お子様も楽しめる香づくり体験

Juttoku.店舗
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.直営店の「神楽坂弁天町店」と「裏参道ガーデン店」。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

DSC_1648

童心にかえって楽しむひと時

ゴールデンウイーク期間中は、「神楽坂弁天町店」「裏参道ガーデン店」ともに多くのお客様にご来店いただきました。長期休暇ということも重なり、日本全国様々なところからお越しいただいたいたりと店内もいつもとは違うにぎやかな雰囲気でした。 お越しいただいたお客様、誠にありがとうございました。

ゴールデンウイーク期間中は、「お香づくり体験」にお子様にも多数ご参加いただきました。「香りを作りたい!」「お香づくりしたい!」「作るのが好き!」と参加理由は様々。 作り終えた後のお子様の満面の笑みを見ると、こちらも童心にかえるかのような気分になります。

 

無限の可能性を、秘めている子供の感性

DSC_1644

「香りが好き!!」という今年小学4年生になる女の子も、当店のことをテレビで知って「どうしても作りたい!!」とご両親にお願いをして、連れてきてもらったとのことでした。

香水やアロマなどの香りがとても好きで、ご自宅だけでなく様々な場所に行ってはいつも香りをかぎにいってしまうほどとのこと。

お香の原料となる「白檀」をはじめ、「龍脳」「桂皮」や「甘松」など様々な香りを一つ一つじっくりかぎ、頭のなかでその香りの世界を思い描いているかのようでした。

DSC_1643

いざ香りを調合する時もどの香りどれぐらい使うかということにも迷いもなく、彼女の心の中で思い描いた香りの世界を、無心となりながらもくもくと調合をしていたのがとても印象的でした。

「甘松」の香りは単体だととても芳香としては言い難いため、ご両親も「この香り、混ぜちゃうと香りが変になっちゃうんじゃない?」という声にも動じず、交ぜ合わせた香りを聞きながら少しずつ交ぜ合わせて調合している姿は、まるでプロの調香師を彷彿するかのようでした。

 

目に見えない香りを、目にみえる形へと

DSC_1646

Juttoku.でのお香づくり体験は、練り合わせたものを棒状にしてお線香にしたり、型抜きで好きな形に象っていただいています。

DSC_1642

頭の中で思い描いている目には“見えない香り”の世界を、少しでも目でも見えるかたちに。 思うがままにいろいろと描いていました。

 

想像力×創造力

DSC_1648

 

当店での「お香づくり」は、“いい香りを創る!”ということには決して重きをおいておりません。香りを創り、調合する過程は、アートと同じで、想像力をはたらかせながらイメージしたものをつくっていきます。

 

その時間は、何も考えず無心になれる時。 また、この香りとこの香りを組み合わせるとどうなるのだろうと・・・「想像」を楽しめる時でもあります。

大人になるとだんだんと「今目の前にあるものしか信じられない」「目に見えるものがすべて」などと固定した考えに凝り固まってしまいます。

 

Laughter is timeless. Imagination has no age. And dreams are forever.
(笑い声は時代を超え、想像力は年を取らない。そして、夢は永遠のものだ。)
~ウォルト・ディズニー~

 

「想像力」は、大きな動力源であり、「想像が創造を生む」とも言われています。
香りづくりは、視覚ですぐにわかる絵を描くのとまた違い、嗅覚をつうじて心のなかで描き、心のなかで感じるものです。

お子様にとっても、いつもとは違う経験の一つになれれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, 7-ワークショップ パーマリンク

他にもこんな記事が読まれています。