風薫る(皐月)

Juttoku.店舗便り
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.の店舗「神楽坂弁天町店」。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

風薫る

 

薫風の ありなる渡る 光かな  (作者:内田百間)

 

風薫る五月になり、新緑の美しい季節になりました。
この写真は、先日奈良県に行ってきた際の川沿いから撮った木々です。杉の木や、落葉樹などが群生していますが、木漏れ日がとてもきれいでした。

鳥のさえずりとそよ風で青みがかった緑の葉が揺れる音を聞きながら、新緑の清々しい生気あふれる香りに包みこまれ、しばし自然の中に染み入っていました。

 

 

青々とした緑を店内にも

Juttoku.の店舗内にもそんな新緑の緑を感じていただこうと、新緑のドウダンツツジしつらえました。

落葉性の花木のため冬の間はしばらく違う枝木でしたが、春になりひさびさにこうしてドウダンツツジを迎え入れることができ、春の喜びをあらためて感じてしまいます。

 

新しい香りのお香もお披露目

今月より新たに仲間入りすることになったお香も、まずは店頭のみですがご案内させていただいております。

すでに香りを気に入っていただき、リピートでお求めいただく方も増えてきております。私どももとても気に入っており、これからのジメジメした季節にはぴったりの香りばかりです。

 

そして、有田焼の香炉もご案内しております。

 

毎日お香を焚かれる方にはおすすめの一品です。今回は、大きいサイズの香炉も。

 

 

 

心に潤いを

木の芽時は体調を崩しやすいとのこと。また、新年度も始まり忙しなくされている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。お香を焚きながら、リラックスした時間を少しでもお楽しみください。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, Juttoku.店舗便り パーマリンク

他にもこんな記事が読まれています。

    None Found