神様が鎮座する兜

花鳥風月
豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。

DSC_1584

 

端午の節句

5月5日は、端午の節句。こどもの日でもありますが、ゴールデンウイークの長期休暇にも重なり、晴れやかな日をお過ごしのことと思います。

ついこの間、「桃の節句」だったと思うと月日の早さに驚くばかりです。

 

そもそも節句とは

以前、「重陽の節句」でも触れましたが、下記そのときの記事から抜粋にてご紹介させていただきます。

 


そもそも、節句とは季節の折目節目、つまり“季節の変わり目”のことを意味しており、古代中国(唐時代)の暦法で定めれた季節の節目でした。

古代中国では陰陽説が尊ばれており、陽(奇数)が重なると陰になるとして、暦の中で奇数の月と日が重なる日をとりだし、陰を避けるため季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓っていたといわれています。 この中国の暦の影響をうけて、古代の日本の朝廷も年中行事として定め、その風習が日本の農耕を行う人々にまで伝わり、人日(1月1日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日)が五節句と定められ、宮中で邪気を祓う宴会が催されるようになったそうです。

邪気を祓い、新節を清い体で

いずれにせよ、前述したとおり節句は季節の変わり目であることにほかならず、体調をくずしやすい時でもあります。 現代は医薬が充実していますが、未発達であった古代の時代で考えれば、邪気を防ぎ健康を保って季節の変わり目を乗り切るということは切実な願いであったと思います。 そこで、季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うことが行事化され、前節までに身につけた穢れを祓い、新節を清い体で乗り越えようと考えられたのがことのはじまりです。


 

 

強い香気で厄払い

DSC_0082

邪気を避け魔物を祓う薬草とされていた「菖蒲」。強い香気で厄を祓う菖蒲やよもぎを軒(のき)につるし、また菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。

また、田植えの時期でもある五月は、田の神を迎えて豊穣を祈るために、早乙女が巫女となり、菖蒲を葺いた小屋で禊を行ったとも伝えられています。
私は、母が小さい頃より毎年5月5日は「菖蒲湯だからゆっくり温まりなさい」と言われはいっていましたが、大人になってこういう意味合いが込められていると思うと、またそこに親の子供への健やかに育ってほしいという願いも込められていたんだと思うとうれしくなります。

 

武士を尊ぶ、「尚武」の日へ

 

菖蒲で清め祓うという風習から、時代がだんだんと武家社会変遷するにつれて、「菖蒲」と「尚武」をかけた尚武(武士を尊ぶ)の節句へと移っていき、いま私たちの暮らしにもつうじている、男の子の誕生と成長を祝う日へとなっていきました。

 

15年ぶりに日の目を見る、そして祖父母と両親の思い

20160430-DSC_3964

この兜の飾りは、裏参道ガーデン店内4月後半から5月5日まで飾っていたものです。実は、この兜は30年前に購入したものです。15年ぶりぐらいに久々に箱からだしたのですが、風化せずそのままきれいに保存されていました。

DSC_1584

兜の正面には、立身出世できるようにという願いをこめられ立派な「龍」がついており、兜をかぶり「雄々しい子供に育つ」ようにと願う親心を感じます。

 

DSC_1594

また、龍の下の額の上にあたる部分には、満開に花ひらく「梅」の花が。
Juttoku.の印香にも「梅」を象ったものがありますが、「梅」は初春に他の花より先駆けて香りの良い清らかな花を咲かせることから「希望」の象徴とされています。また、冬の風雪に耐えて花開く梅の姿から「大願成就」の象徴ともされています。まさに、これも男の子の成長へと願う心と合い増す飾りに感じます。

 

威風堂々たる凛々しさ

DSC_1575

時代も遡ると、戦国時代などの戦の時代はこのような兜を頭にかぶり、そして重い鎧を着て戦場で戦いをしていた時代が、この日本の中で行われていたと思うと不思議な感じです。

兜もなかなかきちんと見ることができなかったので、いろいろとゆっくり見てみると一つ一つに先人たちの心・精神を感じます。

DSC_1588

いろいろな角度から見える兜の姿は、遠くから見える姿と近くよって見える姿とはまた威風堂々とする姿が違う印象にみえます。

DSC_1598

そして、背面からの姿もとても強さを感じつつ凛々しさをも感じます。ふと、頭部に目をむけると、大きな穴があいていました。

通気性を考慮して穴があけられているのかなと思ったのですが、調べてみると、この穴は「天から神様が降りてきてくれる場所」とされているそうです。

 

神様が鎮座する

DSC_1596

この上部の部分は、「八幡座」と呼ぶそうです。この穴の部分に、天から神様がここに降りてきて、この兜をかぶった人を護ってくれるとして穴を開けていると言われている事から、そのように呼ぶとされており、兜の上は、神様が鎮座する場所としてとても神聖視されていたそうです。

天から神様が降りてきてくれる場所」である八幡座の穴から神様が入り込み、自分自身を護ってくれると考えていた。

無論、八幡座には頭を蒸れないようにする役目も持っているとされていたそうですが、今の時代で(たとえば・・・)兜と同じような役割のものを作れと言われたとき、ハイテク技術を盛り込んだり、いかに頭部を守るかという部分にばかりフォーカスされてしまい、「神様が守ってくれる」というような精神というのはおそらく毛頭にもないことでしょう。

 

兜を作った人が自然と感じえた世界観であり、精神なのでしょうか。平和で衣食住に困らない今の時代でなく、明日は我が身とまではいかぬとも不安定な時代だった戦の時代のなかで、考えられた古の人々の精神にただただ頭が下がるおもいです。

 

 

DSC_1604

端午の節句の話から、兜の「八幡座」の話まで多岐にわたってしまいましたたが・・・、季節の切り替わりでもあるので今宵は菖蒲湯にでもつかりながら香りで穢れをはらい、体も温め、そして、古くから伝わる日本の風習に心を寄せながら過ごすひと時もお楽しみください。

兜のお飾りは、Juttoku.店舗の裏参道ガーデン店にて本日5月5日まで飾っております。ぜひお立ち寄りのうえ、皆さまも「八幡座」の部分を覗かれてみてはいかがでしょうか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒冷の季節もあとわずか、春の訪れ

花鳥風月
豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。

梅

 

寒冷の季節もあとわずか、春の訪れ

立春が過ぎても残る寒さ。そんな寒い季節の中で、梅の花が咲き始めると、不思議と心がほっこり温かくなります。

『春がきた!!これで長かった寒い季節も終わりだ。(ほっ)』

家の道中にある梅の木。毎日見ているだけに、今まで枝だけで少し侘しそうに見えていたところに小さな蕾がつき、だんだんと膨れ上がり、きれいに咲いている梅の花。

長かった冬に終わりを告げ、春を呼び込んでくれているかのようにも感じます。

 

ふくよかな香り

梅

梅が香にのつと日の出る山路哉
(松尾芭蕉)

梅の香が匂う山路には、何の前触れもなく朝日がひょっこりと昇ってくる、そんな情景をうたっていますが、梅の香が匂う山路とはなんとも風情があり味わってみたいものです。

梅梅は寒ければ寒いほど、強い香りを放つといわれています。

立春が過ぎても、まだ寒さは残っている今日この頃。この寒さが人間の体を冷え込ませ、動くのが幾分か億劫にさせたりしますが、梅の木は秋終り頃に葉をおとし、枝と幹だけになり寒む寒むしくも見えますが、しっかりと大地に根を張りながら、枝と幹は寒い中でも大気を吸収して、蕾を膨らませていき、花ひらく。

梅の花びらから放つ香りは、この寒さの中で耐え抜きぬきながら熟成した香りだからふくよかな甘さが放たれるのでしょうか。

はたまた、冬の寒さの中でも枝と幹で大きく呼吸しながら自然の季節の変わり目と同調していただけに、春の訪れをいち早くお知らせしてくれているのかもしれません。

DSC_0041

鮮やかな紅葉の季節に心よせて

花鳥風月~美しい自然の移り変わり~ 豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。

紅葉_みたらい渓谷

鮮やかな紅葉の季節に心よせて

秋も一段と深まり、鮮やかな紅葉を楽しむ季節になりました。 11月初旬、奈良県天川村にある「みたらい渓谷」に、紅葉を観に行ってきました。

自然の一大傑作みたらい渓谷1

奈良県天川村は紀伊半島中部に位置しており、標高1,000〜2,000mの大峰山系の山々に囲まれ、441m~820mの標高が谷間の集落部にあります。 東京はまだほんのり色づいているかついていないかぐらいでしたが、みたらい渓谷は標高が高いこともありここはもう色鮮やかに色づいていてとてもきれいでした。

みたらい渓谷2

このみたらい渓谷は、大峯山より流れ出る山上川が川迫川に合流する場所にでき、特に狭まった山の裾の大岩壁を大小の滝が流れ落ちる“自然の一大傑作”が堪能できます。

 

祈願のための清めの場、美しき聖き清流

DSC_0159

「みたらい渓谷」では、きれいに輝く透き通った川が静かに山々から流れおちてきます。

紀伊半島の屋根といわれる霊山でもある大峯山の山々をはじまりとする源流域で、古くより、天川村一帯は、水を生む神聖な場所として、また神々様がおわされる神聖な場所として宗められてきました。

みたらい渓谷3

天川村は南北朝時代に南朝のときの朝廷が仮の御所をかまえるなど様々な縁がある場所でもありますが、特にここ「みたらい渓谷」は、時の南朝帝が戦勝祈願のためお手を清められた場所として、「みたらい(御手洗)」と名がついたといわれています。

DSC_0171

清流が静かに流れる大自然の中に身をおくと、心も自然と清らかになっていきます。

 

枯れる葉に美しさを感じる心

DSC_0299

そんな清らかな空間の中で、紅葉を愛でるのもとても艶やかな気持ちになります。

 

 

 

DSC_0154 (2)

西風が吹くと夏の暑さを祓うかのように秋が訪れ、初秋の涼気を運ぶさわやかな風の立つ季節を「西風送暑の候」といいますが、

 

DSC_0408

西風が運んできてくれる秋はなんとも雅な美しさとどこなくはかない哀愁の美しさをも感じます。

 

DSC_0208

季節の移り変わりのなかで、春から夏にかけては青々とした葉が生き生きとしていたのが、秋になり次の命の準備をするかのように葉が色づき枯れ落ちていく。

DSC_0202

肌寒さを感じる季節の中で、紅や黄に色づく紅葉をみると心が温かくなるようも感じますが、目にしているこの紅葉は枯れゆく葉を愛でているのだとおもうと・・・、自然の刹那の流れのなかで無心の心を体現してくれているかのようにも感じます。

 

枯れ落ちた葉、根を張る木

DSC_0217 (2)

夏までは生き生きと生い茂っていた木々も、秋になると葉を色づかせながら変容していく姿に、人間の生き様、人間の成長の過程が照らし合うかのようにも。

DSC_0192

春は芽がめぶき、そしてたくさんの日差しや雨の恵みを吸収しながら大きく成長していく。それは時として、表面にうつるものばかりを意識してしまいますが、真なる成長は心の中に。

みたらい渓谷4

たくさんの学びをえながら吸収したものは十分に自分のエネルギーとなり自信につながったりしますが、同時に鬱蒼とした思いや心の中にゴミや煩悩が溜まってしまいます。

DSC_0227

心に溜まった無駄なものを掃きはらうかのように、今まで外へ外へと向けていた意識を内に内にとむける。それは、まるで木々が表にでなくてもしっかりと支えている根を、より深く強く地に張っていくかのよう。

DSC_0204

すると、いつまでも物事に執着することはないということ、不必要に悩むこともない、自然の流れに身を任せばいいのだ、ということを感じ取るのではないでしょうか。

そして、枯れ落ちた葉は土に還りそして栄養となり次の春の命へと。そして、内に内にと意識をむけることで、今までみえていなかったことが見えてきたり。

 

秋を司る竜田姫

みたらい渓谷5

西風にのって訪れ、秋を司る竜田姫。

DSC_0366

秋のお姫様は、紅葉がみせてくれているように、夏までに外へ外へと成長していききれいに色づいた自分を、今度は内に意識を向けて振り返りながら地に張る成長へとしていくのですよ~、と説いてくれてるかのようにも、雄大な自然が満喫できるみたらい渓谷を散策しながら感じました。

 

DSC_0331

進みゆく先の未来は、まるでトンネルをくぐっていくかのようにも。

DSC_0339

長く深い暗闇のトンネルでも必ず出口はあり、そこにひろがる世界はそこに立たなければわからない未知なる世界!!

この秋は、自然がみせてくれてるように自分自身を振り返りながらも、移り変わりの激しい世の中でありながらも、自分にとって“今”という時間を大切に、そして自分にとって何が大事で、どう生きていきたいか・・・、そんな大地に根をはるかのように過ごしてみるのもいいかもしれませんね。
DSC_0309

この先のある未来へ・・・!

DSC_0357

来年のこの時期も、また美しく彩る木々のように・・・皆さまにとっても多幸溢れる未来がありますように。。。。。

 

皆さまも素敵なこの紅葉の季節をお楽しみください。

 


みたらい渓谷1 みたいらい渓谷

住所:奈良県吉野郡 天川村北角

 

 


 

天界に咲く花を愛でる

花鳥風月~美しい自然の移り変わり~ 豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。

秋分

 

天界に咲く花

9月20日に彼岸入りし、23日には秋分の日を迎え、さわやかな秋風が吹く心地よい季節です。そして、自然の草花では、彼岸花が咲き乱れる頃となりました。

彼岸花

彼岸花は別名、曼珠沙華(まんじゅしゃけ)。これは、サンスクリット語でmanjusakaと呼ばれており、天界に咲く花という意味だそうです。

お彼岸の季節に咲くということもあり、旬なきれいなお花を見に埼玉県にある巾着田に行ってきました。

神秘的な赤に包まれ

彼岸花3

 

 約500万本の彼岸花(曼珠沙華)が咲き誇っている巾着田にある巾着田曼珠沙華公園内。入るなり、一面に広がる赤くひろがる景色は、なんとも神秘的です。

彼岸花4

「天の花」といわれるゆえん、 おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典によるものだとか。

彼岸花5

花をみると、どの花も上へと向いている姿をみると、まるでほんとうに天で咲いていた花が降ってきたようにもみえます。

 

葉見ず花みず

彼岸花6

花のあとで葉が伸び、冬と春を越して夏近くになると葉は消えてしまい、花と葉を同時に見ることはできない。そのため、花のある時期には葉がなく、葉のある時期には花がないという特徴から、「葉見ず花見ず」と呼ばれています。
大輪の花が咲いているのに葉がないのは見ていてもなんとも不思議で、そこにより神聖なものを感じるのでしょうか。

 

天からの喜びを感じる

DSC_0678

実は、仏教の教えでは天界に咲く花には、蓮の花なども含め四華・五天華あり、その一つがこの曼珠沙華になります。

仏陀が法を説こうとすると天の神が喜び、それに答えるかのように天界に咲く花が喜びを祝い天から降り注ぐ、それが五天華だとか。

彼岸花8

 教えでは、曼珠沙華は、「この花を見ると自ずからと悪業から離れられる」という天界の花だそうです。

この悪業は、人様に迷惑をかけたりする犯罪ななどだけではなく、日ごろのしみついた悪い習慣のことも含まれるのでしょうか。

そういう意味もこめられていると勝手に信じ、秋分を迎え新たな季節をむかえた今、染みついた悪い習慣をぬぐいすて、良い習慣を身につけていきたいものですね!

 より早い時間に起きてお散歩の時間を楽しむ習慣であったり、瞑想を習慣づけたり・・、お香を焚いたり・・・・!

習慣が人生を創るともいいますしね。

彼岸花9

 皆さまにも、これらの写真をつうじ曼珠沙華の教えが伝わり、新たな季節が新たな気持ちでスタートできると幸いです。

 

 

 

旬の花を愛で

彼岸花10

 そして、何よりもぜひ巾着田へも足を運んで直接観賞してみてください。今がまさに見頃だそうです!

巾着田

 

 


巾着田2

巾着田曼珠沙華まつり

場所:埼玉県日高市大字高麗本郷125-2
URL:http://www.kinchakuda.com/

 


 

 

 

 

菊にあやかり長寿を願う、重陽の節句

花鳥風月~美しい自然の移り変わり~ 豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。 

 

長陽の節句_菊

 

重陽の節句

9月9日は、重陽の節句。五節句のうちの一つですが、この重陽の節句は耳慣れない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

中国の風習と日本の風習が合わさった「節句」

そもそも、節句とは季節の折目節目、つまり“季節の変わり目”のことを意味しており、古代中国(唐時代)の暦法で定めれた季節の節目でした。

古代中国では陰陽説が尊ばれており、陽(奇数)が重なると陰になるとして、暦の中で奇数の月と日が重なる日をとりだし、陰を避けるため季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓っていたといわれています。 この中国の暦の影響をうけて、古代の日本の朝廷も年中行事として定め、その風習が日本の農耕を行う人々にまで伝わり、人日(1月1日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日)が五節句と定められ、宮中で邪気を祓う宴会が催されるようになったそうです。

邪気を祓い、新節を清い体で

いずれにせよ、前述したとおり節句は季節の変わり目であることにほかならず、体調をくずしやすい時でもあります。 現代は医薬が充実していますが、未発達であった古代の時代で考えれば、邪気を防ぎ健康を保って季節の変わり目を乗り切るということは切実な願いであったと思います。 そこで、季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うことが行事化され、前節までに身につけた穢れを祓い、新節を清い体で乗り越えようと考えられたのがことのはじまりです。

 

菊にあやかり長寿を願う

最大の陽数である「九」が重なるため重陽の節句といわれますが、「菊の節句」とも言われており、秋の深まるこの時期に鮮やかに彩る菊の花にあやかり長寿を願う行事が平安宮中に行われていました。

 

 観菊の宴

 

長陽の節句_菊酒」

菊を愛でながら、菊酒を呑みかわし、詩歌を詠んでは楽しむという「観菊の宴」。

菊の花と葉を穀物に混ぜて作られ、菊の花を浮かべるなどしてふるまわれた菊酒は、菊の清々しい香りと花の気品の高さによって邪気を祓い、寿命を延ばすと考えられ、互いに長寿延命を願いなが盃をかわしていたそうです。

桃の節供の桃酒、端午の節句の菖蒲酒とおなじように邪気払いとして呑まれますが、この菊酒が一番呪力が高いともいわれていたそうです。想像するにきっとこの菊酒は、お屠蘇のようなもので、ガブガブ呑むようなお酒というよりは一杯のお酒に願いを込めて呑んでいたのではないでしょうか。菊の花を浮かべるというのもなんとも風流なものですね。

 

 

被せ綿

菊

前日の夕刻に菊の花に真綿をかぶせて、庭にだしておくと、翌朝にはしっとりと朝露で菊の香りとともに真綿に染み込みます。この菊の香りもしみこんだ真綿で肌をふくと、肌が美しくなり、また長生きできるという、お祓いと長寿の願いをこめられた宮中の行事でした。

 

紫式部日記にもこの被せ綿について詠まれている歌があり、宮中の女性たちの心が今の女性にも伝わってくるものがあります。

 

 

香りで清める、それは心をも清める

 

「観菊の宴」「被せ綿」から共通してみえる菊の香り。感じ方は様々だと思いますが、菊の香りは清々しい香りで、まるで禊をした気持ちにまでさせてくれる清涼な香りです。

 

 

このごろの 時雨の雨に 菊の花     
      散りぞしぬべき あたらその香を

 

 

[この頃の時雨の雨に、菊の花は散ってしまいそうだ。 惜しいことにこの雨で芳しい香りも消えてしまうのだなあ。] この歌は、桓武天皇によって詠まれており、菊を詠んだ和歌としては最も古い歌であり、菊の香りが消えてしまうことを惜しまれている気持ちが伝わってきます。

 

長陽の節句_菊

目に見えない香りに静かに心を傾け、息づく自然の生命、自然の美を感じとる。今こそ大切にしたい心であり、心落ち着かせながらその香りを感じとることが、おそらく何よりも心を落ち着かせ、清らかにさせてくれたのではないでしょうか。

 

 

 

 

ここ連日、台風の影響もあり大雨に見舞われ、一雨ごとに寒暖の差が生じてきています。まさに、「節句」の所以である季節の変わり目であると感じる今日このごろです。
菊の節句にならい、菊の力で夏の疲れなども含め穢れを祓うかのように、時節柄くれぐれも御身おいたわりください。