中秋の名月

花鳥風月~美しい自然の移り変わり~ 豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。

dsc_0654

秋の気配

朝夕日毎に涼しくなってきました。
盛夏の頃よりもだいぶ日暮れが早く感じたり、また、仕事からの帰り道には、懐かしい虫の声が鳴きはじめ・・・・蒸し暑さからようやく解放された安らぎを感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さえざえとした夜空に月も星もくっきり輝き、秋の虫の音やそよ風から秋の気配がすぐそばに感じられます。

 

中秋の名月

秋澄む夜空にくっきり浮かぶ秋の月、特に旧暦の葉月15日夜の満月を「中秋の名月」「名月」「十五夜」と呼ばれており、一年の中でもっとも美しいといわれております。

今宵は、そんな「中秋の名月」の日。

秋澄んだ夜空にはえるお月様を愛でるときですが、このならわしは、唐の時代に中国から伝わってきた月見の祭事と、古来日本にあった月を祀る慣習が合わさったものです。

古代には、欠けのない満月を豊穣の象徴とみなしていたともいわれており、秋の実りに祈りを捧げる行事でもあり、平安時代には貴族たちが舟遊びをして水面に映る月を眺めたり、杯に月を映したりして楽しんでいたそうです。

 

豊穣の月への捧げもの

月見

この季節は、多くの作物が実る豊穣の時であり、「時満ちて実を結ぶ頃」と満月の「月が満ちる」ということも重なり、月に感謝する特別な日です。

お月様には、この時期が旬の野菜や果物、また里芋などのほかに、満月を表す団子を三方に奉書紙を敷いたうえに並べてお供えします。その隣には、豊穣をもたらす月の神様の依代と考えられてるススキの穂もしつらえます。

これらお供え物は、お月様に捧げるとの意をこめて、月の出る方角へ正面をむけてお供えします。月から見て左が上座にあたるため、左に里芋などの秋の収穫(自然界の盛り物)を、人工のお団子は下座である右側にしつらえます。

ススキの穂は稲穂に見立てたもので、その秋の豊作の祈り、田の実りへの感謝を捧げます。また、葛などの蔓のある植物を飾ると、月の神様に通じるという意味合いもあるのとか。

 

自然界へ「感謝」

ここ東京は、生憎曇り空なので、きれいに月を眺めることができるか・・・気がかりではありますが、こうして「お月見」の習わし・理由を知ると、今夜は特別な夜な気がします。

現代の日本の暮らしでは、昔の方に比べては格別にあたかも簡単に野菜など食べ物を手にすることができますが、その背景には様々な働きをしてくださる農家の方、運搬してくれる方、そして、流通して販売してくださる方など多くの方々のおかげであります。
また、同時に、これら作物が美味しく実るには、太陽や雨などの天候、自然の働きがあってこそ。

今宵はぜひ香を焚き清らかな空間の中で、月見をしながら、自然や目に見えないけれどもこうして支え合っている社会への感謝の気持ち、そして・・・祈りを捧げてみてはいかがでしょうか。

すてきな月夜をお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

dsc_0656Juttoku.の「印香 満月」は、現在下記のイベント内にてお取り扱いいただいております。
◆ 銀座三越 7階 ジャパンエディション内
◆ 日本橋三越 本館 5階 ギャラリー ライフ マイニングスペース内 「月のワルツ展」

もしよろしければ、ぜひお立ち寄りください。


 

 

 

 

 

【月と呼応した暮らし】新月_2015年水無月

 

水無月_新月

天空に輝く月の満ち欠けは、周期的。月が見えない夜もあれば、神々しく輝く満月の夜もある。自然と共に暮らすということは、まさに自然がきざむ時とともに暮らすこと。

そんな今宵は、『新月』。

揺れ動く心はまるでコップの中の泥水のよう

梅雨の時期は、天候が気持ちにまで影響してしまい気分がスッキリしない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 気分がふさぎ込んでしまったり、時にはどうしていいのかわからない先がみえずとりとめもない不安な気持ちにかられてしまったり・・・。心は様々な感情によってたえず勝手にゆれ動き、ざわめき、ほおっておけばどこへいってしまうかわからなくなるときも。

そんなゆれ動く心は、まるでコップの中の泥水のよう。

心の中の泥水は、何かのきっかけで水が動くと、泥が舞い上がる。しかし、コップを動かさずおいておくと、やがて泥は沈み、水が透きとおってきます

夏至の大祓いをまえに、自分自身と向き合う

 半年のうちに心身に付着した罪穢れを祓い清め、残る半年も事無く過ごすことを願う夏至の大祓いも間近となり、今宵はぜひ、ゆれ動く心を落ち着かせながら、目を閉じ静かに自分自身と向き合ってみてはいかがでしょうか

 

静けさの中に安らぎを得ることができるお香は、そんなあなたを後押ししてくれます。香を焚き清らかな空間の中で、この半年を振り返り、そして残る半年をどう過ごしていきたいのか自分に問いてみるのもいいかもしれません。

 

心静まれば、きれいな満月が

 水面が波立っていると月はゆがんで、本当の姿が映らないですが、自分自身と向き合い心静かに落ち着かせれば、おだやかに静まった水面となり、きっと来月の満月がまん丸ときれいに映るのではないでしょうか。

 今宵は香を焚きながらゆっくりとした時間を過ごすなかで、自分自身と向き合う特別なひと時をお過ごしください♪

 

 

 

 


[今日のオススメのお香]

68139642

 Juttoku.
スティック香 新月

「新月」にあわせて調合した香り 。メリッサ/レモングラス/インド産白檀

 

 

 

 

 

 

 

【月と呼応した暮らし】新月_2015年皐月

新月1

天空に輝く月の満ち欠けは、周期的。月が見えない夜もあれば、神々しく輝く満月の夜もある。自然と共に暮らすということは、まさに自然がきざむ時とともに暮らすこと。

そんな今宵は、『新月』。新月は「新たな始まり」のときであり、何かをリセットするのに最適な日といわれています。また、直観が冴え、イメージしたものを現実化しやすいとも言われています。

週初めの月曜日の夜、今夜は香を焚きながらゆっくりとした時間を過ごすなかで、自分自身と向き合うひと時をお過ごしください☆

 

 

 


 

[今日のオススメのお香]

68139642

Juttoku.
スティック香 新月

「新月」にあわせて調合した香り 。メリッサ/レモングラス/インド産白檀

心月輪~満月に想う。五感の磨き方~

皆さま、こんばんは。
いつも当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

ゴールデンウィークも中盤に。旅行に出かけていらっしゃる方もいれば、ご自宅の中でゆっくり過ごされたり、またご家族との団欒を楽しんでいらっしゃる方など・・・様々かと思いますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

 

皐月の夜空に輝く満月の今宵

1369632_13121231 (2)

ここ東京は、生憎曇り空のため光り輝く満月をきれいに見えないのですが、雲の合間からときおり覗かせてくれるまん丸のお月様の輝きがまるで心の中に光を照らしてくれるかのようでほっこりした気分になります。

ここ最近は、時間に追われてしまうこともしばしばあったので、こうして満月の月の光を感じながらゆっくりできるこの時間はなんともいえない至福のひと時であります。

 

至福のひと時、感謝のひと時

満月が輝く夜空を眺めながら、焚いている「満月」の香は私の心をときほぐしてくれるかのようで、深く落ち着いた呼吸がより私の心を落ち着かせてくれます。 また、何よりも大樂かな気分にもなり、日々こうして生きていることへの感謝の気持ちにもあふれてきます。

そして、『あぁこういうことなのかなぁ』と・・・ふと思いました。

と言いますのも、昨日お立寄りいただきました一人のお客様から伺ったお話が脳裏に蘇ったからです。

 

五感を磨く

その方は、今年で82歳になられる方で、今でも元気にテニスをしたりととても明朗快活なおじいさまでした。 お香がお好きでいらっしゃるということで、興味をもちお立ち寄りいただいたのですが、お話を伺うと、お香のことだけでなく歴史や文化のことまでも大変博識のある方で、聞かせていただくお話はどれも興味深く、勉強になることばかりでした。

その中で、一番興味深かったことは、その方が若いころから実践して心がけている「五感を磨く」というお話でした。

それは、五感を意識して使い“感じる”ことを大切にする、ことでそうです。日々の生活の中ではもちろんのこと、旅行先でも毎回1万円を5分割して、平等に五感を使うことに体験・購入などをしているそうです。

なぜそこまで意識するようにしているかというと、五感を磨くことにより「人間として丸くなれる」からだそうです。

 

人間として丸くなるということ

その方は、お仕事柄国内だけでなく海外にまで若いころよりいろいろな所に行かれたそうです。 そこは、文化も歴史も異なるので見るもの、感じるものすべてがいつも新しく、新鮮な世界。 そんな様々な世界を享受するなかで、気づけば五感をつうじてつねに感じている自分に気づき、そこからまた感じえる世界観も変わってきたそうです。

そして、五感をバランスよく鍛え磨くことにより、五感がバランスよく整うかのように精神までもが丸くなっていってることに気付いたそうです。

 

和をつくりだす社会に

世の中には実に様々な人がおり、はた職場や家族を垣間見ても、各々の感性・個性をもっている。 例えば、その人がここの部分が欠けていたとするならば、自分が補ってあげたり、また、互いに補いあえることができる。

自分が丸くなれば、相手の形に柔軟にうまくはまることができる、つまり、人間関係が円滑になることで無駄な争いやもめごとはなくなり、人と和を保つことができる、それがゆくゆくは平和な社会の礎になる、と。

 

なんとも深いお話を聞かせていただきましたが、その方が仰ることはまさに人間として心得て目指していくべきあり様であると思いました。

 

1369632_13121231 (2)

心月輪
【現代語訳】心は満月そのものです。

 

このお話をきいて、思い出した言葉です。この言葉は、良寛が書き残した言葉です。この言葉には、「心月孤円、光万像を呑む」という中国の禅師の言葉にあるように、仏心・無心は孤高で欠点がなく、その輝きは一切を包んでいるという意味であり、この「心月論」を意味しているのも、人間的な概念を突き抜け無心にまで行きついた心はすべての対象に自由に輝く、満月そのものであると意味しているのではないかと思います。

 

無心に・・・とまではなかなか現生をいきるなかでは難しくとも、五感を磨き、整うことで、人間としてもバランスのとれた丸くなる、すなわち、この満月のように光輝くまあるい心をもつ、というのは意識すれば日々の生活の中でも行えそうですよね。

 

ゴールデンウイークが終わると、またいつもの生活がはじまるかと思いますが、心を丸く満月のようにしてみる・・・と意識するだけで、職場での人間関係なども変わってきそうですね♪

 

 

 

ついでに・・・このお話をしていただいたお客様の嗅覚の磨き方で実践していることは、自然の香りを聞く、ことでそうです。その土地の香り、自然の香り、そして、香などの美しい香りなどを目をとじて“聞いて”るとのことでした。 (Juttoku.の香りにも、大変ありがたいお褒めの言葉をいただきうれしかったです。職人の方々のおかげですので早速休み明けにお伝えしたいと思います!)

 

 

 

 

久々に長々となってしまいましたが、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。皆々様にとって、今宵も満月のすてきな夜をお過ごしくださいませ♪

 

 

 

 

 

心の中の星に目を向ける新月の夜

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。
ここ東京は雲がでていたりとどんよりとしたお天気ではありますが、先週までの夏の暑さもどこへやら・・・少しずつ暑さも和らいできましたね。

hnb0026-033

老陽日に衰へて秋陰の気次第に増し
            暑気すでに処すと依って欺く云ふ

暦では、8月23日から「処暑」になりました。
「処」には、止まるという意味があるそうです。ですので、「処暑」は暑さががおさまるという意味。

言われてみると・・・先週に比べると、朝晩はなんとなく「もうそろそろ秋だなぁ」と感じる時もあります。

ついこの間まで梅雨明けからの夏を待ち遠しく感じていたにも関わらず、気づけばその夏ももう終わりを告げるころに・・・。
なんとなく感傷に浸ってしまう今日この頃ではありますが、皆様の夏はいかがでしたでしょうか?

想い想いの夏・・・

私個人的な話で恐縮ですが、今年の夏は突然の訃報に立て続け見舞われたため、「生死」についていろいろと考えた夏でした。大変悲しい別れではあるのですが、同時に「生きる」ということ、そして、今日その日一日一日がかげがえのない大切な日であるということにあらためて気づかさせてくれました。

一方で、Juttoku.のほうでは今夏より新たなスタッフが仲間入りしてくれました。淡路島で作っていただいたお香や、奈良でつくられているアロマをお客様にきちんと真心をこめてお届けできるようにと日々精進しながら新しい仲間と共に取り組むことができ、新たな風を吹き込んでくれています。

印香と香袋のワークショップも毎週一回ずつ開催させていただき、ご参加いただきましたお客様に日本の香文化をお伝えさせていただくとともに、香を作る過程で自分自身と向き合う時間を一緒に共有できたのもなんとも贅沢なひと時でありました。これらのワークショップは、Juttoku.としては新たな取組みであったため、始める前はやや緊張しておりましたが、淡路島の職人の方の温かいアドバイスもいただき無事に開催することができました。

 

 

夏はまだまだこれからだ!と思っていたのもつかの間。 振り返ると、あっという間に過ぎ去ってしまったかのようにも感じ、夏をもっと満喫したい!!など様々な想いが入り混じり、感傷な気持ちにもなってしまいます。

夏に決意したことの振り返り

夏を迎える前にそれぞれ何かしら心に決めた目標があるかと思います。

・今年の夏は●●に挑戦するぞ!
・今年の夏は、●●の資格の勉強に専念するぞ!!
・今年の夏は、ダイエットするぞ!!
・今年の夏は・・・・・!!

いかがでしょうか?それらは、無事に決行できましたでしょうか?それとも・・・?

 

2014年晩夏の新月の夜

夜空

今日は、新月!

東洋を起源とする「陰陽学」では、月が欠ける周期は陰のエネルギーが高まる時といわれており、新月のタイミングで、陰の気が最も強くなるといわれています。

この陰の力とは「引」という下がる力。
それは、思考を深めたり、内観をしたり、集中、インプットなどをすると月の自然の力が後押しをしてくれるといわれています。

奇しくも新月の今宵は、ぜひ早目に仕事を終わらせて、一人自分自身と向き合う時間をお楽しみください。

今年の夏にやりたかったことをあらためて書き出してみて、できたこと、できていないことを整理してみてはいかがでしょうか?

もしまだできていない・・・ということがあれば、今週一週間まだあります!!何もせずにあきらめるよりかは、何かしら行動してみる計画をたてられてはいかがでしょうか。

 
心の中の星に目を向ける新月の夜

新月なので月明かりはなく、夜空は闇夜ではありますが、写真のように夏の夜空には満点にきれいにひかる星々があります! それはきっと・・・ご自分の心の中にある思いと同じでしょう。 

今宵は、月の眩しいあかりがない分、ご自分の心の中の星々に目をあててみてください。

 

それでは、どうぞすてきな新月の夜をお過ごしください♪

 

 

 

 

 

[今日のオススメのお香]

68139642

 Juttoku.
スティック香 新月

「新月」にあわせて調合した香り 。メリッサ/レモングラス/インド産白檀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 212