(長月)新月の夜

花鳥風月~美しい自然の移り変わり~
豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。

(長月) 新月の夜

今宵は、新月の夜。

一雨ごとに秋色加わり、虫達の声もにぎやかになって参りました。もうすっかり季節は秋ですね。

 

伸びた枝葉を整えるとき

今年の夏は太陽があまり顔をださず曇りがちな天候が続きましたが、そんな天気でも木々を見ていると伸び伸びと枝葉を伸ばし緑が深まる姿をみせてくれました。

しかし、9月にはいり秋めいてくると『もっと!もっと!』という成長するエネルギーは落ち着き、少し小休憩しているかのようにも目に移ります。それはまるで、今まで夏の力をかりて成長することに注力してきた分、ここで少し落ち着きを取り戻し、何が必要で不必要なのか、溜まってきた不要なものを選別するための、これから紅葉のシーズンが本格的に入るまでのしばしの休憩かのようにも見受けられます。

 

これまでの軌跡を振り返る

八月の満月の時は「自分の限界を超え、挑戦する!」という外へ外へという意識がはたらきましたが、季節の変わり目となる今の時期はふと立ち止まり、これまでの軌跡をしばしの間振り返るときのように感じます。

それはまるで、枝葉が伸びていき繁々となってしまい体裁が整わなくなり、その不要な枝や葉を刈り取るために、何をそぎ落としていくのかというのを決めていくステップのようにも思います。

夏まではこうして頑張ってきたけど本当にこれでいいのか?!とこの先の漠然とした不安の思いや、あの人はこんなに伸びたのに自分はこれしか・・・という相手と比べてしまい自分を卑下してしまう思いであったり。

 

また一方で、木々の周囲は雑草に覆われ鬱蒼としまうように、雑草を刈るという作業もにも共通する部分があるのではないでしょうか。それは、部屋の中がモノで散らかってしまったり、デスクの上が書類だらけになっていたりすることも。

 

このように、心・体・空間の中で、不必要になったもの・乱れてしまったもの等を整えていく。

そうするだけで、これからの秋の深まりのなかで、今まで培ってきたものがきちんと実っていくことだけにエネルギーがつかわれ、より大きな実りとなっていくのではないでしょうか。

 

 実りある秋にむけて

ついつい駆け足のように日々を暮らしていると、自分の心の声に気づかず、なんとなく漠然と感じてしまう不安や悲観的な思考を感じることもあると思いますが、今日はぜひゆっくり自分の身体も休めて、ありのままの自分の心の声に耳を傾けるのにちょうどよい時だと思います。

頑張ってきた自分をきちんと認め、称える。そして、一方で自分を卑下したり不安な感情がでてきたら、その感情と向き合い、『そう思っていたままでももしかたがない』とその気持ちを吐き出す。

また、自分がこれからも伸びやかに暮らしていけるように、生活空間を片付けきれいにする。

今宵は新月。満月で満ちてきたものがゼロになるので、何かをリセットしたり、始めたりするのに最適な日です。

そもそもお香には、「身も心も清らかにし」「よく穢れを取り除き」という功徳・効能があります。これからの実りあふれる時を迎える前に、お香を焚き心のモヤモヤを煙とともに吐き出し、空間を清らかにする。心・体・空間の中で不必要なもの、乱れたもの等を整えていくことを意識して過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

これからの秋の深まりのなかで今まで培ってきたものがきちんと実り、より大きな実りとなっていく。そんな心の後押しをしてくれる新月の夜を、Juttoku.の新月の香が貴方さまに寄り添えましたら幸いです。

 

すてきな新月の夜を、秋の夜長とともにお楽しみください。

 

(葉月 )満月の夜

花鳥風月~美しい自然の移り変わり~
豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。

(葉月) 満月の夜

今宵は、満月の夜。昨日まで台風に日本全土が見舞われ・・・満月の夜を楽しむことができないかと天を仰ぎ見ていましたが、願いが通じたのか台風一過の晴れ晴れとした天気に。

ようやく梅雨明けしたかと思いきや、なかなか晴れ晴れとした夏の空には恵まれない中で久々に真っ赤な太陽が顔をのぞかせてくれると暑さも我慢できるようなにこやかな気分になります。

思い切り羽を伸ばす

春に新緑の青々とした木々の葉も、夏になるとより深みを増した青緑となり、太陽の光を全身で感じたいと思わんばかりに伸び伸びと大きく成長している草木を眺めていると、なんともいえない自然の大きな力を感じます。

そんな躍動感をも感じる木々の成長は、「己への制限なんぞ何もない」という声をも聞こえてきます。

大人になると様々な経験を重ねていきそれが良い経験にもなるのですが、ときには過去の失敗や恐れという負の経験などからどことなく自分自身の可能性に蓋をしめてしまう思考の癖がでてきてしまうことも。

しかし、失敗という負の経験もそこで立ち止まったら永遠に終わり。そこからどう這い上がり、乗り越えていくかに真の学びがあるのではないでしょうか。

立ちふさがるものは何もない! たとえ台風の強い雨風で枝葉が折れようとも、そこで屈せず、また少しずつ枝木を伸ばしながら葉の芽をはやそうとする自然のダイナミズムが大きな自然の手本です。
今宵は満月。心の内に秘めてある恐れや不安を、満月の光で照らしだし、そんな思いも吐き出してみてください。 自分で勝手に作った思考の制限を隠れみのにせず、思いきり挑戦を楽しむ!そこからまた開かれる人生もあると思います。

そんな心の後押しをしてくれる満月の夜を、Juttoku.の満月の香が貴方さまに寄り添えましたら幸いです。

すてきな満月の夜を、そして残りの夏をめいいっぱいお楽しみください。

 

中秋の名月

花鳥風月~美しい自然の移り変わり~ 豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。

dsc_0654

秋の気配

朝夕日毎に涼しくなってきました。
盛夏の頃よりもだいぶ日暮れが早く感じたり、また、仕事からの帰り道には、懐かしい虫の声が鳴きはじめ・・・・蒸し暑さからようやく解放された安らぎを感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さえざえとした夜空に月も星もくっきり輝き、秋の虫の音やそよ風から秋の気配がすぐそばに感じられます。

 

中秋の名月

秋澄む夜空にくっきり浮かぶ秋の月、特に旧暦の葉月15日夜の満月を「中秋の名月」「名月」「十五夜」と呼ばれており、一年の中でもっとも美しいといわれております。

今宵は、そんな「中秋の名月」の日。

秋澄んだ夜空にはえるお月様を愛でるときですが、このならわしは、唐の時代に中国から伝わってきた月見の祭事と、古来日本にあった月を祀る慣習が合わさったものです。

古代には欠けのない満月を豊穣の象徴とみなしていたともいわれており、秋の実りに祈りを捧げる行事でもあり、平安時代には貴族たちが舟遊びをして水面に映る月を眺めたり、杯に月を映したりして楽しんでいたそうです。

 

豊穣の月への捧げもの

月見

この季節は、多くの作物が実る豊穣の時であり、「時満ちて実を結ぶ頃」と満月の「月が満ちる」ということも重なり、月に感謝する特別な日です。

お月様にはこの時期が旬の野菜や果物、また里芋などのほかに、満月を表す団子を三方に奉書紙を敷いたうえに並べてお供えします。その隣には、豊穣をもたらす月の神様の依代と考えられてるススキの穂もしつらえます。

これらお供え物はお月様に捧げるとの意をこめて、月の出る方角へ正面をむけてお供えします。月から見て左が上座にあたるため、左に里芋などの秋の収穫(自然界の盛り物)を、人工のお団子は下座である右側にしつらえます。

ススキの穂は稲穂に見立てたもので、その秋の豊作の祈り、田の実りへの感謝を捧げます。また、葛などの蔓のある植物を飾ると、月の神様に通じるという意味合いもあるのとか。

 

自然界へ「感謝」

ここ東京は、生憎曇り空なので、きれいに月を眺めることができるか・・・気がかりではありますが、こうして「お月見」の習わし・理由を知ると、今夜は特別な夜な気がします。

現代の日本の暮らしでは、昔の方に比べては格別にあたかも簡単に野菜など食べ物を手にすることができますが、その背景には様々な働きをしてくださる農家の方、運搬してくれる方、そして、流通して販売してくださる方など多くの方々のおかげであります。
また、同時に、これら作物が美味しく実るには、太陽や雨などの天候、自然の働きがあってこそ。

今宵はぜひ香を焚き清らかな空間の中で、月見をしながら、自然や目に見えないけれどもこうして支え合っている社会への感謝の気持ち、そして・・・祈りを捧げてみてはいかがでしょうか。

すてきな月夜をお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

dsc_0656Juttoku.の「印香 満月」は、現在下記のイベント内にてお取り扱いいただいております。
◆ 銀座三越 7階 ジャパンエディション内
◆ 日本橋三越 本館 5階 ギャラリー ライフ マイニングスペース内 「月のワルツ展」

もしよろしければ、ぜひお立ち寄りください。


 

 

 

 

 

【月と呼応した暮らし】新月_2015年水無月

 

水無月_新月

天空に輝く月の満ち欠けは、周期的。月が見えない夜もあれば、神々しく輝く満月の夜もある。自然と共に暮らすということは、まさに自然がきざむ時とともに暮らすこと。

そんな今宵は、『新月』。

揺れ動く心はまるでコップの中の泥水のよう

梅雨の時期は、天候が気持ちにまで影響してしまい気分がスッキリしない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 気分がふさぎ込んでしまったり、時にはどうしていいのかわからない先がみえずとりとめもない不安な気持ちにかられてしまったり・・・。心は様々な感情によってたえず勝手にゆれ動き、ざわめき、ほおっておけばどこへいってしまうかわからなくなるときも。

そんなゆれ動く心は、まるでコップの中の泥水のよう。

心の中の泥水は、何かのきっかけで水が動くと、泥が舞い上がる。しかし、コップを動かさずおいておくと、やがて泥は沈み、水が透きとおってきます

夏至の大祓いをまえに、自分自身と向き合う

 半年のうちに心身に付着した罪穢れを祓い清め、残る半年も事無く過ごすことを願う夏至の大祓いも間近となり、今宵はぜひ、ゆれ動く心を落ち着かせながら、目を閉じ静かに自分自身と向き合ってみてはいかがでしょうか

 

静けさの中に安らぎを得ることができるお香は、そんなあなたを後押ししてくれます。香を焚き清らかな空間の中で、この半年を振り返り、そして残る半年をどう過ごしていきたいのか自分に問いてみるのもいいかもしれません。

 

心静まれば、きれいな満月が

 水面が波立っていると月はゆがんで、本当の姿が映らないですが、自分自身と向き合い心静かに落ち着かせれば、おだやかに静まった水面となり、きっと来月の満月がまん丸ときれいに映るのではないでしょうか。

 今宵は香を焚きながらゆっくりとした時間を過ごすなかで、自分自身と向き合う特別なひと時をお過ごしください♪

 

 

 

 


[今日のオススメのお香]

68139642

 Juttoku.
スティック香 新月

「新月」にあわせて調合した香り 。メリッサ/レモングラス/インド産白檀

 

 

 

 

 

 

 

【月と呼応した暮らし】新月_2015年皐月

新月1

天空に輝く月の満ち欠けは、周期的。月が見えない夜もあれば、神々しく輝く満月の夜もある。自然と共に暮らすということは、まさに自然がきざむ時とともに暮らすこと。

そんな今宵は、『新月』。新月は「新たな始まり」のときであり、何かをリセットするのに最適な日といわれています。また、直観が冴え、イメージしたものを現実化しやすいとも言われています。

週初めの月曜日の夜、今夜は香を焚きながらゆっくりとした時間を過ごすなかで、自分自身と向き合うひと時をお過ごしください☆

 

 

 


 

[今日のオススメのお香]

68139642

Juttoku.
スティック香 新月

「新月」にあわせて調合した香り 。メリッサ/レモングラス/インド産白檀

1 / 212