紫式部が伝える「人の御心地いと艶なり」へ

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。
連日の雨も一休み、ここ東京は久しぶりの青空です。皆さまいかが週末をお過ごしでしょうか。

PPP_shittoriajisai

ゆれ動く心

先日のブログ内で「ゆれ動く心=コップの中の泥水」と書きましたが、お客様からメールをいただき、『まさに自分の心がそんな状態でした・・・!』と。 かくいう私も、書きながら自分でも体感していたことなのでまさに自分の心を描写しているかのようでした。

心のあつかい方は、難しい・・・・。 

きっと・・・・これは私だけでなく、現代社会の中で感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 時々店頭でもお客様のお声等を聞かせていただくと、「ここ最近、ただただ心が疲れる」等といったお声もあったりします。 その原因は、人によって実に様々・・。仕事、同僚、家族、恋人・・・等など。

 

お香が誘う至福のひと時

Yoga meditation at home. Relaxation concept with unrecognizable

そんな心をいつも救ってくれるもの・・・それは「お香」です。

家に帰って、お風呂入ってゆっくりする自分だけの特別の時間。その時は、部屋を少し暗くして、お香を焚きます。 いい香りが部屋にほんわか充満すると、そこは別世界に感じることも。

いい香りが充満しているので、自然と呼吸が深くなります。

スゥー~~~~~~~~~、ハ~~~~~~~~~

すると、さっきまで心の中にあった黒いモヤモヤが消えて・・・心が軽くります。 まるで自分が何で悩んでいたのかもわからなくなってしまうほど。

すると、自分の体の声、自分の声が聞こえてきます。『今日は体が疲れていたんだなぁ、早めに今日は寝よう』、『上司が言ってきたこと、あの時はなんで突然こういうこと言うのか意味わからなかったけど、今思うと上司が伝えたかったことはこういうことなのかな』、『昨日の夜は、彼氏に日常の不満しかぶつけていないような気がする・・・くだらない些細なことを愚痴ってしまって悪いことしたな。明日は元気な姿を見せてあげよう♪』などなど・・・。

そんな心の声などが聞こえ自分自身と向き合えるということは、自分の心も開放できているので、なんともいえない至福のひと時です。

 

いい香りで脳がリラックス

 
この至福のひと時に誘ってくれる「お香」は、一つに”いい香り”と自分で体感する自分の好きな香りであることがポイントとなります。

嗅覚をつかさとる鼻腔の奥には、においを感じる神経細胞があり、この細胞は直接大脳にはたらきかけ、そこからほかの感覚器官へと指令を伝達します。  そして、大脳生理学によると、好きな香りを吸い込むと、脳がリラックス時にみられるアルファ波が発する状態になるそうです。

 

悠々とした時を刻んでくれる、くゆらぐ香煙

a0001_005260_m

そして、香を焚くとゆっくり立ち上っていく香煙は、なんとも筆舌に尽くし難い悠々とした時を刻んでくれます。  それはまるで駆け足で刻む長針に逆らうかのようにも感じますが、このゆっくり時を刻むなかで、心地よく自分自身を開放することが本当の自分に戻れる時でもあると思います。

 

 

 

 

素晴らしい香り いと艶なり

香を焚き自分自身が解放感に浸れる快感ともいえる贅沢なひと時は、何百年もさかのぼり昔の人たちも同じように体感していました。 それが文献で残っております。

 

月さし出てぬれば 大御酒など参りて 昔の物語などし給ふ
 霞める月の影心にくきを  雨の名残の風すこし吹きて  花の香なつかしきに 御殿の辺りいひ知らず匂い満ちて
 人の御心地いと艶なり」   (源氏物語より)

 

これは、源氏物語のクライマックスの部分、4人の女性に特別な香を競い合わせるよう作らせて出来上がった香を光源氏と蛍兵部卿宮のもとで焚かれていたときの二人の会話が描写されています。(上述は、かなり要約してしまいましたがストーリーはとても趣きのある内容のため機会あらためご紹介させていただければと思います。)

 

ここで注目したいのが、「人の御心地いと艶なり」であります。

女性たちが思いが託された素晴らしい香りが部屋に充満するなかに身をおきながら観ずるに、今までいくつもの喜びや悲しみを抱きながら歩んできたけれども、今はこんなにも艶やかな至福の一瞬を過ごしている。 このような艶なる気持ちになれるのは、素晴らしい香りが私たちの心に艶やかな輝きをもたらしてくれているのだ、そのことを光源氏に紫式部自身の思いを重ねたことと思います。

それは、まさに「祈りの香」から「実利的で雅な香」を体現した平安時代に生きていた女性の心の声そのものだと思います。

現代にも思い伝わる「いと艶なり」


Juttoku.が香の原料からこだわりをもち厳選された上質な香原料をもとに、熟達した職人の方にその自然の香りを活かしながら素晴らしい香りを作ることにとてもこだわる
のは、まさに平安時代、紫式部も感じ得たようにこの「いと艶なり」という思いを感じてほしいからです。

人生いろいろあり悩むときも悲しむときも様々でありますが、今この瞬間が『あぁ幸せだ』と心から感じられる、その日々の積み重ねがまさに人生そのものであると思います。

 

この想いに共感し一緒に本気のモノづくりをしてくださる淡路島の職人の方々には感謝であります。そして、私たちの使命としてはこの香を通じて一人でも多くの方が、「いと艶なり」と感じえてくださるよう、この香をお届けすることと思っております。

 

 

 

長々となりましたが、本日もご覧いただき誠にありがとうございました。
すてきな週末をどうぞお過ごしくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, 5-お香, Juttoku.便り | コメントする

【ご案内】大丸神戸店での催事について

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。
Juttoku.スタッフです。

関西在中の皆さまへ。前回に続き、Juttoku.は本日から大丸神戸店にて開催される催事に出店しております。期間限定ではありますが、ぜひJuttoku.の織りなす香りを直接体感いただけますと幸いです。

juttoku_logo_1

JAPAN LOOP PROJECT (大丸神戸店)

 

10314718_461872327314453_599109456212582798_n

 

大丸神戸店で開催される「JAPAN LOOP PROJECT」に引き続き出店させていただくことになりました。日本のクリエイターを育てる企画として2013年にスタートした「JAPAN LOOP PROJECT」は、国内でこだわりを持ってモノづくりを続ける作り手の思いを発信し、日本を繋ぎたいという想いが込められたイベントです。今回は5/27(水)より約1ヶ月間、二部に分かれて開催されます。(今回は、その二回目になります)

●大丸神戸店 JAPAN LOOP PROJECT

【期間1】5/27(水)~6/9(火) (終了いたしました)
【期間2】6/17(水)~6/23(火)
・場所:6階中央紳士雑貨売場

・大丸神戸店(http://www.daimaru.co.jp/index.html
 〒650-0037 神戸市中央区明石町40番地
 営業時間:10時~20時

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

カテゴリー: 2-Information~お知らせ~ | コメントする

【月と呼応した暮らし】新月_2015年水無月

 

水無月_新月

天空に輝く月の満ち欠けは、周期的。月が見えない夜もあれば、神々しく輝く満月の夜もある。自然と共に暮らすということは、まさに自然がきざむ時とともに暮らすこと。

そんな今宵は、『新月』。

揺れ動く心はまるでコップの中の泥水のよう

梅雨の時期は、天候が気持ちにまで影響してしまい気分がスッキリしない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 気分がふさぎ込んでしまったり、時にはどうしていいのかわからない先がみえずとりとめもない不安な気持ちにかられてしまったり・・・。心は様々な感情によってたえず勝手にゆれ動き、ざわめき、ほおっておけばどこへいってしまうかわからなくなるときも。

そんなゆれ動く心は、まるでコップの中の泥水のよう。

心の中の泥水は、何かのきっかけで水が動くと、泥が舞い上がる。しかし、コップを動かさずおいておくと、やがて泥は沈み、水が透きとおってきます

夏至の大祓いをまえに、自分自身と向き合う

 半年のうちに心身に付着した罪穢れを祓い清め、残る半年も事無く過ごすことを願う夏至の大祓いも間近となり、今宵はぜひ、ゆれ動く心を落ち着かせながら、目を閉じ静かに自分自身と向き合ってみてはいかがでしょうか

 

静けさの中に安らぎを得ることができるお香は、そんなあなたを後押ししてくれます。香を焚き清らかな空間の中で、この半年を振り返り、そして残る半年をどう過ごしていきたいのか自分に問いてみるのもいいかもしれません。

 

心静まれば、きれいな満月が

 水面が波立っていると月はゆがんで、本当の姿が映らないですが、自分自身と向き合い心静かに落ち着かせれば、おだやかに静まった水面となり、きっと来月の満月がまん丸ときれいに映るのではないでしょうか。

 今宵は香を焚きながらゆっくりとした時間を過ごすなかで、自分自身と向き合う特別なひと時をお過ごしください♪

 

 

 

 


[今日のオススメのお香]

68139642

 Juttoku.
スティック香 新月

「新月」にあわせて調合した香り 。メリッサ/レモングラス/インド産白檀

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, 月の満ち欠け | コメントする

【ご案内】横浜高島屋でのポップアップショップについて

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。
Juttoku.スタッフです。

 

横浜高島屋にて期間限定ショップ開催中

juttoku_logo_1

この度、Juttoku.は横浜高島屋にて期間限定ショップを開催することとなりました。
Juttoku.店舗でご紹介しているお香・アロマなどの香りも直接手に取って体感いただけまお近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

●Juttoku.ポップアップショップ @ 横浜タカシマヤ

【期間】2015年6月10日(水)~6月16日(火) (終了いたしました)
・場所:横浜高島屋 7階 (インテリア用品コーナー)
・横浜タカシマヤ (https://www.takashimaya.co.jp/yokohama/)
 〒220-8601
 横浜市西区南幸1丁目6番31号

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

(6月19日追記)

本ポップアップショップは、無事に終了いたしました。
お立寄りいただきましたお客様、誠にありがとうございました!

 

 

 

カテゴリー: 2-Information~お知らせ~ | コメントする

芒種~日本の美しい四季・二十四節気~

2015芒種1

 

芒種~日本の美しい四季・二十四節気~

『芒ある穀類、稼種する時也』(暦便覧)
芒(のぎ)のある穀物や稲や麦など穂のでる穀物の種をまくころ。

この時期は新しい生命の誕生や成長が多くみられる頃。多くの生命の輝きと息吹の香りを楽しめる季節になりました*

 


 

私も田植えをしてまいりました

SONY DSC

 

Juttoku.のエッセンシャルオイルが作られている奈良県天川村にある天河大弁才天社の「御田祭」に、早乙女としてご奉仕してまいりました。おかげ様で今年で三回目のご奉仕となりました。

この時期になると様々な地域で御田祭が行われたというニュースを新聞などでも目にします。地方それぞれの特色はあるかと思いますが、「御田祭」としてのお祭りの意味は同じだと思います。

IMG_20150531_110202~3 (1)

五穀豊穣を祈る 御田祭とは

御田祭を初めて耳にされる方も多いかと思います。 このお祭りは、田の神をまつり、五穀豊穣を祈願するもので、女性が絣の着物にたすきを巻いた早乙女姿で田植えを行います。

私たち日本人にとってお米は主食であり、エネルギーの源であります。だから、稲は「命の根」といわれています。

だから、「田植え」はまるで水田に私たちの「命の根」を吹き込むかのようにも感じます。

 IMG_20150531_112216

桜と田植え

これは以前、禰宜様から聞かせていただいたお話です。 私たちが春になると誰もが待ち望みそして愛でてやまない「桜」。実は、この桜は水田農業にとって神聖な花でありました。 何故ならば、桜は”田の神様”の依り代であるから・・・!

sak0075-049

田の神は冬は山におり、稲作がはじまる春になると山から下りてきて、美しい桜の花を咲かせてくれます。そしてその後、田の神は稲の成長を見守り、豊作をもたらしてくれ、そしてまた山へと戻るそうです。 そのため、私たちも田の神に豊作を祈り神前にお供えします。

日本人にとって大切な桜とお米がこうして神様につながっているのですから、ありがたいことですね。

 

泥まみれになりながらも

さて、今年も例年にならい早乙女姿になり田植えをさせていただきました。 三度目とはいえども、なかなか慣れるものではなく・・・・毎回毎回慎重に田植えさせていただきます。中でも一番私の苦戦するのは、まっすぐに植えていくことです。 3束ほど苗をとり水田に植えていくのですが、その植える部分をみているとまっすぐ植えられたと思うのですが、ふと全体を見渡すと・・・徐々に曲がっていったりと・・・なかなか真っ直ぐに一直線に田植えすることが難しいものです。 木を見ず、森を見ろ、と言わんばかりの心の声が聞こえるのですが、水田の泥の中に足をいれ、腰をかがませながら田植えをするのは、想像をはるかにこえた重労働でもあります。

SONY DSC

無事に田植えが終わる頃には、着ていた早乙女の着物も泥まみれに。 でも、なにかこの泥の汚れが勲章のように光ってみえたりもします。

神社境内なる水田のためここで育てられたお米は神様へのお供えとなりますが、自分で田植えしたお米が立派に育ち刈り取りができたときはなんともいえない感慨深い思いになります。

 

農家の方々への感謝の気持ち

現代は技術も発達し、田植えも機械化されており農家の方々の田植えの作業の負担は大きく軽減されたと思いますが、とはいえども重労働であることは間違いないと思います。 そしてこれから、農家の方々が手間ひまかけて育ててくれ、そして秋に収穫して、私たちの台所、はたまた・・・胃袋へと届きます。

こうして、農家の方々が手間ひまかけて育ててくれたお米を苦労なくおいしくいただけることへの感謝の心をつねに心の中におき、美味しくいただきたいものです。

  SONY DSC

早乙女として田植えをさせていただく度に、こうして食への感謝を学ばせて、いや、気づかせていただいています。  また、同時に毎年思うのは、田植えをいた稲と同じように、大きく太陽にむかって成長していけるように・・・そんな祈りと決意を胸に・・・・東京に戻ります。

 SONY DSC

芒種の時期は新しい生命の誕生や成長が多くみられる頃であります。皆さまにとっても成長が楽しめる季節でありますように・・・・*

 

 

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

 

 


 

 心に深い安らぎを与えてくれる「美しいカオリ」を、自然と調和する「美しいくらし」に、をコンセプトにもつJuttoku.。日本の美しい自然の移り変 わりを写真をつうじてお届けしております。先人たちが培ってきた“自然を愛で、香りを愛でる”日本の香文化をお楽しみください。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, 花鳥風月 | タグ: , | コメントする