「香炉」と「香立」の選び方

Juttoku.には「お香を焚いたことがないんですが、、、」とご来店されるお客様がたくさんいらっしゃいます。

お香は気になるものの、火も使うし、煙も出る、、不安に思われるのは当然です。

 

「お部屋を香らせたい」

「お仏壇に供えたい」

「瞑想に使いたい」

「ちょっと嫌な感じがするから浄化したい」

と、用途や理由は様々です。

 

皆様に安全にお香を楽しんでいただくために、よくご相談されるものの中から、「どうやってお香を焚いたらいいですか?」というお香を焚くための道具についてご案内させていただきます。

 

お香を焚くには

お香を焚くには、「香炉」もしくは「香立(香皿)」が必要になります。

スティック香を焚く場合、「香炉」と「香立(香皿)」と種類がありますが、どう違うのか、使い方など、それぞれ一長一短があります。

 

「香炉」「香立(香皿)」について

「香炉」とは

中に灰や香炉石をいれて、スティック香を差して立てたり、寝かせて焚くことができます。

 

香炉の長所

  • お部屋のイメージを変える様々なデザインがある。
  • スティック香の灰が香炉の中に溜まり、毎回掃除する必要がない。
  • 練香や香木など、他にも様々なお香が楽しめる。

 

香炉の短所

  • 灰や香炉石、掃除用のふるい網など、香炉の他に道具が必要になる。
  • 香皿に比べると価格が高いものが多い

 

 

香炉は伝統的なデザインを踏襲しているものが多く、その文様もまた楽しみのひとつです。

また灰の中に炭をいれて間接的に香料を温めることができるので、スティック型やコーン型以外にも練香や香木にも使用できます。

頻繁にお香を焚く方や様々なお香を楽しみたい方にはピッタリです。

その反面、用意するまでにややハードルがあります。

 

香立(香皿)とは

香立とはスティック香を差す土台、香皿はそれを受けるお皿のことです。セットで販売されているもありますが、それぞれ、お好きな組み合わせで使っていただくこともできます。

香立(香皿)の長所

  • シンプルなものから遊び心のあるものまで豊富で、どんなお部屋にも合わせやすい。
  • 灰や香炉石など必要なものはなく、簡単に始められる。
  • 500円くらいの手頃な価格のものからある。

 

香立(香皿)の短所

  • 灰が散らばるので毎回掃除が必要。

 

 

香立(香皿)の良さはなんといっても手軽に始めることができるところです。数百円程度の香立てと自宅のお皿でもお香を焚くことができますね。

またデザインも自由度が高く、陶器から金属製など様々なものがあるので、今のお部屋のイメージを崩さず、生活の中にお香を取り入れることができます。

 

片付けも簡単で、使用後はお香が灰になっているので、さっと拭いて片付けるか、そのまま捨ててしまえば大丈夫です。

 

あなたの暮らしに合うものを

これから頻繁にお香を焚いたり、色々なお香や陶器に興味がある方は「香炉」を。

まずはとにかく始めてみたいという方は「香立(香皿)」を選んでいただけると良いかと思います。

 

「お香」の趣は「いい香り」がするということだけではなく、香りや煙、火が作り出す、安らかな時間や空間を楽しむということです。

お香を焚くための道具にも愛着を持ち、場を整えると、より心穏やかな時間をお過ごしいただけると思います。

 

当店の香炉一覧はこちらです。

カテゴリー: お香のはじめ方・使い方 パーマリンク

他にもこんな記事が読まれています。

    None Found