自然の叡智を学ぶ

Juttoku.便り
心に深い安らぎを与えてくれる「美しいカオリ」を、自然と調和する「美しいくらし」に、をコンセプトにもつJuttoku.。
四季の美しい日本にいながら、自然と調和する暮らしのなかで、日々様々な出逢いや学びに恵まれます。それは、自然の時間の中に自分を置くことで感じることや、自然をつうじて学ぶ日本の美意識、そして旅先などで見聞することなど。本コラムでは、Juttoku.の折々の暮らしをお届けします。

コスモス

自然の叡智を学びに

石上神宮を後にし、向かうはJuttoku.のアロマを作っていただいている天川村。

道中、吉野にも立ち寄りました。Juttoku.のアロマオイルは、吉野檜の間伐材から精油を抽出しております。山々に生い茂る吉野檜を仰ぎみながら、大地にしっかりと根を張り大きく枝葉を伸ばしています。手入れが行き届き質がよく檜の中でも吉野檜は高級材といわれていますが、どっしりとそびえながらも、風が吹くとなびく枝葉をみると、まるでちっぽけな自分にゆらぎ、静かに寄り添ってくれるかのようなそんな安心感と神意をも感じさせてくれます。

吉野神宮

途中、第96代後醍醐天皇を祭神とする吉野神宮には初めて立ち寄り、吉野の地、そして自然への感謝を祈り伝え参拝してきました。

 

自然に立ち返ることができる場所

天川

今回は道中いろいろと立ち寄ってしまいましたが、ようやくたどり着いた約2か月ぶりの天川につくと、長い旅路の疲れを忘れてしまうほど。

村村の人たちに会い「お~お帰り~!」という言葉で迎えいれてくれると、心の底からの安らぎに浸ってしまいます。

天河

8月末に創業7年目を無事に迎えることができた御礼とご報告に、天河大弁才天社に。

天河2この土地にご縁をいただくことになってから早3年強・・。ここに来るたびに心が洗われ、喧騒とした都会から離れ静かな空間の中で己と向き合うことができ、自然の中に生かされているという道理もようやく腹に落ちるようになってきました。

お香を作ってもらっている淡路島の職人も、天川でアロマを調合してもっている調香師も、「自然の香りそのもの、素材の香りそのものがどれだけ尊いか」といつも言っております。固体、液体、表現はそれぞれ違えども、そこに共通するものは自然であり、敬う想いがあるからこそ、製法ひとつひとつにも思いがこめられ、それが結果としてのこだわりになるのだと思いました。

自然から産出される天然の香原料を扱わせていただく以上、自然世界そのものより自分たちが優位にあるのではなく、自然世界・自然摂理の中で生かされているという気持ちで香りづくりに取り組まななければ、香りは繊細であるがゆえ、心に響くいと艶やかな香りというのは創れない、というのも聞いたときは本当にその通りであると気づかされました。

 

 杉の木々が教えてくれること

DSC_0006

 この日、宮司様からも大変興味深いことを教えていただきました。 先日ふと思うことがあり、山をみつめ、そして杉の木々が生い茂るその山肌をみて、「これだけ杉の木々が密集しているのに、根はどうなっているのだ?」と思ったそうです。

気になり林業専門家に伺ったところ、「杉の木々は密集しているが、根が絡み合うことはなく、それぞれの場所の中で根をはり、生きている」と教えていただいたそうです。

 それはまるで、私たちが自分たちの家の土地を区画ごとに区切り、その中で建物を建てて暮らしているのと同じ。 木々もまた、それぞれの土地を奪うことなく共存共栄しているのだと知ると、自然の凄みを感じます。

 

 

 自然に触れ、自然を感じる

DSC_0967

東京の喧騒とした都会の中で生まれ育った私にとっては、こうしてこの土地に来て学び知るものははかり知れないほど大きいです。

DSC_0973

それは、自然の移ろいを体感でき、自然に触れ、自然を体感できるということ。

DSC_0979夏は太陽にむかって輝くように咲いていたひまわりも、秋になるとこうして花びらを落ち、枯れ果てたかのよう。しかし、これも来年大きな花を咲かせる準備にはいっている自然の過程のひとつ。

DSC_0977自然の移ろいを感じながらも、その時の旬の美しさを感じ愛でる、それもきっと旬のものを大切にしてきた日本人の精神なのかもしれませんね。

 

いね  イネ今年の5月に田植えした苗もこうして成長し、輝く稲穂となりました。

稲穂来週は、いよいよ稲刈り。 来週くるまで、どうか実をつけたままでいてね・・と言わんばかりの思いで語りかけてしまいます。

 

自然との触れ合い、村の方々との交流、この土地にくると本当に心が安らかになり、後ろ髪を引かれる思いでこの地を後にし、東京へと帰路につきました。

 

 

 

 

神話の神々に会いに石上神宮へ

Juttoku.便り
心に深い安らぎを与えてくれる「美しいカオリ」を、自然と調和する「美しいくらし」に、をコンセプトにもつJuttoku.。
四季の美しい日本にいながら、自然と調和する暮らしのなかで、日々様々な出逢いや学びに恵まれます。それは、自然の時間の中に自分を置くことで感じることや、自然をつうじて学ぶ日本の美意識、そして旅先などで見聞することなど。本コラムでは、Juttoku.の折々の暮らしをお届けします。

石上神宮

神話の神々に出会いに

月一参りと打合せのため天川へ行く道中、石上神宮へお参りに行ってきました。

日本最古の神社のひとつ

石上神宮は、伊勢神宮と共に『日本書紀』に記された最古の神宮で、物部氏の総氏神とし、健康長寿・病気平癒・除災招福・百事成就の守護神として信仰されてきました。

御祭神は神武天皇がご東征したさい、国土平定に偉功をたてられた韴霊(ふつのみたま)の剣とその霊威を布都御霊大神(ふつのみたまのおおかみ)、鎮魂(たまふり)の主体である天璽十種瑞宝(あまつしるしとくさのみづのたから)とその霊威を布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)、スサノオノミコトが八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治された十握剣(とつかのつるぎ)とその霊威を布都御魂大神(ふつしみたまのおおかみ)として称え、相称して石上大神と仰ぎ、第十代崇神天皇7年に創祀されました。

 

心が洗われる研ぎ澄まされた空気

DSC_0826

参道を進むと荘厳に佇む鳥居。

DSC_0828

一例して鳥居をくぐると、そこは心が洗われるほど研ぎ澄まされた空間がひろがります。

DSC_0830元気のいい鶏の声が響き渡り、境内には放し飼いされていました。

DSC_0831

鶏は、『古事記』『日本書紀』に登場しており、暁に時を告げる鳥として、神聖視され、神様のお使いともされていますが、天の岩戸のさい、鶏が鳴き声を上げて天照大神を岩戸からお出ましになる様に手助けをした功績として神の遣いになったなど。

DSC_0833境内の中にはいたるところに、鶏が人間に警戒することなくただずんでおり、この朗らかな空間がまた心を落ち着かせてくれます。

DSC_0836

清らかな水が流れる手水舎で清めると、より心も体も洗われるかのように清らかに。

DSC_0838悠久の長い時が刻む自然の幽玄を感じつつ、進む先には・・・・

石上神宮2鎌倉時代末期(1318)に建立されたとし、重要文化財に指定されている『楼門(ろうもん)』がお目見えします。

 

 

 石上大神を仰ぎ、祈る

DSC_0858

厳かなきもちで楼門をくぐると、そこには待ちわびてたかのようにそびえたつ拝殿が。

 石上神宮_拝殿国宝に指定され、現存する最古の拝殿を前に。

 DSC_0847

石上大神を仰ぎ祈る心は、自ずと感謝の気持ちと平和な世界へと・・・。

DSC_0843その祈りの声をききとってくれたかのように、さっきまでは曇り空だったのに、澄み渡るほどの秋晴れの空に。 これだけでも、不思議と至福な気持ちになります。

 

 

みなぎる生命力

DSC_0860

それほどまで大きくはない境内だが、神々を仰ぎ祈るなかで、この土地・空間からは自然のたくましい生命力が体にみなぎってくるのを感じます。

 

石上神宮_剣

 それは、スサノオノミコトが八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治したさいに使った十握剣(とつかのつるぎ)とその霊威である布都御魂大神 (ふつしみたまのおおかみ)が祀られてるからゆえ、悪を断ち切る力強さからくるのでしょか。

DSC_0879

 はたまた、『石上 布留の神杉 神さびし』と柿本人麻呂が万葉集で詠んだとされる神杉が地に根を張り佇んでいるように、神の気たる神聖な神気が宿っている杉が佇んでいるからだろうか。

境内をでるころには、身も心も湧き上がる生命力がみなぎっていました。

 

 

 物部氏に想いを馳せる

DSC_0888飛鳥時代、聖徳太子が大陸から渡ってきた仏教を認め、国内に広げていきましたが、その背後には古来の神を祀る物部氏と片や仏教に賛同していた蘇我氏との深い対立がありました。

結果的には、周知のとおり仏教は国内に瞬く間にひろがり、日本の文化の礎にもなり、神仏習合という他国にはない土着の風習ができました。

日本のお香は大陸より仏教とともに祈りの香として渡り、香木・香料が放つ香りで仏前を清め自らの身体をも浄めて仏を拝むという教えにはじまりがあります。

これは日本がそもそも高温多湿の風土で、清浄を最高のものとする考えが根付いており、また、『古事記』『日本書紀』にもイザナギが死穢の国である黄泉の国から帰還した後に禊ぎ祓え清めたとあるように、「禊祓」の習慣が定着していたからこそ、仏教と共に伝来してきた「香」も、すんなりと受け入れていったといわれています。

神杉

古来の神を祀るのを重んじ、仏教の流布に危惧を感じていた物部氏にゆかりのある石上神宮。その境内で樹齢300年以上もする神杉を前に、悠久の時を経て、今はどう物部氏は思い、はたまた見守ってくれているのだろうか・・・、想いを馳せずにはいられませんでした。

 

DSC_0893

 心が研ぎ澄まされる清涼なひと時、そして、体の奥底から生命力がほとばしっていくのを感じながら、石上神宮をあとにし天川へと向かいました。

 

DSC_0906

境内の外には、神々しく咲く彼岸花。気持ちの良い秋の季節になりましたね。

 

 

 


DSC_0841石上神宮 

主神神:布都御魂大神 (ふつのみたまのおおかみ)
    布留御魂大神 (ふるのみたまのおおかみ)
    布都斯魂大神 (ふつしみたまのおおかみ)

場所:奈良県天理市布留町384


 

 

 

 

 

 

 

天界に咲く花を愛でる

花鳥風月~美しい自然の移り変わり~ 豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。

秋分

 

天界に咲く花

9月20日に彼岸入りし、23日には秋分の日を迎え、さわやかな秋風が吹く心地よい季節です。そして、自然の草花では、彼岸花が咲き乱れる頃となりました。

彼岸花

彼岸花は別名、曼珠沙華(まんじゅしゃけ)。これは、サンスクリット語でmanjusakaと呼ばれており、天界に咲く花という意味だそうです。

お彼岸の季節に咲くということもあり、旬なきれいなお花を見に埼玉県にある巾着田に行ってきました。

神秘的な赤に包まれ

彼岸花3

 

 約500万本の彼岸花(曼珠沙華)が咲き誇っている巾着田にある巾着田曼珠沙華公園内。入るなり、一面に広がる赤くひろがる景色は、なんとも神秘的です。

彼岸花4

「天の花」といわれるゆえん、 おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典によるものだとか。

彼岸花5

花をみると、どの花も上へと向いている姿をみると、まるでほんとうに天で咲いていた花が降ってきたようにもみえます。

 

葉見ず花みず

彼岸花6

花のあとで葉が伸び、冬と春を越して夏近くになると葉は消えてしまい、花と葉を同時に見ることはできない。そのため、花のある時期には葉がなく、葉のある時期には花がないという特徴から、「葉見ず花見ず」と呼ばれています。
大輪の花が咲いているのに葉がないのは見ていてもなんとも不思議で、そこにより神聖なものを感じるのでしょうか。

 

天からの喜びを感じる

DSC_0678

実は、仏教の教えでは天界に咲く花には、蓮の花なども含め四華・五天華あり、その一つがこの曼珠沙華になります。

仏陀が法を説こうとすると天の神が喜び、それに答えるかのように天界に咲く花が喜びを祝い天から降り注ぐ、それが五天華だとか。

彼岸花8

 教えでは、曼珠沙華は、「この花を見ると自ずからと悪業から離れられる」という天界の花だそうです。

この悪業は、人様に迷惑をかけたりする犯罪ななどだけではなく、日ごろのしみついた悪い習慣のことも含まれるのでしょうか。

そういう意味もこめられていると勝手に信じ、秋分を迎え新たな季節をむかえた今、染みついた悪い習慣をぬぐいすて、良い習慣を身につけていきたいものですね!

 より早い時間に起きてお散歩の時間を楽しむ習慣であったり、瞑想を習慣づけたり・・、お香を焚いたり・・・・!

習慣が人生を創るともいいますしね。

彼岸花9

 皆さまにも、これらの写真をつうじ曼珠沙華の教えが伝わり、新たな季節が新たな気持ちでスタートできると幸いです。

 

 

 

旬の花を愛で

彼岸花10

 そして、何よりもぜひ巾着田へも足を運んで直接観賞してみてください。今がまさに見頃だそうです!

巾着田

 

 


巾着田2

巾着田曼珠沙華まつり

場所:埼玉県日高市大字高麗本郷125-2
URL:http://www.kinchakuda.com/

 


 

 

 

 

菊にあやかり長寿を願う、重陽の節句

花鳥風月~美しい自然の移り変わり~ 豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。 

 

長陽の節句_菊

 

重陽の節句

9月9日は、重陽の節句。五節句のうちの一つですが、この重陽の節句は耳慣れない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

中国の風習と日本の風習が合わさった「節句」

そもそも、節句とは季節の折目節目、つまり“季節の変わり目”のことを意味しており、古代中国(唐時代)の暦法で定めれた季節の節目でした。

古代中国では陰陽説が尊ばれており、陽(奇数)が重なると陰になるとして、暦の中で奇数の月と日が重なる日をとりだし、陰を避けるため季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓っていたといわれています。 この中国の暦の影響をうけて、古代の日本の朝廷も年中行事として定め、その風習が日本の農耕を行う人々にまで伝わり、人日(1月1日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日)が五節句と定められ、宮中で邪気を祓う宴会が催されるようになったそうです。

邪気を祓い、新節を清い体で

いずれにせよ、前述したとおり節句は季節の変わり目であることにほかならず、体調をくずしやすい時でもあります。 現代は医薬が充実していますが、未発達であった古代の時代で考えれば、邪気を防ぎ健康を保って季節の変わり目を乗り切るということは切実な願いであったと思います。 そこで、季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うことが行事化され、前節までに身につけた穢れを祓い、新節を清い体で乗り越えようと考えられたのがことのはじまりです。

 

菊にあやかり長寿を願う

最大の陽数である「九」が重なるため重陽の節句といわれますが、「菊の節句」とも言われており、秋の深まるこの時期に鮮やかに彩る菊の花にあやかり長寿を願う行事が平安宮中に行われていました。

 

 観菊の宴

 

長陽の節句_菊酒」

菊を愛でながら、菊酒を呑みかわし、詩歌を詠んでは楽しむという「観菊の宴」。

菊の花と葉を穀物に混ぜて作られ、菊の花を浮かべるなどしてふるまわれた菊酒は、菊の清々しい香りと花の気品の高さによって邪気を祓い、寿命を延ばすと考えられ、互いに長寿延命を願いなが盃をかわしていたそうです。

桃の節供の桃酒、端午の節句の菖蒲酒とおなじように邪気払いとして呑まれますが、この菊酒が一番呪力が高いともいわれていたそうです。想像するにきっとこの菊酒は、お屠蘇のようなもので、ガブガブ呑むようなお酒というよりは一杯のお酒に願いを込めて呑んでいたのではないでしょうか。菊の花を浮かべるというのもなんとも風流なものですね。

 

 

被せ綿

菊

前日の夕刻に菊の花に真綿をかぶせて、庭にだしておくと、翌朝にはしっとりと朝露で菊の香りとともに真綿に染み込みます。この菊の香りもしみこんだ真綿で肌をふくと、肌が美しくなり、また長生きできるという、お祓いと長寿の願いをこめられた宮中の行事でした。

 

紫式部日記にもこの被せ綿について詠まれている歌があり、宮中の女性たちの心が今の女性にも伝わってくるものがあります。

 

 

香りで清める、それは心をも清める

 

「観菊の宴」「被せ綿」から共通してみえる菊の香り。感じ方は様々だと思いますが、菊の香りは清々しい香りで、まるで禊をした気持ちにまでさせてくれる清涼な香りです。

 

 

このごろの 時雨の雨に 菊の花     
      散りぞしぬべき あたらその香を

 

 

[この頃の時雨の雨に、菊の花は散ってしまいそうだ。 惜しいことにこの雨で芳しい香りも消えてしまうのだなあ。] この歌は、桓武天皇によって詠まれており、菊を詠んだ和歌としては最も古い歌であり、菊の香りが消えてしまうことを惜しまれている気持ちが伝わってきます。

 

長陽の節句_菊

目に見えない香りに静かに心を傾け、息づく自然の生命、自然の美を感じとる。今こそ大切にしたい心であり、心落ち着かせながらその香りを感じとることが、おそらく何よりも心を落ち着かせ、清らかにさせてくれたのではないでしょうか。

 

 

 

 

ここ連日、台風の影響もあり大雨に見舞われ、一雨ごとに寒暖の差が生じてきています。まさに、「節句」の所以である季節の変わり目であると感じる今日このごろです。
菊の節句にならい、菊の力で夏の疲れなども含め穢れを祓うかのように、時節柄くれぐれも御身おいたわりください。

 

歌舞伎界、落語界、香道で多岐に使われている「香盤」という言葉

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

 

IMG_20150708_154147

先日の落語の話の続きです。

 

 

コウバン

先日の独演会の会場の中でのことでした。開演する前にに聞こえた会話のなかで、「三遊亭のコウバンは、今は~」と。後半は聞こえなくなってしまったのですが、ふとこの言葉が耳に残り気になりました。

『コウバン・・・・?! 交番?降板?どういう意味だろう・・』

 

気になったので、休憩時間中に知人の同じく鳳楽師匠の長年のファンの方に伺ったところ、教えてくれました。

「コウバンは、噺家(芸人)の序列のことだよ!」

聞くところ、漢字は「香盤」と書くそうです。これを聞いた私は、まるでこれはお香と同じではないかととてもびっくりしました。

 

 

 

落語の世界で意味する『香盤』とは

 

あらためて、上述のとおり落語の世界では噺家の序列のことを『香盤(こうばん)』と呼ぶそうです。落語協会内部でつくられているそうで、この序列による上下関係により、坐る位置や寄席の割りなどを決めるそうです。

 

例えば、この序列。まずは、師匠のもとに入門して見習いのタマゴである「前座見習い」、そして「前座」、「二ツ目」、そして約10年ほど二ツ目を努めるとようやく「真打ち」につけるそうです。ただし、「真打ち」になったから安泰ではなく、一生修行して磨きをあげていくのが真の落語家であるという言葉が印象的でした。

私が会場で聞いたあの会話は、この香盤を意味しており、おそらく今日の独演会では誰が前座で、二ツ目なのかを話していたのかもしれませんね。

 

※(余談ではありますが)後で調べて知ったのですが、江戸落語ではこの香盤が公になっているのですが、上方落語では香盤は存在するそうですがそれが公にはしていないそうです。公開してしまうと、ペナルティとしてその落語家の香盤を下げてしまうとか。理由が気になります。

 

 

 

そもそも「香盤」とは

 

さて、この「香盤」。落語会で意味する“コウバン”の漢字を聞いて驚きましたが、字のごとく、「香」の「盤」。 香道に使われる香盤とまるで同じなのです。

香道では、一片の小さく刻んだ香木を炭を中にいけこんだ灰のうえに、銀葉(ぎんよう)というガラスみたいな薄い透明の板にのせて香りを聞きます。 お作法として、香を焚く前にこの銀葉を乗せたり、焚き終わった香を銀葉ごと置いておくために使われるのがこの香盤になります。

この香道で使う香盤と、落語界で意味る香盤がどのようなつながりがあるのか・・・。

 

 

 

歌舞伎界で意味する「香盤」

調べてみると、落語会だけでなく歌舞伎界でも「香盤」があるそうで、実際は「香盤表」という言葉で使われているそうです。 意味は二つあり、一つは製作スタッフの方たちが配役を書き込んで使う「一覧表」、もう一つは「客席の座席表」を意味するそうです。

 

 “縦横の線で作った升目の右端に演目・場面、下に一座の俳優名が並んでいます。俳優が出演する演目には、升目に役名を書き入れ、各演目のどの役に誰が出ているか一目でわかります。”
(引用元:歌舞伎公式サイト
http://www.kabuki-ito.jp/kabuki_column/todaysword/post_172.html

 

私はこの香盤表の実物をみたことがないので推測でしかないのですが、この配役の一覧表が碁盤の目のようにしきられており、それと同じように香道でつかう香盤も升目のように縦横で配列されている盤なので・・・・それに似ているというところから香盤という言葉を選んだのでか。

 

 

 

歌舞伎界、落語界、香道で多岐に使われる「香盤」という言葉

もはやここまでくると・・・・すべて憶測でしかないのですが、落語界で意味する香盤ももとは相撲の番付のように横綱を筆頭に、関取などが書かれているように、碁盤の目のような整列された表に「真打ち」「二ツ目」「前座」と書かれていたのかもしれません。

 

 「香盤」という言葉一つで、業界を越えて多岐にわたりそれぞれの意味で使われているのにあらためて驚きを感じているのと同時に、日本の代表する芸能・芸道文化が言葉で横につながっているところになにか歓びも感じます。

 

 

 

知れば知るほど奥が深く楽しい世界。落語はまだまだ足を踏み入れたばかりではありますが、香道にしろ、歌舞伎にしろ、落語にしろ・・・・長い歴史をもちもはや日本の文化の一つでもある世界を気軽に楽しめるこの地にいれることに感謝です。

 

 

 

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2 / 512345