「Fragrance Pot ひょうたん」入荷のご案内

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。
Juttoku.スタッフです。

さて、本日は新商品入荷のご案内になります。

 

Fragrance Pot ひょうたん

84639977

佐賀県嬉野市で作られる陶磁器・肥前吉田焼のブランドである『224porcelain』が手がけるかわいらしいアロマポットが入荷しました。

ポットのかたちは歴史ある徳利をモチーフに、ひょうたんを型どっており、置きものとしても楽しめます。

 

火も電気も使わずに香りが広がる

84639977_o1

上部にある多孔質磁器スティックが器にあるアロマオイルを吸収、拡散しますので、火や電気をつかわなくとも、空間にやわらかに香りを届けてくれます。

 

 

日頃よりJuttoku.のアロマオイルをご愛用いただいているお客様よりディフューザーもほしいというお声を常日頃より多くいただいており、店舗で先に販売させていただいておりましたが、本日よりオンラインショップでも販売を開始しました。

 

Juttoku.オンラインショップ:【Fragrance Pot ひょうたん

ぜひ、ご覧くださいませ。

 

 

本日も当ブログをご覧いただき誠にありがとうございました。

 

カテゴリー: 商品入荷情報 | コメントする

【ご案内】水引づくり&香袋づくりのワークショップ開催

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。
Juttoku.スタッフです。

さて、昨日ご案内させていただきました【月姫 KAGUYA】の企画展では「水引でつくる文香づくり」「香袋づくり」のワークショップを開催いたします。ご興味ある方は、ぜひご参加ください。

 

【5月2日開催】水引の文香づくり

水引づくり古くからお祝い事などで飾りとして使われていた水引。このワークショップでは伝統的ある水引と Juttoku.エッセンシャルオイルを組み合わせて文香作りを体験していただきます。お好きな色の水引と 香りであなただけの特別な文香作りをお楽しみください。

できあがった文香は、お手紙に入れるのはもちろん、名刺入れにそっと忍ばせてほのかに香りをつける のもおすすめ。アイデア次第で様々な使い方ができます。お好きな香りで生活をちょっぴり豊かにして みませんか。

会期:2015年5月2日(土)
時間:[1回目]14:00~  [2回目]16:00~ 
   (約1時間のワークショップになります)
場所:日本橋三越本店 本館5階  Jスピリッツ内
料金:2,000円(税抜き)
定員:4名様

お申込みは、日本橋三越本店本館5階Jスピリッツ内で承ります。
※電話でもお受けします。  TEL:03-3274-8935
(Juttoku.の ワークショップに参加したい旨お伝えください。)
※定員に達ししだい、受付を終了させていただきます。予めご了承くださいませ。

 

【5月3日開催】“香”の世界を楽しむ~香袋づくり~

香袋づくり

日本では伝来した当初は祈りを目的に、その後は「自己表現」の一つとして楽しんできたお香。このワー クショップでは古の人たちと同じように、白檀や沈香をはじめとする香原料を調合し、香袋作りを体験し ていただきます。お好きな香りを調合してあなただけの特別な香袋作りをお楽しみください。

できあがった香袋は、クローゼットに入れたり、バッグに忍ばせて持ち歩いたり、お部屋に飾るのもおす すめ。古の方が楽しんでいたように、目に見えない香りを創るこのひと時の時間は、なんともいえない安 らぎのひと時です。香りを調合しながら、自分自身と向き合えるそんなひと時を過ごしてみませんか。

 

会期:2015年5月3日(日)
時間:[ 1回目]14:00~ [  2回目]16:00~
   (約1時間のワークショップになります)
場所:日本橋三越本店 本館5階  J・スピリッツ内
料金:2,000円(税抜き)
定員:4名様

お申込みは、日本橋三越本店 本館5階 Jスピリッツ内で承ります。
※電話でもお受けします。  TEL: 03-3274-8935
(Juttoku.の ワークショップに参加したい旨お伝えください。)
※定員に達ししだい、受付を終了させていただきます。予めご了承くださいませ。

 

カテゴリー: 2-Information~お知らせ~, ワークショップ, 展示会/催事 | コメントする

【企画展のご案内】 月姫 KAGUYA ~日本橋三越本店~

当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
Juttoku.スタッフです

本日は、4月29日から開催される企画販売展のご案内です。

 

月姫2

この度、Juttoku.は4月29日から日本橋三越本店本館5階にあるJ・スピリッツ内にて、【月姫 KAGUYA】と題し、企画販売展をさせていただくことになりました。

 

月姫 KAGUYA

“輝くように美し”く、“素晴らしい香りを放っている”という意味がある「かぐや」。 それは、まるで「かぐや姫」のように時を定めずいい香りを放ち、美しく輝いている姿。
当企画展では、そんな「かぐや姫」をテーマに、 現代の暮らしの中でも美しい香りに包まれ 過ごせる美しい香りの暮らしのアイテムを Juttoku.がご紹介します。

 

——————————————————————————————
Juttoku.企画展
[月姫 KAGUYA]

場所:日本橋三越本店 本館5階 J・スピリッツ内
期間:2015年4月29日(水)~5月5日(火)
時間:10時~19時
——————————————————————————————

 

 

本企画展では通常のJuttoku.商品以外にも、山下裕美子さんとコラボした香炉や、香立てをはじめとして、NAGOMIの香る水引アクセサリーをはじめ、水引であしらったかわいらしいディフューザーなどを販売いたします。一部商品は、本企画展限定のものもございますので、ぜひお立ち寄りください。

 

 

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

カテゴリー: 2-Information~お知らせ~ | コメントする

アロマオイル「月香」が届きました

いつも当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

Juttoku.アロマオイル「月香」が届きました

月香

2015年3月19日の新月に調香し4月4日の満月まで奈良県天川で熟成させていた「月香」がJuttoku.に届きました。

 

店頭でも、online shopでもお買い求めいただけます。

 

その他何かご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せいただけますようお願い申し上げます。今後とも、当店を何卒よろしくお願いたします。

 

 ~美しいカオリを、美しいくらしに。~
J u t t o k u .             by LOTUSGRACES INC,
http://juttoku.jp/

TEL :03-6205-5211       (午前11時~午後7時/木曜定休日)
FAX :03-6385-7547    (24時間受付)
MAIL:info@juttoku.jp   (24時間受付)

 

カテゴリー: 商品入荷情報 | コメントする

城と季節の花と絵画を愛でる~名古屋城~

こんにちは。
いつもご覧いただき誠にありがとうございます。

 

SONY DSC

さて、この上のお城の写真をみてすぐにどこのお城かはわかりますでしょうか!?
ヒントは・・・・、天守閣です・・・!!

そうです・・・・!!正解は、【名古屋城】です。
今回仕事の関係で名古屋に初めて行ってまいりました。 いつかは行ってみたい・・!と思っていたものの・・・名古屋を通過していつもそのまま関西圏にばかり行ってしまっていたため、今回はお仕事の関係もあり、初めて名古屋に立ち寄らせていただきました。

到着した日は生憎の雨だったのですが、仕事の用件等々も無事に終わった翌日には晴れやかなたお天気に恵まれ・・・短時間ではありましたが、少しだけ名古屋観光をしてきました。

 

『伊勢は津でもつ、津は伊勢でもつ、尾張名古屋は城でもつ』

SONY DSC

姫路城、熊本城とともに日本三名城に数えられる「名古屋城」は、1612年に徳川家康の命により築城されたそうです。

『伊勢は津でもつ、津は伊勢でもつ、尾張名古屋は城でもつ』と伊勢音頭で詠まれてるように、まさに名古屋の象徴であると名古屋の街を歩いてあらためて思いました。

現在の名古屋城は、修復等をえて再現され、歴史的建造物をより間近でそして学ぶことができます。 (個人的には、1階からそのままエレベーターに乗って天守閣のほうまで上がれるこの外観と中のギャップには驚いてしまいました・・・。)

徳川御三家の一つである尾張徳川家の居城として使われた城だけあり、江戸から明治への変遷の歴史をたどりながら城を眺めると、心に染み入るものがなんともあります。

SONY DSCそして、名古屋城といえば『しゃちほこ』!! 
これはレプリカだそうですが、間近で見てこの巨大さにややびっくりしました。

鯱は二体とも同じだとおもいきや・・・「夫婦」として二対だそうで、西の丸跡から見て左(北)が雄、右(南)が雌だそうです。身長はオスが約2.62m、メスは約2.58mと、少しだけ雄のほうが大きい・・というのもなんだかよく考えられていますよね。

木でまずは型作り、その上から銅などの金属で象られ、その上に約18000枚弱ものの小判に換算される金を貼り付けて作られていたそうです。 金の値段だけでも、現代の通貨に換算するとかなりの額になるということだけでも驚異的であるうえに・・・、この威厳のある顔をした荘厳な鯱の形を作りあげたこと、そして約1200kgもあるこの鯱をどう天守閣にまで取り付けたのか・・・・当時の技術と知恵に感服しました。

 

城と季節の花を愛でる

SONY DSC

 

幸いにも名古屋城内の桜はまだキレイに咲いており、いささかなお花見を楽しめました。
城内を歩いていると様々なお花がまるで迎えいれてくれているかのように、様々なお花がきれいに咲いておりました。

SONY DSCそれは、まるで名古屋城をきれいに着飾るかのよう。

いろいろな角度からみるお城の景観もお花によって違うようにも見え、城内からみる景観にすっかり酔いしれてしまいました。

 

 筆舌に尽くしがたい美しさを目にして

名古屋城の魅力にすっかり酔いしれてしまっていたのですが・・・最後に立ち寄った場所は、思わず小躍りしてしまうほどでした。

そこは、本丸御殿。天守閣の南側に本丸御殿があり、近世城郭御殿の最高傑作と言われ国宝に指定されていた建物だそうです。 空襲により焼失してしまった本丸御殿を、現在復元作業をされております。

 SONY DSC名古屋城本丸御殿は、日本画史上最大の画派といわれている「狩野派」である狩野貞信や狩野探幽などの絵師たちにより描かれた床の間絵や、襖絵が豪華絢爛にあしらわれていたそうですが、過日の空襲により焼失してしまったものの、一部残骸の絵から詳細に調べあげて、当時とまったく同じ方法、絵具で再現されているそうです。

SONY DSC

 お部屋ごとに描かれている絵はそれぞれ違い、一部屋一部屋がまるで絵画館かのよう・・・。
狩野派は、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康らの権力者に用いられ、江戸幕府によって保護された画家集団です。

本丸御殿が建立された当時は、戦国時代から江戸幕府へとうつりゆく時代。戦国時代の武将たちは、平安時代の貴族たちが様々な香料を練り合わせた薫香を楽しんでいたのに対し、一片の香木を”聞く”という楽しみ方をしていました。

慌ただしく混乱めいた時代に、目に見えない香りの世界はでは”静寂”さを楽しむ一方で、目にする空間は天下統一とばかりにその力を魅せつけるかのような”豪華”さを楽しんでいたのだろうか。

豪華絢爛と描かれている絵を鑑賞しながら、当時の想いに心を馳せ、楽しみました。

 

豪華絢爛な絵に匹敵するほどの豪華な檜建築

SONY DSC

 しかし、私がこの本丸御殿で小躍りするほど感激したのは、上述した絵画もさることながら、この建物そのものにも大変感銘しました。

入った瞬間に広がる「檜」の清涼な香り!! 聞いたところによると、全て木曽檜で作られているそうで、継手・仕口により木材を組み立てる伝統工法で復元されているそうです。

悲しいかな・・・・今の時代は総檜造りの家を構えることはなかなかの財力がないと難しく・・・当時と同じ雰囲気を体感することはないのだろうなぁ・・と思っていただけに、こうして本丸御殿に足を踏み込んだ瞬間にまるでタイムスリップしたかのような臨場感と高揚感にかられました。

それは、まさに“木々が呼吸している”空間。 
敷居があり閉ざされている空間でもあるのに、中にいると閉塞感もなく、無限と広がる開放感。

 

本丸御殿に住まわれていらした方々は、財力があるゆえども・・・日本のこの美しい文化を培う、教養や美意識の高さに感服するとともに、ただただ敬意をはらうばかりです。

 

 

 

 SONY DSC束の間の名古屋城観光ではありましたが、悠久の時をこえてまるでタイムスリップしたかのような楽しみを体感できたとても有意義なひとときでした。

奇しくも、私が学ばせていただいてる香道志野流の家元は代々名古屋にいらっしゃる・・・・わけで・・・・名古屋・・・・、もっと歴史や文化の流れを知りたい!欲求にかられており、後ろ髪を引かれる思いで東京へと戻ります。

 

 

 

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございました。

 

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, Juttoku.便り | コメントする