裏参道ガーデン店オープニングパーティ

Juttoku.店舗
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.神楽坂弁天町店と裏参道ガーデン店。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

裏参道ガーデン

裏参道ガーデン店オープニングパーティ

Juttoku.裏参道ガーデン店は、おかげさまで4月2日に無事にグランドオープンをいたしました。オープン時からお越しいただいたお客様、誠にありがとうございます。神楽坂弁天町店とはまた違う和の落ち着きのある空間。ひっそりと佇む隠れ家みたいな店舗となっており、お蔭さまでご好評をいただいております。ぜひ、表参道に立ち寄られた際は、お越しくださいませ。

さて、裏参道ガーデン店のグランドオープン前日の夜は、裏参道ガーデン店に入店している3店舗合同でささやかながらオープニングパーティを開催いたしました。

桜も満開、「書く」「日本酒」「香」で楽しむ宴

20160401-DSC_3125

雨が降るかもしれないと心配していたのですが、パーティはお天気にも恵まれました。

裏参道ガーデン施設2階に飾っている桜の木も、この日を待っていたかのようにきれいに満開に。

ここ「裏参道ガーデン」の2階は、私どもJuttoku.のほかに2店舗お店がはいっております。

20160401-DSC_3155そのうちの1店舗は、「蔵がろう」さん。

20160401-DSC_3132

日本各地の蔵元より提供されるおいしい日本酒をいただけます。蔵元の方もお越しいただいているので、毎回いろいろな日本酒を直接蔵元の方にもついでいただきながら、いろいろと日本酒づくり・こだわりなどのお話も聞けてとても楽しいです。

 

20160401-DSC_3071

もう1店舗は、蔵前に本店がありオリジナルのノートを製本できる「カキモリ」さん。 蔵前店と同じ品揃えで、ノートの中の紙から、表紙まで選ぶのが毎回楽しくなる品揃え。

Juttoku.もこの日はカキモリさんから、裏参道ガーデンにて追加になった和柄の表紙で製本したノートをプレゼントでいただきました!(とてもかわいくてうれしかったです!)

 

表参道なのにどこかノスタルジーを感じる空間

20160401-DSC_3116

ファッションでお洒落な街としてのイメージが強い表参道ですが、ここの裏参道ガーデンの中は何か時間がとまっているようなノスタルジックな空間です。

20160401-DSC_3111

お客様へのドリンクサービスは、すべて「蔵がろう」さんにて。様々な日本酒に舌鼓みができるといって、大変にぎやかで、楽しんでいっていただいたようでうれしかったです。

 

温故知新

20160401-DSC_3053

Juttoku.では、新たな商品のお披露目もさせていただきました。 古き良きものを継承しつつ、新しいものへの挑戦し、伝統を紡ぐ。

20160401-DSC_3102 (1)

裏参道ガーデン店では、よりお客様と会話を楽しみながらご紹介させていただきたいと思っております。

 

グローバル社会のなかでの日本の役割

20160401-DSC_3160

オープニングパーティのなかでは英語が飛び交い、日本酒を飲みながらいろいろな文化交流談義に盛り上がっていました。

Juttoku.店舗にも、イギリスやフランスをはじめ、先日は台湾のお客様もいらしていただいており、お香をつうじて日本をまた違う視点で知っていただければ幸いです。

 

楽しい宴の夜

20160401-DSC_3137

オープニングパーティも無事に終わり一息ついたころ・・・、こちらの施設にご贔屓にいつも来ていただいてるお客様と、日本の歴史や文化の話で大盛り上がり。あまりにもそのテーマで盛り上がってしまったので、そのまま1階に移動・・!

20160401-DSC_3169

物部氏と蘇我氏の対立の背景にあったもの、なぜ、聖徳太子は仏教を選んだのかという話にはじまり、日本とアメリカ、イギリスのコミュニケーションの違いなどいろいろと学び多い話の宴の夜でした。

さまざまな国の文化を知ること、そして、そこからみえるまた違う日本の姿。 人種、文化、宗教など背景にあるものはそれぞれ違えども、同じ地球上に住んでいる仲間、世界は一つだな、となんかしみじみ感じる夜でした。
20160401-DSC_3162

そして、こうして楽しい宴の夜を提供してくれたのは裏参道ガーデンの1階のお店のおかげです。日本酒とおいしいお料理が楽しめる「ゴカク」、厳選された日本のワインを楽しめる「○郷(マルゴウ)」が毎日22時頃まで営業していただいているのも魅力のひとつ。ここの施設ならでの出会いや交流からうまれる“ご縁”がまた楽しいですね。

 

 

裏参道ガーデン、表参道にお立ち寄りの際はぜひお越しください!

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, 3-Juttoku. SHOP | コメントする

新店舗「裏参道ガーデン店」開店のご案内

logo_裏参道ガーデン

新店舗開店のご案内

本日、Juttoku.は表参道に新しく開業した「裏参道ガーデン」に2号店目を開店いたします。

一人でも多くの方に、香が誘う空間の中で心安らぐひと時を実感していただきたい。
日本の長い歴史の中で培われてきた香文化を世界の方々にも知っていただきたい。

そのような思いで二号店となるお店をもたせていただくことになりました。
末永くご愛顧の程、宜しく御願い申し上げます。

 

裏参道ガーデン店

 

20160326-DSC_2297

裏参道ガーデン店は、静かな恍惚感に包まれる茶室をコンセプトに、日本の四季を感じていただける室礼、そしてお香の奥深い世界を体感できる空間になっております。

20160326-DSC_2232

 

 

 

裏参道ガーデンについて

20160326-DSC_2342

華やかな表参道地区のメインストリートの裏にある、古民家をリノベーションした新しいスタイルの商業施設です。

裏参道ガーデン

中に入るとどこか懐かしく落ち着いた雰囲気のなか、表参道ならではのちょっとクリエイティブな日本の食と文化があつまる、ここでしか出会えない日本の今の「美味しい」、「カッコイイ」、「楽しい」がそろっています。

map(地図)データ_裏参道ガーデン

住所 : 〒150-0001 東京都 渋谷区神宮前4-15-2 裏参道ガーデン2階
アクセス方法 : 半蔵門線、銀座線、千代田線 「表参道」 徒歩約7分
営業時間 : 11時~19時

 

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

追記:なお、Juttoku.ウェブサイトのリニューアルは4月上旬になります。お時間いただき恐縮ですが、近日中にあらかじめてご案内させていただきます。

カテゴリー: 2-Information~お知らせ~ | コメントする

パッケージ変更及び、リニューアルのご案内

ご案内
Juttoku.からのお知らせあれこれ。

パッケージ変更及び、リニューアルのご案内

3月も終わろうとしています。
卒業、別れのとき。そして、明日からは、新たな出会いもうまれる4月。
新たな一年を迎えます。

 

DSC_0443

さて、Juttoku.では本日をもってご愛好いただいておりましたこちらのパッケージでのご提供が終了となります。

Juttoku.を始めた当初、古めかしいと思われたりもするお香に、新しさを感じていただきたいという思いもありスタートしたパッケージになります。淡路島の職人の作ったお香をこのパッケージにお詰めし、この3年間じつにさまざまな方々にお届けすることができました。

この木箱のおかげで多くの方々とのご縁を紡ぐことができたので、こうしてお別れしてしまうのはとても寂しくありますが、4月より装いも新たに、新しいJuttoku.がはじまります。

DSC_0343
明日からはじまる新しい一年。Juttoku.も皆さまの暮らしのなかで新しい香りの風を吹かしお役にたてるように…新しい門を開こうと思います。

 

これに伴い、ウェブページもリニューアルをいたします。リニューアル公開日は、2016年4月2日正午らへんを予定しております。

なお、4月1日までご注文いただいたお客様は従来のパッケージでのご案内となりますが、4月2日以降ご注文いただいたお客様は新しいパッケージでのご案内となります。あらかじめご了承ください。

sak0075-049

春、新しい季節がはじまる4月。Juttoku.も新しい門出にたち、さらにお客様の暮らしの中に香りをお届けできるように羽ばたきます。

 

 

 

 

《2016年4月3日追記》

Juttoku.オンラインショップのリニューアル公開日ですが、大変申し訳ありませんが、遅延しております。4月上旬中には開店予定でおります。詳細は、こちらをご覧ください。ご迷惑をおかけし申訳ありませんが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

 

カテゴリー: 2-Information~お知らせ~ | コメントする

神楽坂弁天町店 4月臨時休業日のお知らせ

juttoku_logo_1

神楽坂弁天町店 臨時休業のご案内

誠に勝手ながら、2016年4月は新店舗開店との兼ね合いのため、下記の日程は神楽坂弁天町店臨時のお休みをいただきます。

2016年4月1日(金)
4月8日(金)
4月24日(日)

なお、上記日程(4月1日を除く)は、新店舗のお店は通常どおり開店予定でおります。

お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

 

Juttoku.

カテゴリー: 2-Information~お知らせ~ | コメントする

寒冷の季節もあとわずか、春の訪れ

花鳥風月
豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。

梅

 

寒冷の季節もあとわずか、春の訪れ

立春が過ぎても残る寒さ。そんな寒い季節の中で、梅の花が咲き始めると、不思議と心がほっこり温かくなります。

『春がきた!!これで長かった寒い季節も終わりだ。(ほっ)』

家の道中にある梅の木。毎日見ているだけに、今まで枝だけで少し侘しそうに見えていたところに小さな蕾がつき、だんだんと膨れ上がり、きれいに咲いている梅の花。

長かった冬に終わりを告げ、春を呼び込んでくれているかのようにも感じます。

 

ふくよかな香り

梅

梅が香にのつと日の出る山路哉
(松尾芭蕉)

梅の香が匂う山路には、何の前触れもなく朝日がひょっこりと昇ってくる、そんな情景をうたっていますが、梅の香が匂う山路とはなんとも風情があり味わってみたいものです。

梅梅は寒ければ寒いほど、強い香りを放つといわれています。

立春が過ぎても、まだ寒さは残っている今日この頃。この寒さが人間の体を冷え込ませ、動くのが幾分か億劫にさせたりしますが、梅の木は秋終り頃に葉をおとし、枝と幹だけになり寒む寒むしくも見えますが、しっかりと大地に根を張りながら、枝と幹は寒い中でも大気を吸収して、蕾を膨らませていき、花ひらく。

梅の花びらから放つ香りは、この寒さの中で耐え抜きぬきながら熟成した香りだからふくよかな甘さが放たれるのでしょうか。

はたまた、冬の寒さの中でも枝と幹で大きく呼吸しながら自然の季節の変わり目と同調していただけに、春の訪れをいち早くお知らせしてくれているのかもしれません。

DSC_0041

カテゴリー: 花鳥風月 | コメントする