LOVE and PEACE

Juttoku.店舗便り
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.神楽坂弁天町店。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

アメリカからのお客様

昨日は出張兼ねて来日されているアメリカ人の方々が、お香づくり体験をしにご来店いただきました。

今までもフランス・イギリス・イタリア・モロッコ・台湾等・・様々な国の方々にご参加いただいたことがあるのですが、アメリカからのお客様は実は初めてでした*

日本に二度、三度来たことがあるそうで、日本の風土・温厚な人柄・食事がすごくいい!と仰っていました。特に日本のサービスはどこに行っても、驚くばかりだと。なにかとてもうれしいですね*

「お香」のイメージ。実は・・・

何度か来日されている中で、今回は初めての「日本のお香」という文化に触れたいということでご来店いただきました。

しかし、最初の話の中で面白いことに「実は、incenseというとヒッピーなイメージしかないんだ」ということから話は大盛り上がり。実はカナダ人の友人からもずいぶん前に同じようなことを聞いていたので特段驚きはしないのですが、あらためて聞くと、本当にそうなんだという確信へと変わり、この日本人の抱くイメージとの乖離が面白く感じてしまいました。

日本のお香の文化

日本のお香文化の歴史は1500年以上の長い歴史が紡がれてきていますが、伝来当初は仏教の教義のもと、場を清めるため、そして祈りを届けるために。そして、平安時代になると貴族のたしなみとなり、暮らしの中で香りを楽しんだり、自らの美しさ・家柄をも香りで表現するように。鎌倉時代にはいると精神統一のために用いられ、安土桃山時代をとおして江戸時代になると「香道」という芸道の領域にまで培われるようになりました。

このように、長い歴史をつうじて日本のお香文化が花開いてきたのですが、お香の原料が船舶品ということもあり貴重なものであったがゆえ、江戸時代までは貴族をはじめ皇室や武将の方々が中心としてたしなまれていましたが、江戸にはいると庶民にもひろがり、暮らしのなかで身近にお香の香りを楽しんでいたといわれています。

そのため、特段何かのグループに属しているというのはなく、一般的に社会に浸透していったからこそ日本の文化の面の一つにもなっている所以にも思えます。ただ、一方で日本ではお香というと「どことなく敷居が高い」という風に感じられる方もいらっしゃるのも事実。

そのような日本でのイメージのお話をお伝えすると、彼らも自分たちが抱くイメージとのギャップの差に大変驚かれていました。

 

国・文化は違えども

日本のお香の文化の特徴はその他にもいろいろとありますが、だから凄いのだとかそういう話ではなく、お香の香りを愛でるというのは国や文化が違えども、心安らかなひと時であるのは変わりありません。

香りを一つ一つ聞きながら、思い描くイメージの香りの世界を創りだしていく。そのステップは心を静めて、雑念なども払い落し、無の境地にひたるような感覚に似ています。

さっきまで楽しくワイワイ話していたのに、香を調合するときは、みなさん静かに自分の世界に入り込まれていました。

 

LOVE and PEACE

調合が終わると、みなさんどことなく表情がすっきりされていました。「瞑想している感覚に似ているという意味がわかったよ!」「頭を休める、というのはこういうことなのだね」と、口々に仰っていただいたのがとても印象に残っています。

みなさんが作られた香りは、“異世界に連れて行ってくれるようなイメージ”で作ったという「Magic Carpet」、“自然に帰り、心落ち着く時”というイメージの「Moss(コケ)」、“自分の故郷を思い出す”「Indian Summer」、夕焼けの海岸に潮風を感じながら鳥が気持ちよさそうに飛んでいる映像をイメージした「Summer Sea」等、皆さま思い思いの心に描かれた香りの世界を創っていただきました。

そして、最後に記念に撮影した写真はみんなで“ピース”ポーズで。

日本での写真の掛け声はなぜか「はい、チーズ」というのだよね、というところからアメリカでは絶対にしない!ということからやってみたい、ということでこのポーズに!

 

ふと思ったのはお香に限らずですが、心休まる時を愛でることができる、それが何よりも平和な証であるのかなと思いました。

 

帰り際、男性の方が「優しい気持ちになれたよ、ありがとう」という言葉がとても心に響きました。

 

LOVE and PEACE。お香から平和を感じる、そんな貴重な体験のときでした。

 

印香をつくった後の楽しみ方

Juttoku.店舗便り
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.神楽坂弁天町店。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

印香をつくった後の楽しみ方

Juttoku.店舗では、お香づくり体験を開催しております。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございます。また、少しでも「お香づくり体験」にご興味をお持ちいただいてる方も、本日のブログでは「お香づくり体験」で作っていただいた印香の楽しみ方をご紹介いたします。

 

「お香づくり体験」では皆さまに思い思いの香りを調合していただきましたが、いかがでしたでしょうか。心に思い浮かぶ香り、心が欲している香り、創られた香りはまさにお客様ならではの香りに仕上がっていると思います。

 

2~3日風当りのいいところで乾燥

さて、ご自宅に戻られましたら、印香をいれている箱の蓋を開けてください。箱の中で動かないように真っすぐ持てる袋でお渡しさせていただいておりますが、万が一、箱の中で印香が動いてしまっておりましたら、恐れ入りますが、まずは元通りすべて平たく置きなおしてください。

まずは、印香の表面を乾燥させるので直射日光を避け風通しの良い所で自然乾燥させてください。

作っていただいたその日の晩で表面は乾燥しますので、翌朝になりましたら今度は裏面を乾燥させてください。

きちんと表裏を乾燥できたら完成です。

※注意※
きちんと表裏に返して乾燥させないと、黒い斑点となったカビがつきます。どうぞこの乾燥させる期間も愛情もって接してあげてください*

 

乾燥の目安について

乾燥したかどうかの目安の一つは、色の違いです。左側はきちんと乾燥して焚くことができる状態、右側はまだ乾燥が必要な状態。

調合して原料によって色がやや異なりますが、総じて、タブ粉に水を練り合わせて作ったときの”濃い茶色”から乾燥していくと”薄茶色“に変化していきます。

 

そしてもう一つは、硬さです。 ご体験いただいた方には実際に出来上がった印香を触っていただいておりますが、きちんと乾燥した印香は硬くなります。

もし、少しでもふにゃっとした柔らかさを感じた場合は、内側が乾燥できていない証拠なので硬くなるまでもう少し自然乾燥を続けてください。

 

火をつけて香りを楽しむ

作っていただいた印香の実際の厚さや大きさにもよりますが、当店で作っていただく印香であれば大体2~3日ぐらいで乾燥し終わります。

乾燥し終わった印香は、実際に火をつけて香りをお楽しみいただけます。

まずは、不燃性のお皿をご用意ください。そして、そのお皿の上に同封させていただいたお香立を置いてください。

そして、印香の先端に直接火をつけてください。

 

上下に軽く振って、炎を消し、

 

お香立の上に印香を平行に置いて、香りをお楽しみください。

 

 

香りを楽しむ

お香づくり体験をしていただいてから実際に作った香りをお楽しみいただくまで、しばしお時間をいただきますが、ようやく完成した印香に火を灯して香りを楽しむときは、なんとも言えない至福のときではないでしょうか。

当店で開催しているお香づくり体験では実際に自分の手で作ることでお香についてより身近に感じていただきたいという想いで行わせていただいておりますが、何よりも一番は実際にお香づくりで体感いただいたように、香りを聞きながら心静めてゆっくりと自分自身と向き合うひと時をお楽しみいただきたいと思っております。

ご自宅に戻ってからも、こうして作られたお香を焚きながらしばし心を休め、心を静める時をお楽しみいただけると何よりの幸せです。
ご体験いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

Juttoku.お香づくり体験

Juttoku.店内の奥のこあがりの和室にて行っております。詳しくは、こちらをご覧ください。
Juttoku.お香づくり体験:http://juttoku.jp/exp/


 

 

 

お香づくり体験のHPについて一部リニューアル

お香づくり体験のHPについて一部リニューアル

「お香づくり体験」を当店の中で定期開催するようになってからおかげ様で約1年半が経とうとしており、累計300名以上の方々にもご体験いただきました。ご参加いただいた皆々様ありがとうございます。

さて、この度「お香づくり体験」のHPについて、今までご参加いただいたお客様のお声や様子や、また、「よくある質問」も追加掲載いたしました。

ぜひ、こちらのHPもご覧ください。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

 


Juttoku.お香づくり体験について:http://juttoku.jp/exp/


 

お子様の誕生日記念に

Juttoku.店舗便り
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.直営店の「神楽坂弁天町店」。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

お子様の誕生日記念に

本日は、フランス人のご家族がJuttoku.の店舗にお越しいただきました。

旦那様も奥様も香りが大好きで、日本に来てからお香をよく焚くようになったそうです。その中で、お香が作れる!ということと、娘さまのお誕生日ということもかねて、ご家族で思い出づくりにご体験いただきました。

 

好きな香りと嫌いな香り

6歳になる娘さま。表情がとても豊かで、原料の香りをかぎながら好きな香りには満面の笑顔で「いい香り~!」と、その一方で癖のある強い香りには目をつむって嫌だ!と嫌悪感をはっきりだすので、小さいお子様ならではの素直な姿に終始笑顔があふれるひと時でした。

オリジナルの香りを作るときには、無我夢中で香りを調合し、6歳のお子様でも十分にお楽しみいただけました。

 

思い描く香りの世界

オリジナルの香りづくりでは、ご家族それぞれ思い思いの香りを作っていただきました。

旦那様は“Asian Mountain”というイメージのもと、白檀、丁子、山奈、龍脳(少なめ)、乳香を調合し、香りは力強さと王様のような品格を感じる香りに。

奥様は“Purify(浄化)”というイメージのもと、かっこう、白檀、龍脳などを微量ずつ繊細に調合しあいできた香りは、「サラサラ~」という水の音が聞こえてくるような清められるような香り

そして、バースデーガールの娘さまは、キャンディーを彷彿させるようなポップで弾けるようなかわいらしい香りに。

三者三様の香りの表現に、旦那さまも奥さまも驚きとそして大変楽しんでいただきました。

 

心の内を知るいいきっかけに

香りを創るという部分では、表面上ではなかなかわからない心の内側を垣間見ることができます。それは、創っている本人もあらためて気づくこともあれば、長年寄り添っている中で初めて知ることであったり。

お香作りは、そんな気づきの機会をくれるのだといつも感じます。

 

フランスと日本の暮らしの違いの話や、フランスのおすすめの場所、そして、日本のお香の話など終始楽しい会話のなかで、すてきなひと時を過ごさせていただきました。笑顔あふれるすてきなご家族。これからのまた日本での生活も幸あふれるときになりますように*

 

 

 

 


お香づくり体験のご案内
~香りを聞きながら、安らぎのひと時を楽しむ~

Juttoku.で行う体験会では、お香の原料の香りを一つずつ聞いていただき、ご自身で調香したお香を作っていただきます。
平安時代の貴族たちが香りを自ら調合して楽しんでいたように、目に見えない香りを創るこのひと時の時間は、なんともいえない安らぎのひと時です。
香りを調合しながら、自分自身と向き合えるそんなひと時をお過ごしいただけますと幸いです。
申し込みはこちらから:http://juttoku.jp/exp/

 

香りが新しい世界へと心運ぶ

Juttoku.店舗便り
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.直営店の「神楽坂弁天町店」と「裏参道ガーデン店」。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

dsc_0966

香りが新しい世界へと心運ぶ

Juttoku.では今週も様々なお客様にお香づくり体験でご来店いただきました。その中から私が今週担当させていただいたお客様2組様の香りをご紹介させていただきます。

 

再会を祝う香り

お一組目は、フランスでの滞在以来久々に東京で再会をされたすてきなご婦人のお二方。

フランス人のマダムは、ちょうど前日の夜に東京に到着したばかり! 時差ボケで少しだけフラフラがあったみたいですが、大好きな日本への久々の旅行ということで眠い目をこすりながらもご来店いただきました。(ありがとうございます)

 

そんなお二方が創られた香りは、「wake up!」というタイトルの目覚めを促す香りと、「再会」と題した香り。

dsc_0965

フランスのマダムが作られた「wake up!」という香りは、シャキッと目が覚めるようなスッとする香りが際立つ香り。しかし、シャキッとさせるだけの香りではなく、目が覚めたあとには温かいホットミルクティーなのか、それともこの日の麗らかな太陽の日差しのように、目覚めた後も温かく包み込んでくれるようなそんなやさしさも感じる香りに仕上がっておりました。

 

 

そして、日本人のご婦人の方が創られた「再会」と題した香りは、フランスと日本の遠路をこえての久々の再会の喜びを見事に表現された香りでした。その香りは、和洋折衷の香りの世界を感じ取ることができ、それぞれの文化・バックグラウンドは違えども、根底となる部分は一緒であるということを強く感じ取ることができる文化の融合を感じ取れる香りでした。

 

 

 

冬の朝

印象に残っていたもう一組のお客様は、美容関係のお仕事をされているとてもきれいなお二方。

dsc_0957

お一人の方が創られたのは「冬の朝」と題した香り。
その香りから感じみえた世界は、霜が降りるような寒い朝に、朝陽がどんどん照らして霜が降りる草原にも明るい光がさし、そして、そんな寒いなかでも小さな花がつぼみを開こうとするような、そんな冬の朝を感じられるさわやかながらも冬の吐息を感じる香りでした。

その香りを象った形の中にはお客様の手で作られた「四葉のクローバー」。そして、四葉のクローバーにはテントウムシがついてるよ!というもう一方のお声もあり、最後にテントウムシまでかわいく作られました! ちょこっと寄り添う感じがかわいいですよね。

 

もう一方が創られた香りは、その方をイメージされた香りでした。単調な香りだと仰っていましたが、その香りを聞いてみると、幾重のベールをかぶっているかのように奥ゆかしさを感じ、その最後に薫る香りからはその方の愛らしさが甘さの中で見事に表現されていました。

 

 

自分の心を聞きながら、香りを創る

20160310-dsc_0923

お香づくり体験をしていただく際にいつもお客様にお伝えしているのは、あまり考えずに“心”で感じたままに表現してみるようにとお伝えしております。

これとこれを混ぜればこういう香りになる、というロジカルな部分があるようでないに等しいと思うことが多々あります。 ほんの少しの量の違いだけで、香りの放ちが違うように感じることも多々。

大人になると何か枠にはめられた中で、すべて頭だけで考えて行動するというのが身についてしまっているようにも感じます。(それだからこそ、頭が疲れたりするわけでもあり。) そうではなく、心でどう感じるか、良い、好き、悪い、嫌い、といった感情も含めて心で感じるものを、素直に表現していくと、そこで新しい自分、もしくは、本当の自分に向き合えたりすることがあります。

お香づくり体験というタイトルではありますが、いつもこのようにお客様の香りを聞かせていただくたびに、その方の秘めていた心の奥が開かれていき、輝きがでてくるのを感じさせていただく楽しい機会をいただいているような気がしております。

 

 

 

もう一つの楽しみ。

dsc_0963

そして、もう一つの楽しみの一つ、特に海外からのお客様がお越しになられると、新たに知る世界がいろいろとあります。それは、お香の原料の使い方。

あくまでもお香の原料の使い方ではありますが、その使い方が様々でお話を伺うたびに世界が広がるばかりです。ぜひその辺のお話も今度ご紹介できればと思っております。

 

 

Juttoku.で行っているお香づくり体験は、年内は28日まで開催しております。 ご興味のある方はぜひ、オンラインからもご予約を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

 

 

 

 

 

 

 

1 / 612345...最後 »