【御礼】Juttoku.神楽坂弁天町店3周年目

Juttoku.店舗
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.神楽坂弁天町店。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

御礼 神楽坂弁天町店3周年目

日頃よりご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。おかげ様で、皆々様のおかげによりJuttoku.神楽坂弁天町店は2月28日をもって3周年を迎えることができました。

やや町並みから外れたところにも関わらず、こうして3周年目をむかえることができるのも、日頃よりご愛好いただいているお客様皆さまのおかげであります。誠にありがとうございます。

 

開店当時を思い返すと

この写真はちょうど3年前のオープン時の店内の画像になります。3年前のこの時のブログを読み返し、ただただ懐かしさで胸いっぱいになるのともに、この3年で店内もいろいろと大きく生まれ変わっているのに我ながら驚きを感じるばかりです。

 

石の上にも三年

振り返ると・・・この3年間もあっという間でした。会社は創業8年目にはいりましたが、創業当時はこうして実店舗をもつことになるのもまだまだ夢の先だったようにも感じます。お店を一から作るのも一つ一つが初めてだった私たちにとって、この3年間は実に学び多き年月でした。

「石の上にも三年」というのもよく言ったもので、三年目にしてようやくいろいろなことが整いようやくスタートラインに立てたような気がしています。

それは、“日々の暮らしのなかでの心安らなひと時をご提供したい”という初志にきちんと立つことができたということ。お届けする私たち自身が何よりもその心情を会得することがようやくできたというのが本音なのかもしれません。

また何よりもこうしてこの仕事に携わることができることに誇りをもつとともに、ただただ幸せを感じております。

 

感謝の気持ちをこめて「幸のお福分け」

あらためまして、こうして3周年目を迎えられましたのも皆々様のおかげであります。感謝の気持ちをこめて、ささやかながら「幸のお福分け」と称した香袋をプレゼントとしてご用意いたしました。

Juttoku.が一任している淡路島の熟練の調香師が「」をイメージして調合した香りになります。桜は寒い冬を越え、春の訪れとともに花が咲き乱れ、新しい門出を祝います。

皆々様にとっても新たに始まる年がまた幸多き年になりますように、そして、ご縁がまだ新たなご縁に結ばれますようにと祈りをこめて結った水引をおつけしております。

手紙に添える文香として、手帳やお財布、名刺入れにいれるなどしてお楽しみください。

 

 

伝統を紡いでいく

お香という1500年以上もの長い歴史を背景にもつものに携わっていると、3年というのは短いように感じますが、一日一日が紡がれていくのだとつくづく感じています。

引き続きささやかながらも、少しでも皆様の暮らしのなかで香りがくゆらぐ安らかな時をとどけできるように努めてまいりたいと思っております。

また、店内も3年目を迎え一部リニューアルしたところもあります。ぜひまた雰囲気を覗きにだけでもかまいませんので、お気軽にお立ち寄りください。

今後とも末永くご贔屓賜りますよう、お願いいたします。

 

平成29年2月28日
Juttoku.

 

 

 

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, Juttoku.店舗便り パーマリンク

他にもこんな記事が読まれています。