込んでいたため。)

和歌などでも梅がうたわれるようになったのは奈良時代に入ってからで、梅の花が船舶品として日本にはいってきたのは中国から太宰府を経て平城京に入ってきたといわれています。当時の人々にとっては大陸のものはすべてが目新しくまた憧れもあったとはいえども、国風文化が培われるなかでも、梅の花の美しさも香りをも当時の人々を魅了していき、日本に土着していったのかもしれません。

 

 

「新たな命」が生まれるとき

春の訪れをつうじて春の香りに思いをはせてきましたが、こうして日本の風情におさまっている梅はやはり春の訪れをつげるめでたい花でもあります。

「春」は新たな季節、新たな春夏秋冬が始まる季節であり、また、植物などが枯れてしいまう寒い冬から、新たな芽、新たな命がでる時期であります。

 

あなたはどんな種をまき、どんな花を咲かせ、どのような香りを放ちたいですか?

 

新たな命がしっかりと育ち、そして実を結びますように。
すてきな春が皆さまにも訪れますように。

 

 

 

 

【御礼】Juttoku.神楽坂弁天町店3周年目

Juttoku.店舗
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.神楽坂弁天町店。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

御礼 神楽坂弁天町店3周年目

日頃よりご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。おかげ様で、皆々様のおかげによりJuttoku.神楽坂弁天町店は2月28日をもって3周年を迎えることができました。

やや町並みから外れたところにも関わらず、こうして3周年目をむかえることができるのも、日頃よりご愛好いただいているお客様皆さまのおかげであります。誠にありがとうございます。

 

開店当時を思い返すと

この写真はちょうど3年前のオープン時の店内の画像になります。3年前のこの時のブログを読み返し、ただただ懐かしさで胸いっぱいになるのともに、この3年で店内もいろいろと大きく生まれ変わっているのに我ながら驚きを感じるばかりです。

 

石の上にも三年

振り返ると・・・この3年間もあっという間でした。会社は創業8年目にはいりましたが、創業当時はこうして実店舗をもつことになるのもまだまだ夢の先だったようにも感じます。お店を一から作るのも一つ一つが初めてだった私たちにとって、この3年間は実に学び多き年月でした。

「石の上にも三年」というのもよく言ったもので、三年目にしてようやくいろいろなことが整いようやくスタートラインに立てたような気がしています。

それは、“日々の暮らしのなかでの心安らなひと時をご提供したい”という初志にきちんと立つことができたということ。お届けする私たち自身が何よりもその心情を会得することがようやくできたというのが本音なのかもしれません。

また何よりもこうしてこの仕事に携わることができることに誇りをもつとともに、ただただ幸せを感じております。

 

感謝の気持ちをこめて「幸のお福分け」

あらためまして、こうして3周年目を迎えられましたのも皆々様のおかげであります。感謝の気持ちをこめて、ささやかながら「幸のお福分け」と称した香袋をプレゼントとしてご用意いたしました。

Juttoku.が一任している淡路島の熟練の調香師が「」をイメージして調合した香りになります。桜は寒い冬を越え、春の訪れとともに花が咲き乱れ、新しい門出を祝います。

皆々様にとっても新たに始まる年がまた幸多き年になりますように、そして、ご縁がまだ新たなご縁に結ばれますようにと祈りをこめて結った水引をおつけしております。

手紙に添える文香として、手帳やお財布、名刺入れにいれるなどしてお楽しみください。

 

 

伝統を紡いでいく

お香という1500年以上もの長い歴史を背景にもつものに携わっていると、3年というのは短いように感じますが、一日一日が紡がれていくのだとつくづく感じています。

引き続きささやかながらも、少しでも皆様の暮らしのなかで香りがくゆらぐ安らかな時をとどけできるように努めてまいりたいと思っております。

また、店内も3年目を迎え一部リニューアルしたところもあります。ぜひまた雰囲気を覗きにだけでもかまいませんので、お気軽にお立ち寄りください。

今後とも末永くご贔屓賜りますよう、お願いいたします。

 

平成29年2月28日
Juttoku.

 

 

 

【立春】看脚下

花鳥風月
豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。

SONY DSC

春の足音

いくらか寒さもゆるむなかで、少しずつ春の足音が聞こえてきます。
今日は、立春。 暦のうえでは、春になりました。

寒い冬を耐え忍んだぶんだけ、春の気配を待ち遠しく感じられている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

SONY DSC

梅の花も芽吹きはじめ道端で見つけると、「ほっ」と心和らぐ瞬間です。梅が咲き始めると、より春の訪れを感じますね。

冬でも木々は生きている

SONY DSC寒い日が続くとついつい縮こまってしまい、時として外に出るのも億劫になってしまうときも。

しかし、自然の中を歩いていると木々も葉を落として寒々としているようにも感じられ気持ちも冷ややかになってしまいますが、たとえ外は寒々としたようにみえても、木々はしっかりと生きているのだと感じさせられます。

 

木々からの声に耳を傾ける

SONY DSC

ついつい上辺だけを見てしまいがちですが、木々にも草花もしっかりと土の下には根が生えており、その根が大きな幹も支えています。

DSC_1131

寒い冬の中でも、木々はまた新しい生命を宿していく準備をしていくかのように、地中では根がより深く、より太く成長していけるように根を張り巡らしています。

こんな自然の姿をみていると、木々から大きな声でこの言葉をかけてもらっているようにも感じます。

 

看脚下

(意味)足元を見よ。この足元とは、自分の日常生活やもっとも身近なもののこと。

これは禅の言葉です。

ついつい外側や表面、結果など上辺の部分にばかり目がいってしまい、そこが自分が思っているのと違ったりすると、焦ったり、また動揺したり、時として無力を感じることもあるのではないでしょうか。私たちはしばしば、外側に期待をかけるだけで、問題の本質を目を向けぬままなことがあります。

そういうときこそ「看脚下」。足元を見てみる、つまりは自分自身を見つめてみる。

 

根を張るとき

SONY DSC今そこにいる自分の下には、今まで積み上げてきたものが多くあり、それらの礎、プロセスがあって今の自分にたどり着き、“今ここ”にいます。つまり、それこそが私たちにとっての“根”となる部分。

しっかりと根が張っている、と自分自身がきちんと認識できるだけでも気持ちが楽になると思います。また、同時に、今はしっかりと根を張るんだという意識へと切り替えることもできると思います。

地中のなかでたくさんの養分や水を吸い込み、大きく成長する。そして、たくさん蓄え成長したものを、時期がきたらだしていく。

人間も自然の流れに無理に逆らうことなく、今だからこそできることに素直に従ってみるのもいいかもしれません。

 

新しい年の始まり

SONY DSC

 

立秋は、暦のうえでは新しい年の始まりでもあります。

これからはじまる新しい一年が、まずは足元をきちんとみつめさせてくれ、根をしっかりと張ることから始められるというのも自然の教えに敬服するばかりです。

 

梅

看脚下。この時期にたくさん根から吸収したものが、もうすぐ芽吹かせる時期がきますね*

すてきな立春の日をお過ごしください。

 

 

 

謹賀新年

七福神2

新年あけましておめでとうございます。

“永き世の 遠の眠りの皆目覚め
波乗り船の 音の良きかな
ながきよの とおのねぶりの みなめざめ
なみのりふねの おとのよきかな”

(意味:夜に波音をたてて進む船が時を忘れてしまうほど心地よくつい目覚めてしまう)

この歌は、はじめからよんでも後ろから読んでも同じ音になる回文歌として有名でありますが、お正月二日目の夜に、宝船の絵を枕の下におき、この歌を3回読んで寝ると吉夢をみられるといわれています。

室町時代から日本には「初夢文化」が生まれたといわれていますが、江戸時代になると正月早々から歌入りの絵を売って歩く「宝船売り」が練り歩いていたそうです。悪い夢を見たらば、その絵を川に流し「夢流し」をしていたそうです。なんとも粋ですね。

今宵はちょうど正月二日目。宝船の絵を枕の下におけずとも、ぜひこの歌を3回唱えて寝てみてはいかがでしょうか。どなたさまにも、心の中に七福神を迎え入れ吉夢がみれますように。

そして、2017年も幸多き年でありますよう心よりお祈り申し上げます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

香りが新しい世界へと心運ぶ

Juttoku.店舗便り
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.直営店の「神楽坂弁天町店」と「裏参道ガーデン店」。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

dsc_0966

香りが新しい世界へと心運ぶ

Juttoku.では今週も様々なお客様にお香づくり体験でご来店いただきました。その中から私が今週担当させていただいたお客様2組様の香りをご紹介させていただきます。

 

再会を祝う香り

お一組目は、フランスでの滞在以来久々に東京で再会をされたすてきなご婦人のお二方。

フランス人のマダムは、ちょうど前日の夜に東京に到着したばかり! 時差ボケで少しだけフラフラがあったみたいですが、大好きな日本への久々の旅行ということで眠い目をこすりながらもご来店いただきました。(ありがとうございます)

 

そんなお二方が創られた香りは、「wake up!」というタイトルの目覚めを促す香りと、「再会」と題した香り。

dsc_0965

フランスのマダムが作られた「wake up!」という香りは、シャキッと目が覚めるようなスッとする香りが際立つ香り。しかし、シャキッとさせるだけの香りではなく、目が覚めたあとには温かいホットミルクティーなのか、それともこの日の麗らかな太陽の日差しのように、目覚めた後も温かく包み込んでくれるようなそんなやさしさも感じる香りに仕上がっておりました。

 

 

そして、日本人のご婦人の方が創られた「再会」と題した香りは、フランスと日本の遠路をこえての久々の再会の喜びを見事に表現された香りでした。その香りは、和洋折衷の香りの世界を感じ取ることができ、それぞれの文化・バックグラウンドは違えども、根底となる部分は一緒であるということを強く感じ取ることができる文化の融合を感じ取れる香りでした。

 

 

 

冬の朝

印象に残っていたもう一組のお客様は、美容関係のお仕事をされているとてもきれいなお二方。

dsc_0957

お一人の方が創られたのは「冬の朝」と題した香り。
その香りから感じみえた世界は、霜が降りるような寒い朝に、朝陽がどんどん照らして霜が降りる草原にも明るい光がさし、そして、そんな寒いなかでも小さな花がつぼみを開こうとするような、そんな冬の朝を感じられるさわやかながらも冬の吐息を感じる香りでした。

その香りを象った形の中にはお客様の手で作られた「四葉のクローバー」。そして、四葉のクローバーにはテントウムシがついてるよ!というもう一方のお声もあり、最後にテントウムシまでかわいく作られました! ちょこっと寄り添う感じがかわいいですよね。

 

もう一方が創られた香りは、その方をイメージされた香りでした。単調な香りだと仰っていましたが、その香りを聞いてみると、幾重のベールをかぶっているかのように奥ゆかしさを感じ、その最後に薫る香りからはその方の愛らしさが甘さの中で見事に表現されていました。

 

 

自分の心を聞きながら、香りを創る

20160310-dsc_0923

お香づくり体験をしていただく際にいつもお客様にお伝えしているのは、あまり考えずに“心”で感じたままに表現してみるようにとお伝えしております。

これとこれを混ぜればこういう香りになる、というロジカルな部分があるようでないに等しいと思うことが多々あります。 ほんの少しの量の違いだけで、香りの放ちが違うように感じることも多々。

大人になると何か枠にはめられた中で、すべて頭だけで考えて行動するというのが身についてしまっているようにも感じます。(それだからこそ、頭が疲れたりするわけでもあり。) そうではなく、心でどう感じるか、良い、好き、悪い、嫌い、といった感情も含めて心で感じるものを、素直に表現していくと、そこで新しい自分、もしくは、本当の自分に向き合えたりすることがあります。

お香づくり体験というタイトルではありますが、いつもこのようにお客様の香りを聞かせていただくたびに、その方の秘めていた心の奥が開かれていき、輝きがでてくるのを感じさせていただく楽しい機会をいただいているような気がしております。

 

 

 

もう一つの楽しみ。

dsc_0963

そして、もう一つの楽しみの一つ、特に海外からのお客様がお越しになられると、新たに知る世界がいろいろとあります。それは、お香の原料の使い方。

あくまでもお香の原料の使い方ではありますが、その使い方が様々でお話を伺うたびに世界が広がるばかりです。ぜひその辺のお話も今度ご紹介できればと思っております。

 

 

Juttoku.で行っているお香づくり体験は、年内は28日まで開催しております。 ご興味のある方はぜひ、オンラインからもご予約を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

 

 

(書:Juttoku.女将 まい)

 

 

 

 

 

1 / 2512345...1020...最後 »