~香十徳~ 悠久の時をこえて通じる香の効用

皆さま、こんにちは
Juttoku.のブログをご覧いただきありがとうございます!

さて、この度は各方面より開店のお祝いのご連絡をいただきありがとうございました!
創業から早5年が経ちますが、こうしてようやくお店をもつことができるのも、
日頃ご愛好いただいてるお客様を始め、そして、支えていただいてるスタッフの方々、
何よりも、尊敬してやまないお世話になってる職人の方々のお陰です!
本当にありがとうございます。

さて、今日はあらためて「Juttoku.」についてご紹介させていただきたいと思います。

 

 

Juttoku.とは・・・・「香十徳」の言葉に機縁

古来より伝わる、香の十の効用を記した「香十徳」。
この教えを現代のライフスタイルに結び付けたいという思いから「Juttoku.」は生まれました。

main_img2

1. 感格鬼神       感覚が研ぎ澄まされ
2. 清淨心身       身も心も清らかにし
3. 能除汚穢        よく穢れを取り除き
4. 能覺睡眠        よく眠りを覚まし
5. 静中成友        静けさの中に安らぎを得
6. 塵裏偸間        忙しいときにも心を和ます
7. 多而不厭        多くとも邪魔にならず
8. 寡而為足        少なくても十分香りを放つ
9. 久蔵不朽       年月を経ても朽ちず
10. 常用無障       常用しても無害

一休さんがまとめたといわれている香十徳

 

この「香十徳」は、あの一休さんでお馴染みの”一休宗純”がまとめあげたといわれております。

一休宗純は、京都にあります臨済宗の大徳寺のお坊さんでした。
この大徳寺は、香道の志野流と縁が深かったようで、そこでの機縁があったと
いわれています。

日本の誇るべき香りの文化

そもそも、日本には室町時代よりも前から香りの文化があり、
日本での香の歴史は長いのです。

日本でのお香の歴史は長く、伝来した当初は邪気をはらうために。その後、平安時代には、
貴族たちの美しさの演出の一つになり、鎌倉時代には精神統一のために用いられ、
江戸時代以降一般にも浸透して行きました。私たち日本人にとって古くから馴染み深いもの
です。

そのため、一休宗純がまとめあげた「香十徳」は、既に暮らしの中に香が溶けこんでいた当時の人々は、何気なく感じていた香の良さというものを、「そのとおりだね!!」「よく、明文化してくれた!!!」と感じられたのではないでしょうか。

そして、その後も時代をこえて、様々な形で香を生活の中にとりいれ、
香り溢れる暮らしを送っていました。

悠久の時をこえて今も通じる香の効用

時は変われども、この「香十徳」の教えは、慌ただしく何かに追われる現代の
私たちにこそ大切なものではないでしょうか。

1. 感格鬼神        感覚が研ぎ澄まされ
2. 清淨心身        身も心も清らかにし
3. 能除汚穢        よく穢れを取り除き
4. 能覺睡眠        よく眠りを覚まし
5. 静中成友        静けさの中に安らぎを得
6. 塵裏偸間        忙しいときにも心を和ます
7. 多而不厭        多くとも邪魔にならず
8. 寡而為足        少なくても十分香りを放つ
9. 久蔵不朽       年月を経ても朽ちず
10. 常用無障       常用しても無害

 

心ときめく香りが誘う空間の中で、心身ともに安らぐ静かなひと時を過ごすことで
感じ取れる喜びや幸せがあると思います。

それは、悠久の時をこえて、先人たちも同じように香を焚きながら感じ得ていたことでしょう。

日本の古からの香文化を未来へ紡いでいく

 

『香は人に徳をもたらす』。
「Juttoku.」は日本の古からの香文化を未来へ紡ぎ、
香りによる“心豊かな”暮らしをご提案してまいります。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

「鬼は内~福は内」~鬼も神としてお迎え~

こんにちは。
Juttoku.ブログをご覧いただきありがとうございます!

 

 

 昨日は、無事に約束通りの時間に天川につくことができました。
「2月は一番冷え込むときだから、厚着して気いつけて、来いやぁ~」という
お言葉をうけて、2重にも3重にも着重ねてきた私ですが・・・、
拍子抜けしてしまうぐらい、天川も春めいた陽気で、コートなしで歩けるほどでした。
(ちょうどこの日は、全国的に4月下旬並みの暖かさだったみたいですね!)


さて、この日は打合せがおわったあと・・・、
19時から行われた「鬼の宿」という御神事に参加させていただきました。

IMG_9697

「節分」~新しい年を迎える準備~

ついこの間、新年を迎え、1月はまだまだあると思っていたのもつかの間!
あっという間に、2月を迎え、今日は「節分」です。

通常「節分」は、新しく迎える一年の始まり(立春)を前に、
これから始まる、新しい一年が、不幸や災いが無い一年になりますように』と
無病息災の願いをこめて、立春の前日の2月3日に、行う行事です。

(参考までに)

「節分」と聞くと、立春前の2月3日だけだと認識されている方も多いかと思いますが、
本来は、季節の変わり目にあたる立春、立夏、立秋、立冬の前日が全て節分と
されていたそうです。歴史の流れの中で、室町時代から、一年の節目にあたる春の節分に重きが置かれはじめたとのこと。
やはり、“春”が年のはじめりが気持ちが引き締まるのでしょうか・・。

季節の変わり目には悪鬼が出てくる


いろんな諸説があると思うのですが、私が聞いて学んで納得したのが、こちら。
陰陽道では季節の変わり目には悪鬼が出てくるといわれ、豆を擦る音が僧侶の数珠をする音に似ていていることから「鬼は外、福は内」のかけ声を声高らかに発することで、「魔滅」になると信じられてきました。” (釈老子より)

そのため、多くの皆さまが、「鬼は外~、福は内~」と豆をまかれたのではないでしょうか?

「鬼は内~、福は内~!!」 あれ?鬼は外~ではないの?!

しかし、ここ天河大弁財天では、節分前の2月2日の夜に「鬼の宿」という神事をとりおこない、
鬼をわざわざ迎えいれ、翌3日には、「鬼は内~、福は内~!」と唱えながら、豆をまくのです!

その所以とは・・・・

 [天河神社HPより、一部抜粋]
○天河社社家は、役行者の供に祀られております前鬼、後鬼の子孫と言い伝えられており、節分祭宵の晩『鬼の宿』として、先祖である鬼(神)をお迎えします。かつて天川の民が新しい年(節分)を迎える前夜、里宮を通して祖先の霊を迎えた古い信仰の名残りともいわれる神仏習合の神事です。

○この神事は、神社の社殿ではなく、役行者に仕え大峯山開山を助けた鬼の子孫と伝えられる社家の民家の中で斎行される点。そして、夜更けから深夜にかけて厳かに斎行される点がこの神事のユニークな点です。

このように、天河大弁財天では、得て嫌う「鬼」を、邪気だといって豆をまいてはらうのではなく、「神であり先祖であり、お迎えするもの」として、鬼(神)を節分前夜にお迎えします。

神聖な儀式である「鬼の宿」

神でありご先祖様でもある鬼を迎えいれるご神事は、日本でもここ天河弁財天のみと
いわれております。

節分前の前夜。社殿で神事が執り行われたあと、そのまま松明に火をともし、
神官のあとに続いて、宮司様のご自宅に向かいます。
「鬼の宿」といわれう所以は、ここにあり、遠い先祖でもある鬼(神)さまを迎え入れる
ために、布団を二枚ひき、おにぎりをそなえて、祝詞やお経、ご真言を唱え、お招きします。
その間、神官は鬼(神)様がつかう井戸水を汲みにいき、その聖水がはいった桶
お部屋の中に置きます。 

クライマックスは、ここから。明朝。
聖水が入った桶の中に、砂などが入っていたら、鬼(神)様がいらっしゃったというサイン。
入っていれば、滞りなく鬼(神)様をお招きすることができたということで、神事を修めること
ができるのですが、もしも・・・・はいっていなければ、
宮司様にその力がなくなったということで、宮司職を辞することになり、翌日の節分祭を
執り行うことができなくなるのです。

「鬼の宿」は神聖な儀式であるゆえに・・・・

実は、上述した内容は天河の方々に聞いたお話です。
なんと・・・今年からは、「鬼の宿」のご神事は神官のみで行われることになったそうです。

お話を伺うと、年々神事に参加される方々が増えてきて、
宮司様の自宅にはいりきれなくなったなどがあるとのこと。
おそらく、神聖でなおかつたいへん厳かな儀式であるがゆえ、きちんと聖域を守られた
のでしょう。

そのため、今年からはご神事は、拝殿にて鬼(神)様を招き入れる儀式のみが行われ、
「鬼の宿」となる神事には禰宜様と権禰宜様はじめ、数名の神官の方々が
松明をもって、宮司様のご自宅に向かわれました。

神へと祈りを伝える香の役目

2月2日、19時。
拝殿に集まった人数は、延べ80人強なのではないでしょうか。
山間部なのにもかかわらず、多くの方々が続々と集まってきました。

拝殿を前に、真ん中に護摩焚きのスペースがあり、それを囲むように、みんな並び座ります。
場を清めるために、まずは香が焚かれ、ご神事が始まります。

細かい描写は、ここでは控えさせていただきますが、この神事に参加させていただいて
あらためて感じたのが、「香」の役割です。

杉の葉が敷かれた上に、護摩木がきれいにつまれ、火がつき、
そこに祝詞やご真言を唱えなから、香も火の中にいれられます。
暗闇の中、炎の光と、そしてそこから放たれる幽幻な香りで包まれ、
燃え上がる炎と、そして、香からはなつ煙が、上へ上へとのびあがる光景は、
なんとも、神がかりてきな空間でした。

今度ブログで、詳しく書かせていただきたいと思いますが、
歴史の文献では、古代の人々は香りに”神秘の力”を感じ取っていたと。
そのため、古代社会の原始宗教でも、祈祷師や魔術師は、
香を焚いて、神に祈りを捧げていたそうです。

何千年もの時が経っても、香の役割が変わらない。
神事に参加しているあいだは、悠久の時の流れの中にいるかのようでした。

IMG_9662

この写真は、すべて神事が終了したのち撮影させていただきました。

IMG_9670

 宮司様に呼ばれ、近くにいってみると・・・・びっくり・・・・!!
Juttoku.の印香、「ハート」と「松竹梅」が焚かれておりました。

古の時代から続くものと、現代が織りなす瞬間に感じ取れ、まさにこれはJuttoku.の思いそのものであると感慨深く感じたのと同時に、
何よりもこのような神聖の場に焚いていただき、香を扱うものとして、大変嬉しい限りでありました。

“鬼”のような強いパワーを吸収!


今回、こうして初めて参加させていただいたご神事でありましたが、「鬼」といって毛嫌い払うのではなく、そこに”神”として上げ祀るところに、日本人の精神性の奥深さを感じ取ることができました。


神官の方から、『こうして鬼を招きいれることにより、皆様の中にも“鬼”、つまり、“強いパワーと厳しさの象徴 ”を迎えることができました! 心身を清め、新たな気分で新しい年をお迎えくださいね!』とお声をいただきました。

皆様にとっても、新しい良き一年になりますように・・・!
祈念して・・・・、
本日のブログはここまでとさせていただきます。 
最後までお読みいただきありがとうございました!

【日本の聖地巡礼】 大神神社

皆さま、こんにちは。
いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今日は、前々から行きたかった『大神神社』に参拝に行ってまいりました。
午後から天川でアロマの商品の打合せがあったので、
それまでに間に合うようにと・・・朝4時に起きて、朝一の新幹線に飛び乗り、
行ってまいりました。

 

IMG_9594

御神体は三輪山。日本最古の神社といわれる神社。

『大神神社』は、日本最古の神社といわれており、
「古事記」や「日本書紀」にも記載されている三輪山をご神体とされている、
由緒ある神社です。

なぜ、この神社にどうしても行きたかったかというと、
日本の香の始まりが、日本書紀にも記載されていることもあり、
去年の夏は、「古事記」「日本書紀」をひたすら読みあさっていました。
その際、重要なシーンの一部でもある、大国主の神が一緒に国造りをしていた
少彦名神が常世の国に返ってしまい、一人でどうすればいいのか・・という
中で、三輪山が重要な場所になるのです。
それ以来気になってしかたがなかったのです。

凛とした神聖な神域

京都から近鉄線の乗換がスムーズにできたため、奈良の大和八木駅に着いたのは、
朝の9時30分ぐらい。 駅からレンタカーを借りて、約15分ほどで到着!

日曜日ということも重り、参道には屋台や出店がでていて、
朝から多くの参拝客も列をなし、賑わいのある感じでした!

しかし、「二ノ鳥居」をくぐると、そこは今までの空間とは、まったく違う
凛とした神聖な神域へと変わりました。

IMG_9596

大神神社の参道は、鬱蒼と木々が繁り、風になびいて杉やヒノキの木々の
香りが心地よく、
心の中までも清らかにしてくれるかのようでした。

 

拝殿の後ろにあるご神体「三輪山」

 IMG_9604

拝殿前の最後の鳥居は、古代から建立されていると思わせてくれる
珍しい形です。
横木がなく、2本の縦柱間に大しめ縄が張り巡らせています。

 

IMG_9617

神社の中でも重要な「本殿」がない大神神社は、拝殿の後ろのある“三輪山”がご神体です。
現在の拝殿は、寛文4年(1664)徳川4代将軍家綱が造営されそう、江戸時代を代表する 堂々とした建物で、大正10年に国の重要文化財に指定されました。

 IMG_9612

 拝殿前に立つ「巳の神杉(みのかみすぎ)」。

“江戸時代には、「雨降杉」とあり、雨乞いの時に里の人々が集まり、この杉にお詣りをしました。いつの時代からか、杉の根本に、巳(み)さん(=蛇)が棲んでいるところから、「巳の神杉」と称せられるようになり、巳さんの好物とされる卵が、酒とともにお供えされています。”
(引用元:大神神社HPより)

御祭神の大物主神が蛇に姿をかえれたという伝承が、「日本書紀」にも記載されており、
蛇神は大神の化身として信仰されています。

この日も、『このご神木は大きな力をお持ちだ!』と仰って、熱心に手を合わされている方を
多くお見受けしました。

 

参拝後の帰りみち、苗木の販売がされておりました。

IMG_9618

境内の木々の種子を採取し発芽したもの”とのことで、
『なんてん』と『センリョウ』をいただいてきました!
お店の前の小庭園に植林させていただこうと思っています。(お店にお立ち寄りされた際は、ぜひご覧ください!)

 

 

お茶を一服。心休まる、つかの間のひととき。

IMG_9625

 偶然にも、毎月第一日曜と第四日曜しか行われていないというお茶の席がひらかれておりました。せっかくの機会ですので、三輪山の麓のこの静かな境内の中でお茶をいただきました。IMG_9632

 気づけば、朝からノンストップでここまで来ていたので、
お抹茶をいただきながら、つかの間の心休まるひとときを過ごさせていただきました。

おだしいただいたお抹茶の器は、「七草」がかわいく描かれており、お抹茶も大変おいしかったです。

 

パワースポットといわれるが、聖域が守られている未知なる空間


日本の5大パワースポットの一つとまでいわれているみたいで・・・、
せっかくの聖地が観光地みたいになっていたらいやだな・・・と思っていたのですが、
偶然なのかたまたまなのか・・・
私が参拝したときに見受けられた参拝客のみなさんは、
誰もが、必ず鳥居の前で一礼を深々とされていて、
神様にきちんと向き合われている方が多くいらっしゃったのが、すごく良い印象でした!

今回は、時間の都合で、拝殿までの参拝となってしまいましたが、
ほかにも、財宝の神様といわれる「神宝神社」や、薬の神様として信仰が深い「狭井神社」や、
女性の神様「市杵島姫神社」など、まだまだまわらせていただくところがあります。
なによりも、次回こそは、御神体である三輪山を登らせていただきたいと思っています。
(http://www.oomiwa.or.jp/nyuuzantouhai.html)

 それでは、これより天川に向かいます!

本日も最後まで当ブログをご覧いただきありがとうございました。

 

アクセスのご案内

◆大神神社◆
HP: http://www.oomiwa.or.jp/index.html
住所: 奈良県桜井市三輪1422

主祭神: 大物主大神、大己貴神、少彦名神
創建:   不明  (神話にも登場する日本最古の神社)

駐車場: 無料駐車場あり
アクセス: JR「三輪駅」から徒歩5分

 

 

 

 

 

看脚下~自分をみつめなおす~

足元 足 シャボン玉 芝生  - 写真素材
(c) AOIストックフォト PIXTA

お盆前で、どことなく東京も少し閑散としてきて、
心落ち着く日が続くかなぁ・・・と思いきや、
友人から職場での愚痴聞きがここ毎日続いています。

聞くのはぜんぜん嫌ではないですし、何よりも話を聞くだけでも、
彼女はすごくスッキリする!というのもわかっているので、
ここ最近のもっぱらの夜の日課になっています。^^

でも、毎日聞いているうちに、何か彼女の愚痴の現状に対して
埒が明かないような気がして、私もこれはただただ聞いているだけでは、
いけないと思い、ふと禅の言葉を思い出しました。

かんきゃっか
看脚下

(意味)足元を見よ。この足元とは、自分の日常生活やもっとも身近なもののこと。

「足元を見る」という言葉、今でもよくつくかいますよね。
昔、街道筋の宿場などで、駕篭かきや馬方が旅人の足元の様子を見て、
どれぐらいくたびれているか判断し、値を下げたりふっかけたりしていた、といいます。
疲労していると、いくらでもいいからとにかく駕篭に乗りたい、
馬に乗りたい、と思い、多少高くても払ってしまう。
それが転じて、相手の弱みに付け込んで利益を得ようとすることをいうようになったそうです。

さて、何が言いたいのかというと、

自分の現状というのは、なかなか気づきにくいものですよね。
ストレス・疲れがすごく溜まって、からだが疲弊しているのにもかかわらず、
髪の毛が抜けたり、倒れてしまったり何か悪い事態がおきてから
ようやく気づく。

それまでは、“自分自身” ではなく、“自分の外側”にばかり気にしてしまう。
やれ同僚・上司が悪いから、自分は被害を受けるのだ、
組織がなってないから、自分がこんなにも残業しなきゃいけないのだ・・・・、
など、「自分」が自分の生活から消えてしまい、
どこに立っているのかもわからなくなってしまう、ということはありませんか。

あの人がこうしてくれれば、あの人さえ変わってくれれば、と、
私たちはしばしば、外側に期待をかけるだけで、
問題の本質を目を向けぬままなことがあります。

そう、実は、本当の問題の所在は、自分の中にあったりするものです。

看脚下、足元を見る、つまりは自分自身を見つめてみる

朝か、夜の一人だけのゆっくりした時間の中で、
深呼吸して、自分を見つめ直すといいかもしれませんね。

私個人的には、お香もそのときに焚くのをお勧めしますが。^^;
身も心も浄化してくれるので。

さてさて、そんな愚痴だらけの彼女ですが、
この言葉にふと気づきを受けたのか・・・・、少し改善されているようです。
実は外部に問題があるとばかり思っていたのが、
よくよく考えてみると、自分からも改善していける機会があったそうで。
何か前向きな彼女になって、一安心です。

そして、靴も磨くように心がけているそうです!!
たしかに・・・・風水でも仕事運をあげるには、キレイな靴をはく!
というのがありますしね。^^
何か理にかなっていますね。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございました。

プラスのエネルギーが呼び込む幸せな笑顔

母と子 - 写真素材 (c) neco.ストック写真 PIXTA

無事に東京へ戻ってきました!

帰りは、神戸にはいってから渋滞に巻き込まれ、予約していた飛行機の便に乗れず、
一瞬あたふたしてしまいましたが、親切なアテンダントの方のお陰で、
関西空港からの飛行機をおさえていただけ、無事に帰路 につくことができました。

さて、淡路島では職人の方と入念にお打ち合わせさせていただき、
いろいろな香りをあれかなこれかなと、満足いくまで話してきました。
これからいよいよ試作つくりです!
どういう香りが放たれるお香になるか・・・楽しみでしかたがありません。

それにしても、淡路島に来るたびに、こちらの職人の方とのお話が楽しくてしかたが
ありません。優しい笑顔、優しい人柄・・・一緒にいるだけでも、心癒される方です。

この方々が作るお香のファンは、某お寺の住職さんも多くいらっしゃるそうです。
瞑想の時にかかせない、といってここでつくられた沈香のお香を焚いているそうです。
いい香りで包まれるだけでなく、その場が清められ、より深く精神統一して
瞑想にはいれるそうです。

また一方で、目に見えないエネルギーが見えるという方がお客様にいらっしゃるそうで、
この職人の方々が作ったお香を焚くと、邪気がとんでいくのが目に見てわかるし、
また、ご仏壇にそなえると、ご先祖様が大変お喜びになられている、
ということをおっしゃっていたそうです。

使い方は人それぞれであっても、
お香を焚いてその香りで、心から癒され楽しんでいただけるのが嬉しい、
と微笑みながらお話いただけました。

作る過程の中でも、こうして笑顔あふれるプラスのエネルギーがはいっている
から、プラスエネルギーがまたプラスを呼び込むのかな?
なんて思ってしまうほど・・・、
あらためて、職人の方々の心優しい人柄に触れることができる一日でした。

新作の香りの試作ができたら、また随時ご報告させていただきますね!

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございました。