清少納言も香で優雅な時間

平安貴族女性

今日は店頭でお客様とのお話のなかで、お香についていろいろとご質問などをうけ、会話が弾み楽しいときを過ごさせていただきました。 お香をどのように使うか・・・というところから、昔の人はどう使っていたの・・?という質問などなど。

昔の方・・・もう1000年以上も前の人も同じように香を楽しんでいた・・・それはどのような世界だっったのでしょうか・・・。 そこを紐解いてみると、自然と現代に生きる私たちにも通じるものがあり、時代をこえて共感できるものを感じます。

 

日本の素晴らしい香の風習

New Image

日本での香の歴史は長く、伝来当初は邪気をはらうためにまた祈りの香として仏教とともに。その後、平安時代には女性たちの美しさの演出の一つににもなり、鎌倉時代には精神統一のために用いられたりと、私たち日本人にとって馴染み深いものです。

それは、我々の祖先が「香には十の徳がある」と学び得たからでしょう。香りで心を落ち着かせたり、お部屋を好きな香りで快適な空間にしたりと、日々の暮らしの中に様々な形で取り入れ、香りを愛でる生活は現在においても欠かせない素晴らしい日本の風習です。

 

清少納言も香で優雅な時間を

平安貴族女性

歴史をつうじて実際に同じように香りを楽しんでいたというのが、ある文献が伝えてくれています。

『枕草子』より

心ときめきするもの。雀の子飼。ちごあそばする所のまえわたる。よき薫物たきてひとり伏したる。唐鏡のすこしくらき見たる。よき男の車とどめて案内し問はせたる。頭洗い化粧して、香ばしう染みたる衣など着たる。 ことに見る人なきところにても、心のうちはいとをかし。待つ人などある夜、雨の音、風の吹きゆるがすも、ふと驚かる。 」(『枕草子』より一部抜粋)

これは、香が貴族の暮らしの中で不可欠となっていた平安時代に宮廷で宮仕えをしていた清少納言が華やかな宮廷生活を随筆として書き留めた『枕草子』の中の一節です。

この一節には清少納言が「こころときめきするもの」というもの尽くしを表しており、一人の女性が当時どのようなことに心をときめきさせてたのかがわかります。

 『枕草子』の現代語

 『心をときめかすもの。 雀の子を飼うこと。赤ん坊を遊ばせている所の前を通る。高級な薫物を焚いて、一人で横になっている時。中国製の鏡の少し暗くなっているところを覗き込んだ時。高貴そうな男が、家の前に車を止めて、使いの者に何かを聞かせにやった時。   髪を洗って化粧をして、しっかりと良い香りが焚き染められてついた着物を着た時。その時には特別に見ている人がいない所でも、心がとても浮き立って楽しくなる。約束した男を待っている夜、雨の音や風が建物を揺らがすような音さえも、もう男が来たのだろうかと思って(驚き嬉しくて)胸がドキドキするものである。 』

心をときめかすもの

心をときめかすものとして、『高級な薫物を焚いて、一人で横になっている時。』と、『髪を洗って化粧をして、しっかりと良い香りが焚き染められてついた着物を着た時。』と書かれていますが、その姿が目に浮かびます。 きっと清少納言も宮仕えの仕事を終えて、良い香りがする好きな薫物を焚きながら一人横になりもの思いにひたる・・・。
また、お風呂に入りきれいさっぱりした後、良い香りを焚き染めた着物を着て、まるでさぁ今日も頑張るぞ!と意気揚々と家を出るかのよう。

悠久の時を越えて

時代は変われども人間として共感できるものを悠久の時を越えて感じられるので感慨深いです。

香しい香は、心を癒やし、身も心もそして空間をも清らかにしていくれ、静寂なひと時を楽しめる・・・それを味わっていたように、現代に生きる私たちも同じように香を味わい、そして楽しんでいきたいものです。

 

紫式部が伝える「人の御心地いと艶なり」へ

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。
連日の雨も一休み、ここ東京は久しぶりの青空です。皆さまいかが週末をお過ごしでしょうか。

PPP_shittoriajisai

ゆれ動く心

先日のブログ内で「ゆれ動く心=コップの中の泥水」と書きましたが、お客様からメールをいただき、『まさに自分の心がそんな状態でした・・・!』と。 かくいう私も、書きながら自分でも体感していたことなのでまさに自分の心を描写しているかのようでした。

心のあつかい方は、難しい・・・・。 

きっと・・・・これは私だけでなく、現代社会の中で感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 時々店頭でもお客様のお声等を聞かせていただくと、「ここ最近、ただただ心が疲れる」等といったお声もあったりします。 その原因は、人によって実に様々・・。仕事、同僚、家族、恋人・・・等など。

 

お香が誘う至福のひと時

Yoga meditation at home. Relaxation concept with unrecognizable

そんな心をいつも救ってくれるもの・・・それは「お香」です。

家に帰って、お風呂入ってゆっくりする自分だけの特別の時間。その時は、部屋を少し暗くして、お香を焚きます。 いい香りが部屋にほんわか充満すると、そこは別世界に感じることも。

いい香りが充満しているので、自然と呼吸が深くなります。

スゥー~~~~~~~~~、ハ~~~~~~~~~

すると、さっきまで心の中にあった黒いモヤモヤが消えて・・・心が軽くります。 まるで自分が何で悩んでいたのかもわからなくなってしまうほど。

すると、自分の体の声、自分の声が聞こえてきます。『今日は体が疲れていたんだなぁ、早めに今日は寝よう』、『上司が言ってきたこと、あの時はなんで突然こういうこと言うのか意味わからなかったけど、今思うと上司が伝えたかったことはこういうことなのかな』、『昨日の夜は、彼氏に日常の不満しかぶつけていないような気がする・・・くだらない些細なことを愚痴ってしまって悪いことしたな。明日は元気な姿を見せてあげよう♪』などなど・・・。

そんな心の声などが聞こえ自分自身と向き合えるということは、自分の心も開放できているので、なんともいえない至福のひと時です。

 

いい香りで脳がリラックス

 
この至福のひと時に誘ってくれる「お香」は、一つに”いい香り”と自分で体感する自分の好きな香りであることがポイントとなります。

嗅覚をつかさとる鼻腔の奥には、においを感じる神経細胞があり、この細胞は直接大脳にはたらきかけ、そこからほかの感覚器官へと指令を伝達します。  そして、大脳生理学によると、好きな香りを吸い込むと、脳がリラックス時にみられるアルファ波が発する状態になるそうです。

 

悠々とした時を刻んでくれる、くゆらぐ香煙

a0001_005260_m

そして、香を焚くとゆっくり立ち上っていく香煙は、なんとも筆舌に尽くし難い悠々とした時を刻んでくれます。  それはまるで駆け足で刻む長針に逆らうかのようにも感じますが、このゆっくり時を刻むなかで、心地よく自分自身を開放することが本当の自分に戻れる時でもあると思います。

 

 

 

 

素晴らしい香り いと艶なり

香を焚き自分自身が解放感に浸れる快感ともいえる贅沢なひと時は、何百年もさかのぼり昔の人たちも同じように体感していました。 それが文献で残っております。

 

月さし出てぬれば 大御酒など参りて 昔の物語などし給ふ
 霞める月の影心にくきを  雨の名残の風すこし吹きて  花の香なつかしきに 御殿の辺りいひ知らず匂い満ちて
 人の御心地いと艶なり」   (源氏物語より)

 

これは、源氏物語のクライマックスの部分、4人の女性に特別な香を競い合わせるよう作らせて出来上がった香を光源氏と蛍兵部卿宮のもとで焚かれていたときの二人の会話が描写されています。(上述は、かなり要約してしまいましたがストーリーはとても趣きのある内容のため機会あらためご紹介させていただければと思います。)

 

ここで注目したいのが、「人の御心地いと艶なり」であります。

女性たちが思いが託された素晴らしい香りが部屋に充満するなかに身をおきながら観ずるに、今までいくつもの喜びや悲しみを抱きながら歩んできたけれども、今はこんなにも艶やかな至福の一瞬を過ごしている。 このような艶なる気持ちになれるのは、素晴らしい香りが私たちの心に艶やかな輝きをもたらしてくれているのだ、そのことを光源氏に紫式部自身の思いを重ねたことと思います。

それは、まさに「祈りの香」から「実利的で雅な香」を体現した平安時代に生きていた女性の心の声そのものだと思います。

現代にも思い伝わる「いと艶なり」


Juttoku.が香の原料からこだわりをもち厳選された上質な香原料をもとに、熟達した職人の方にその自然の香りを活かしながら素晴らしい香りを作ることにとてもこだわる
のは、まさに平安時代、紫式部も感じ得たようにこの「いと艶なり」という思いを感じてほしいからです。

人生いろいろあり悩むときも悲しむときも様々でありますが、今この瞬間が『あぁ幸せだ』と心から感じられる、その日々の積み重ねがまさに人生そのものであると思います。

 

この想いに共感し一緒に本気のモノづくりをしてくださる淡路島の職人の方々には感謝であります。そして、私たちの使命としてはこの香を通じて一人でも多くの方が、「いと艶なり」と感じえてくださるよう、この香をお届けすることと思っております。

 

 

 

長々となりましたが、本日もご覧いただき誠にありがとうございました。
すてきな週末をどうぞお過ごしくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~香十徳~ 悠久の時をこえて通じる香の効用

皆さま、こんにちは
Juttoku.のブログをご覧いただきありがとうございます!

さて、この度は各方面より開店のお祝いのご連絡をいただきありがとうございました!
創業から早5年が経ちますが、こうしてようやくお店をもつことができるのも、
日頃ご愛好いただいてるお客様を始め、そして、支えていただいてるスタッフの方々、
何よりも、尊敬してやまないお世話になってる職人の方々のお陰です!
本当にありがとうございます。

さて、今日はあらためて「Juttoku.」についてご紹介させていただきたいと思います。

 

 

Juttoku.とは・・・・「香十徳」の言葉に機縁

古来より伝わる、香の十の効用を記した「香十徳」。
この教えを現代のライフスタイルに結び付けたいという思いから「Juttoku.」は生まれました。

main_img2

1. 感格鬼神       感覚が研ぎ澄まされ
2. 清淨心身       身も心も清らかにし
3. 能除汚穢        よく穢れを取り除き
4. 能覺睡眠        よく眠りを覚まし
5. 静中成友        静けさの中に安らぎを得
6. 塵裏偸間        忙しいときにも心を和ます
7. 多而不厭        多くとも邪魔にならず
8. 寡而為足        少なくても十分香りを放つ
9. 久蔵不朽       年月を経ても朽ちず
10. 常用無障       常用しても無害

一休さんがまとめたといわれている香十徳

 

この「香十徳」は、あの一休さんでお馴染みの”一休宗純”がまとめあげたといわれております。

一休宗純は、京都にあります臨済宗の大徳寺のお坊さんでした。
この大徳寺は、香道の志野流と縁が深かったようで、そこでの機縁があったと
いわれています。

日本の誇るべき香りの文化

そもそも、日本には室町時代よりも前から香りの文化があり、
日本での香の歴史は長いのです。

日本でのお香の歴史は長く、伝来した当初は邪気をはらうために。その後、平安時代には、
貴族たちの美しさの演出の一つになり、鎌倉時代には精神統一のために用いられ、
江戸時代以降一般にも浸透して行きました。私たち日本人にとって古くから馴染み深いもの
です。

そのため、一休宗純がまとめあげた「香十徳」は、既に暮らしの中に香が溶けこんでいた当時の人々は、何気なく感じていた香の良さというものを、「そのとおりだね!!」「よく、明文化してくれた!!!」と感じられたのではないでしょうか。

そして、その後も時代をこえて、様々な形で香を生活の中にとりいれ、
香り溢れる暮らしを送っていました。

悠久の時をこえて今も通じる香の効用

時は変われども、この「香十徳」の教えは、慌ただしく何かに追われる現代の
私たちにこそ大切なものではないでしょうか。

1. 感格鬼神        感覚が研ぎ澄まされ
2. 清淨心身        身も心も清らかにし
3. 能除汚穢        よく穢れを取り除き
4. 能覺睡眠        よく眠りを覚まし
5. 静中成友        静けさの中に安らぎを得
6. 塵裏偸間        忙しいときにも心を和ます
7. 多而不厭        多くとも邪魔にならず
8. 寡而為足        少なくても十分香りを放つ
9. 久蔵不朽       年月を経ても朽ちず
10. 常用無障       常用しても無害

 

心ときめく香りが誘う空間の中で、心身ともに安らぐ静かなひと時を過ごすことで
感じ取れる喜びや幸せがあると思います。

それは、悠久の時をこえて、先人たちも同じように香を焚きながら感じ得ていたことでしょう。

日本の古からの香文化を未来へ紡いでいく

 

『香は人に徳をもたらす』。
「Juttoku.」は日本の古からの香文化を未来へ紡ぎ、
香りによる“心豊かな”暮らしをご提案してまいります。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

プラスのエネルギーが呼び込む幸せな笑顔

母と子 - 写真素材 (c) neco.ストック写真 PIXTA

無事に東京へ戻ってきました!

帰りは、神戸にはいってから渋滞に巻き込まれ、予約していた飛行機の便に乗れず、
一瞬あたふたしてしまいましたが、親切なアテンダントの方のお陰で、
関西空港からの飛行機をおさえていただけ、無事に帰路 につくことができました。

さて、淡路島では職人の方と入念にお打ち合わせさせていただき、
いろいろな香りをあれかなこれかなと、満足いくまで話してきました。
これからいよいよ試作つくりです!
どういう香りが放たれるお香になるか・・・楽しみでしかたがありません。

それにしても、淡路島に来るたびに、こちらの職人の方とのお話が楽しくてしかたが
ありません。優しい笑顔、優しい人柄・・・一緒にいるだけでも、心癒される方です。

この方々が作るお香のファンは、某お寺の住職さんも多くいらっしゃるそうです。
瞑想の時にかかせない、といってここでつくられた沈香のお香を焚いているそうです。
いい香りで包まれるだけでなく、その場が清められ、より深く精神統一して
瞑想にはいれるそうです。

また一方で、目に見えないエネルギーが見えるという方がお客様にいらっしゃるそうで、
この職人の方々が作ったお香を焚くと、邪気がとんでいくのが目に見てわかるし、
また、ご仏壇にそなえると、ご先祖様が大変お喜びになられている、
ということをおっしゃっていたそうです。

使い方は人それぞれであっても、
お香を焚いてその香りで、心から癒され楽しんでいただけるのが嬉しい、
と微笑みながらお話いただけました。

作る過程の中でも、こうして笑顔あふれるプラスのエネルギーがはいっている
から、プラスエネルギーがまたプラスを呼び込むのかな?
なんて思ってしまうほど・・・、
あらためて、職人の方々の心優しい人柄に触れることができる一日でした。

新作の香りの試作ができたら、また随時ご報告させていただきますね!

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございました。

 

恵みあふれる西風

 

今日は、新作のお香の香りの相談で、淡路島に来ています!

夏の淡路島は初めて・・・!
海に囲まれて、自然溢れる空間なので、どことなく常夏のリゾート地みたいです。
途中下車して、海で泳ぎたくなるほど・・・。

そもそも、どうして淡路島でお香を?!と思う方もいらっしゃると思います。

歴史的背景や、もう一つは気候も大きく要因しています。
淡路島は、ご存知のとおり、瀬戸内海東部に位置しています。
そのため、中国山地と四国山地の間でできる一種の風洞である「西風」を
受けやすい土地です。
お香の製造の過程の中で、「乾燥」する過程が重要過程の一つであり、
この西風が、非常に有益となるのです。

LOTUSGRACESのお香は、

倉庫内で機械で一気に乾燥するという方法ではなく、
何日も時間をかけてゆっくり乾燥させます。
天然の香料でつくられるお香なので、自然の中で培われた香りを
逃がさないためにも。
そのため、乾燥する部屋では、気持ちの良い「西風」がふいています。
その日の天候・湿度等々にあわせて、お香が湿気たり、カビが生えないために、
適宜、風の風量を調整しています。
機械で一気に乾燥させたほうが、安上がりに大量に製造していけるのですが、
このように乾燥過程一つでも、手間隙かけ作っております。
これも、一人でも多くの方に心休まるひとときを、優雅な香りをとおして、
楽しんでいただきたいという思いが根底にあるからです。
そんなお香製造にはかかせない「西風」を心地よく感じながら・・・、
これから新作の香りの相談をしてきます!
本日も、当ブログをご覧いただきありがとうございました!

 

 

2 / 41234