裏参道ガーデン店オープニングパーティ

Juttoku.店舗
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.神楽坂弁天町店と裏参道ガーデン店。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

裏参道ガーデン

裏参道ガーデン店オープニングパーティ

Juttoku.裏参道ガーデン店は、おかげさまで4月2日に無事にグランドオープンをいたしました。オープン時からお越しいただいたお客様、誠にありがとうございます。神楽坂弁天町店とはまた違う和の落ち着きのある空間。ひっそりと佇む隠れ家みたいな店舗となっており、お蔭さまでご好評をいただいております。ぜひ、表参道に立ち寄られた際は、お越しくださいませ。

さて、裏参道ガーデン店のグランドオープン前日の夜は、裏参道ガーデン店に入店している3店舗合同でささやかながらオープニングパーティを開催いたしました。

桜も満開、「書く」「日本酒」「香」で楽しむ宴

20160401-DSC_3125

雨が降るかもしれないと心配していたのですが、パーティはお天気にも恵まれました。

裏参道ガーデン施設2階に飾っている桜の木も、この日を待っていたかのようにきれいに満開に。

ここ「裏参道ガーデン」の2階は、私どもJuttoku.のほかに2店舗お店がはいっております。

20160401-DSC_3155そのうちの1店舗は、「蔵がろう」さん。

20160401-DSC_3132

日本各地の蔵元より提供されるおいしい日本酒をいただけます。蔵元の方もお越しいただいているので、毎回いろいろな日本酒を直接蔵元の方にもついでいただきながら、いろいろと日本酒づくり・こだわりなどのお話も聞けてとても楽しいです。

 

20160401-DSC_3071

もう1店舗は、蔵前に本店がありオリジナルのノートを製本できる「カキモリ」さん。 蔵前店と同じ品揃えで、ノートの中の紙から、表紙まで選ぶのが毎回楽しくなる品揃え。

Juttoku.もこの日はカキモリさんから、裏参道ガーデンにて追加になった和柄の表紙で製本したノートをプレゼントでいただきました!(とてもかわいくてうれしかったです!)

 

表参道なのにどこかノスタルジーを感じる空間

20160401-DSC_3116

ファッションでお洒落な街としてのイメージが強い表参道ですが、ここの裏参道ガーデンの中は何か時間がとまっているようなノスタルジックな空間です。

20160401-DSC_3111

お客様へのドリンクサービスは、すべて「蔵がろう」さんにて。様々な日本酒に舌鼓みができるといって、大変にぎやかで、楽しんでいっていただいたようでうれしかったです。

 

温故知新

20160401-DSC_3053

Juttoku.では、新たな商品のお披露目もさせていただきました。 古き良きものを継承しつつ、新しいものへの挑戦し、伝統を紡ぐ。

20160401-DSC_3102 (1)

裏参道ガーデン店では、よりお客様と会話を楽しみながらご紹介させていただきたいと思っております。

 

グローバル社会のなかでの日本の役割

20160401-DSC_3160

オープニングパーティのなかでは英語が飛び交い、日本酒を飲みながらいろいろな文化交流談義に盛り上がっていました。

Juttoku.店舗にも、イギリスやフランスをはじめ、先日は台湾のお客様もいらしていただいており、お香をつうじて日本をまた違う視点で知っていただければ幸いです。

 

楽しい宴の夜

20160401-DSC_3137

オープニングパーティも無事に終わり一息ついたころ・・・、こちらの施設にご贔屓にいつも来ていただいてるお客様と、日本の歴史や文化の話で大盛り上がり。あまりにもそのテーマで盛り上がってしまったので、そのまま1階に移動・・!

20160401-DSC_3169

物部氏と蘇我氏の対立の背景にあったもの、なぜ、聖徳太子は仏教を選んだのかという話にはじまり、日本とアメリカ、イギリスのコミュニケーションの違いなどいろいろと学び多い話の宴の夜でした。

さまざまな国の文化を知ること、そして、そこからみえるまた違う日本の姿。 人種、文化、宗教など背景にあるものはそれぞれ違えども、同じ地球上に住んでいる仲間、世界は一つだな、となんかしみじみ感じる夜でした。
20160401-DSC_3162

そして、こうして楽しい宴の夜を提供してくれたのは裏参道ガーデンの1階のお店のおかげです。日本酒とおいしいお料理が楽しめる「ゴカク」、厳選された日本のワインを楽しめる「○郷(マルゴウ)」が毎日22時頃まで営業していただいているのも魅力のひとつ。ここの施設ならでの出会いや交流からうまれる“ご縁”がまた楽しいですね。

 

 

裏参道ガーデン、表参道にお立ち寄りの際はぜひお越しください!

 

 

 

 

 

 

【御礼】Juttoku.神楽坂弁天町店2周年目

Juttoku.店舗
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.神楽坂弁天町店。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

DSC_0338 (2)神楽坂弁天町店2周年目を迎えることができました

おかげ様で、皆々様のおかげでJuttoku.初の直営店となる神楽坂弁天町店は本日2月28日をもって2周年を迎えることができました。

やや町並みから外れたところではありますが、こうして2周年目をむかえることができるのも、日頃よりご愛好いただいているお客様皆さまのおかげであります。誠にありがとうございます。

 

2周年を迎え、よりお客様にお喜びいただけるように心安まる空間のなかで、ホッと息抜きしていただきたいという思いで今年の初めには、店内も一部改装いたしました。

そうした中、こうして連日様々なお客様にお越しいただき、大変感謝の気持ちでいっぱいです。
これから3年目、4年目・・・と永くお客様に愛していただけるよう、努めてまいります。また、今春には、新たなお店も開店する予定でおりますが、このお店で出逢わせていただいた様々なご縁をもとに精進してまいりたいと思っております。

今後とも何卒ご愛好いただけますようよろしくお願い申し上げます。

 

2016年2月28日
Juttoku.スタッフ一同

 

東京にも初雪

Juttoku.店舗 Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.神楽坂弁天町店。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

DSC_0386 (2)

東京にも初雪

年明けてもコート一枚はおっても、ちょっと汗ばむぐらい暖かく感じていたのも束の間、数日前から一気に寒さが厳しくなり、昨日はついに東京でも雪が降りましたね。

DSC_0398

雪かきに慣れない東京人の私にとっては、1,2㎝積もった雪かきもどことなくぎこちなく、そして一苦労ですが、お店のスタッフの彼女は新潟の豪雪地帯出身ということもあり、雪かきも手慣れた様子ですし、動きが速いです。

DSC_0396

2,3cmぐらい積もるだけで交通機関の乱れがあるため、少々東京の町中はカオス状態になってしまうこともあり、雪が似つかわしくない街のような気もしてしまいますが、無機質なビル群が立ち並ぶなかで雪で白く染め上げてくれるこの景色は、妙に心躍ります。

 

雪だるまで遊ぼう

DSC_0371 (2)日曜の夜から不安定な空模様で、雪も降らした後の午後の空は、青く透き通っていました。

DSC_0373

このお天気だと雪もすぐに溶けてしまいそうと思い、ちょっとした雪遊びを。

DSC_0378

 

小さく丸く握った雪だるま。そこに、真っ白ののっぺらぼうに落ち葉で目をつくるとそこにだんだんと愛らしい表情がみえてきます。

DSC_0382

頭の上にちょこんと小さな帽子もつけて、かわいい雪だるまが・・! でも、何か物足りない・・そう訴えかけてくるかのようにも。

DSC_0383

やはり、腕がついていないと身振り手振りお話しできませんものね。

 

DSC_0385

まるで新しい生命を吹き込むかのように、だんだんと愛らしさが増していく雪だるまちゃん。 雪だるまにうってつけの特等席へ移動し・・・・

DSC_0388

まるで喜んでくれているかのよう!

DSC_0400

子ダルマちゃんも仲間入り。

DSC_0386 (2)

太陽がしばしの間天敵ではありますが・・・、今日は雪だるまちゃんも一緒に皆さまのご来店をお待ちしております。

 

東京では雪の影響の交通の混乱は落ち着いたみたいですが、雪降った後は氷になっている路面もあると思います。どうぞくれぐれもお気をつけて・・・、今日も素晴らしい日をお過ごしください。

 

 

仏用のお包みについて~秋のお彼岸~

Juttoku.店舗   
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.神楽坂弁天町店。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

お彼岸1

 秋のお彼岸

秋のお彼岸に入りいくばくか日が既に経っておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

弁天町周辺にはお寺さんが多くあることもあり、お供えのお花を手にしてお参りに来ている方を多く目にしております。

 

煩悩や迷いのない世界へ

そもそも、お彼岸の「彼岸」とは、仏教用語からできたものでサンスクリット語の「波羅密多」の訳だといわれ、煩悩と生死を繰り返す迷いの世界である『此岸(しがん)』を離れて、「六波羅蜜」の修行をする事で「悟りの世界」すなわち苦しみのないごく抱く浄土である『彼岸』の境地に至るという意味だそうです。

ls

西の彼方にあるとされている彼岸。昼と夜の長さが同じになる、すなわち、太陽がほぼ東からでて西に沈む春分の日と秋分の日は、西の向きがわかりやすいため、西の遥か彼方の彼岸にいるご先祖様を偲び供養する事によって、自身も極楽浄土に行けると考えられていました。

天に届く香りを

極楽浄土

極楽浄土は、かぐわしい香りが満ちているといわれています。そして、此岸のこの世からは、唯一いい音といい香りが伝わるといわれており、一筋の香煙が白い道筋となり、天や亡くなった方へ想いを伝えてくれます。

 

お彼岸3

秋のお彼岸に入り、お店のほうでもご先祖様に手向けたい、知人の方にお送りしたいという御用命を多くいただいております。

 

お彼岸2

現在、Juttoku.ではきちんとした仏の商品はないのですが、ご紹介させていただいておりますスティック香、印香 蓮は、お客様からのご指定が多い商品になります。

 

 

お彼岸1

その際は、ささやかながらこのように、和紙で包み紫の水引をおつけするお包みでご案内しております。

 

お彼岸期間関係なくご用命いただきましたらこのような形でお包みさせていただきますので、何なりとお申し付けくださいませ。

 

 

 

 

 

 

夏の風情が味わえる夏祭り

IMG_0050

夏の風情が味わえる夏祭り

Juttoku.のお店の路地横では、毎年恒例の町内会の夏祭りが開催されました。去年は、生憎の雨にみまわれてしまいましたが、今年は連日とも晴天に恵まれ夏の夜空のもと大賑わいでした。

 

IMG_20150725_185653~2

 

「納涼盆踊り大会」と称されるこの夏祭り。町内会の有志や青年の会などによる約20店もの露店が路地に並びます。

 

懐かしさを感じる夏の風景

IMG_0059

露店では、金魚すくいや、ヨーヨーつりなどといった、昔ながらの露店も出店。露店が並び、子供たちが時間を忘れて夢中になっている光景は、どこか懐かしい夏の風景を思い出します。

 

暑い夏をしのぐかき氷

IMG_0060さらにはかき氷や、冷やしきゅうりなど、夏祭りならではの露天もならび、大勢の行列をつくり、通りは大きなにぎわいでした。

 

今年も焼きとうもろこしを

IMG_0053

Juttoku.の店長は、今年も青年の会のメンバーの方とご一緒に参加させていただき、“焼きとうもろこし”を昨年に続き担当しました!

 

IMG_0055

とうもろこしの下準備から、火おこし・・!毎年、祭りの最中は顔を真っ赤にしながら頑張ってる店長ではありますが、町内会の方々にも大変よくしていただき、焼き方にも少しずつ慣れてきたようで、今年も大張り切り。焼きとうもろこしも、子供から大人まで人気があり長い行列をつくり、完売してしまうほど。

 

 

いつの時も色あせない思い出

IMG_0064都会だと同じ町に住んでいても一定の距離感もあったり疎遠になりがちですが、こうして町内会が一体となり催すことで、人と人との繋がりを感じられるこの町の風情が大好きです。

何よりも、夏を告げる風物詩でもある夏祭りは、大人から子供まで楽しめ、いつの時も色あせない思い出になります。

ここの町内会のお祭りは、今日と明日の二日間開催しています。ぜひ、お店の帰りにぶらっと夏を感じにお越しください*

 

1 / 612345...最後 »