「鬼は内~福は内」~鬼も神としてお迎え~

こんにちは。
Juttoku.ブログをご覧いただきありがとうございます!

 

 

 昨日は、無事に約束通りの時間に天川につくことができました。
「2月は一番冷え込むときだから、厚着して気いつけて、来いやぁ~」という
お言葉をうけて、2重にも3重にも着重ねてきた私ですが・・・、
拍子抜けしてしまうぐらい、天川も春めいた陽気で、コートなしで歩けるほどでした。
(ちょうどこの日は、全国的に4月下旬並みの暖かさだったみたいですね!)


さて、この日は打合せがおわったあと・・・、
19時から行われた「鬼の宿」という御神事に参加させていただきました。

IMG_9697

「節分」~新しい年を迎える準備~

ついこの間、新年を迎え、1月はまだまだあると思っていたのもつかの間!
あっという間に、2月を迎え、今日は「節分」です。

通常「節分」は、新しく迎える一年の始まり(立春)を前に、
これから始まる、新しい一年が、不幸や災いが無い一年になりますように』と
無病息災の願いをこめて、立春の前日の2月3日に、行う行事です。

(参考までに)

「節分」と聞くと、立春前の2月3日だけだと認識されている方も多いかと思いますが、
本来は、季節の変わり目にあたる立春、立夏、立秋、立冬の前日が全て節分と
されていたそうです。歴史の流れの中で、室町時代から、一年の節目にあたる春の節分に重きが置かれはじめたとのこと。
やはり、“春”が年のはじめりが気持ちが引き締まるのでしょうか・・。

季節の変わり目には悪鬼が出てくる


いろんな諸説があると思うのですが、私が聞いて学んで納得したのが、こちら。
陰陽道では季節の変わり目には悪鬼が出てくるといわれ、豆を擦る音が僧侶の数珠をする音に似ていていることから「鬼は外、福は内」のかけ声を声高らかに発することで、「魔滅」になると信じられてきました。” (釈老子より)

そのため、多くの皆さまが、「鬼は外~、福は内~」と豆をまかれたのではないでしょうか?

「鬼は内~、福は内~!!」 あれ?鬼は外~ではないの?!

しかし、ここ天河大弁財天では、節分前の2月2日の夜に「鬼の宿」という神事をとりおこない、
鬼をわざわざ迎えいれ、翌3日には、「鬼は内~、福は内~!」と唱えながら、豆をまくのです!

その所以とは・・・・

 [天河神社HPより、一部抜粋]
○天河社社家は、役行者の供に祀られております前鬼、後鬼の子孫と言い伝えられており、節分祭宵の晩『鬼の宿』として、先祖である鬼(神)をお迎えします。かつて天川の民が新しい年(節分)を迎える前夜、里宮を通して祖先の霊を迎えた古い信仰の名残りともいわれる神仏習合の神事です。

○この神事は、神社の社殿ではなく、役行者に仕え大峯山開山を助けた鬼の子孫と伝えられる社家の民家の中で斎行される点。そして、夜更けから深夜にかけて厳かに斎行される点がこの神事のユニークな点です。

このように、天河大弁財天では、得て嫌う「鬼」を、邪気だといって豆をまいてはらうのではなく、「神であり先祖であり、お迎えするもの」として、鬼(神)を節分前夜にお迎えします。

神聖な儀式である「鬼の宿」

神でありご先祖様でもある鬼を迎えいれるご神事は、日本でもここ天河弁財天のみと
いわれております。

節分前の前夜。社殿で神事が執り行われたあと、そのまま松明に火をともし、
神官のあとに続いて、宮司様のご自宅に向かいます。
「鬼の宿」といわれう所以は、ここにあり、遠い先祖でもある鬼(神)さまを迎え入れる
ために、布団を二枚ひき、おにぎりをそなえて、祝詞やお経、ご真言を唱え、お招きします。
その間、神官は鬼(神)様がつかう井戸水を汲みにいき、その聖水がはいった桶
お部屋の中に置きます。 

クライマックスは、ここから。明朝。
聖水が入った桶の中に、砂などが入っていたら、鬼(神)様がいらっしゃったというサイン。
入っていれば、滞りなく鬼(神)様をお招きすることができたということで、神事を修めること
ができるのですが、もしも・・・・はいっていなければ、
宮司様にその力がなくなったということで、宮司職を辞することになり、翌日の節分祭を
執り行うことができなくなるのです。

「鬼の宿」は神聖な儀式であるゆえに・・・・

実は、上述した内容は天河の方々に聞いたお話です。
なんと・・・今年からは、「鬼の宿」のご神事は神官のみで行われることになったそうです。

お話を伺うと、年々神事に参加される方々が増えてきて、
宮司様の自宅にはいりきれなくなったなどがあるとのこと。
おそらく、神聖でなおかつたいへん厳かな儀式であるがゆえ、きちんと聖域を守られた
のでしょう。

そのため、今年からはご神事は、拝殿にて鬼(神)様を招き入れる儀式のみが行われ、
「鬼の宿」となる神事には禰宜様と権禰宜様はじめ、数名の神官の方々が
松明をもって、宮司様のご自宅に向かわれました。

神へと祈りを伝える香の役目

2月2日、19時。
拝殿に集まった人数は、延べ80人強なのではないでしょうか。
山間部なのにもかかわらず、多くの方々が続々と集まってきました。

拝殿を前に、真ん中に護摩焚きのスペースがあり、それを囲むように、みんな並び座ります。
場を清めるために、まずは香が焚かれ、ご神事が始まります。

細かい描写は、ここでは控えさせていただきますが、この神事に参加させていただいて
あらためて感じたのが、「香」の役割です。

杉の葉が敷かれた上に、護摩木がきれいにつまれ、火がつき、
そこに祝詞やご真言を唱えなから、香も火の中にいれられます。
暗闇の中、炎の光と、そしてそこから放たれる幽幻な香りで包まれ、
燃え上がる炎と、そして、香からはなつ煙が、上へ上へとのびあがる光景は、
なんとも、神がかりてきな空間でした。

今度ブログで、詳しく書かせていただきたいと思いますが、
歴史の文献では、古代の人々は香りに”神秘の力”を感じ取っていたと。
そのため、古代社会の原始宗教でも、祈祷師や魔術師は、
香を焚いて、神に祈りを捧げていたそうです。

何千年もの時が経っても、香の役割が変わらない。
神事に参加しているあいだは、悠久の時の流れの中にいるかのようでした。

IMG_9662

この写真は、すべて神事が終了したのち撮影させていただきました。

IMG_9670

 宮司様に呼ばれ、近くにいってみると・・・・びっくり・・・・!!
Juttoku.の印香、「ハート」と「松竹梅」が焚かれておりました。

古の時代から続くものと、現代が織りなす瞬間に感じ取れ、まさにこれはJuttoku.の思いそのものであると感慨深く感じたのと同時に、
何よりもこのような神聖の場に焚いていただき、香を扱うものとして、大変嬉しい限りでありました。

“鬼”のような強いパワーを吸収!


今回、こうして初めて参加させていただいたご神事でありましたが、「鬼」といって毛嫌い払うのではなく、そこに”神”として上げ祀るところに、日本人の精神性の奥深さを感じ取ることができました。


神官の方から、『こうして鬼を招きいれることにより、皆様の中にも“鬼”、つまり、“強いパワーと厳しさの象徴 ”を迎えることができました! 心身を清め、新たな気分で新しい年をお迎えくださいね!』とお声をいただきました。

皆様にとっても、新しい良き一年になりますように・・・!
祈念して・・・・、
本日のブログはここまでとさせていただきます。 
最後までお読みいただきありがとうございました!

朧月を眺めながら

写真素材 PIXTA
(c) oboro写真素材 PIXTA

 

毎日通る桜並木も、だんだんと葉の色が目立ちかけてきている頃。
雨・風で、桜も散ってしまうのかな・・・と思うと、 何かもの寂しい気持ちに。

そんな思いで、桜の木の間から空を見上げてみると、
ぼんやりと輝いている「朧月(おぼろづき)」が、顔をのぞかせています。

移動性の高気圧と低気圧が交互に通過する春。
水蒸気に包まれて、柔らかくかすんでみえる春の夜の月、朧月。

一昨日の満月も、どことなくぼんやりと幻想的な雰囲気に見えました。

そんな今宵、二十四節気では、『穀雨(こくう)』。

『穀雨』とは、「雨が降って百穀を潤す」という意味からきている言葉で、
穀物を育成する雨が降るという意味です。

 

この間まで春めいた陽気で気持ちの良い毎日だっただけに、
しとしと降る雨がつづくと、気持ちがどんよりしてしまいますが、
穀物が成長していくためには必要な雨。

この春に蒔かれた種を潤し、大きく成長していくための 恵みの雨なんですね。

つまりは、私たちが生きていくためにも必要な恵みの雨なのですね。

今宵、恵の雨がやんだ後の朧月を眺め、
お香を焚きながら、一人のゆっくりした時間を過ごしてみようと思います。

本日も当ブログをご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

お花見の歴史~私たちをずっと見守ってくれる桜~

 

だんだんと春めいた季節になり、気持ちがいいですね!
桜の花もいよいよ満開になり、今週末はお花見日和だったのでは?!

いろいろなことがあった3月から、月日は過ぎ、
新しい1年のはじまりを感じさせてくれる4月。
二十四節気でいえば、『清明』にあたります。
万物が清清しく明るく感じられるころ”、という意味です。
新暦の今では、ちょうどお花見の季節にもあたり、
日本全体が、桜色に染め上がっている時期でもありますよね。

桜が満開になると、どうしてこうも私たち日本人は、
桜を見たくお花見をするのでしょうか。

そもそも、“桜”への思い。
それは、日本では古くから桜の花を田の神が宿る依代と考えてきたそうです。
そして、お花見の最初のかたちは、
春に田に出て田の神を迎えもてなす行事という意味もあったそうです。

#余談ですが・・・・「桜」という漢字の語源には諸説ありますが、
その一つに、春に水田や里に降りてくる稲の神(サ=サクラのサ)
が降りる座(クラ)からきたという、つまり稲の神様があらわれること、
とあります。(但し、諸説あるそうです)

平安初期に編纂された日本後紀によると、嵯峨天皇が812年に
神泉苑にて「花宴の説」を催したのが記録に残る最初の桜の花見だとの説があります。
そして、歴史上では天下統一を果たした豊臣秀吉が晩年執り行った
醍醐の花見」が有名です。

一族から諸大名、その配下のものたちに至るまで、千数百人がこぞって
集まった盛大な花見だったそうです。

まさに、この世の春、という感じだったのでしょうね。

私は、生憎今年はゆっくりと外でお花見というのはできなかったのですが・・、
毎日出社する道のりに、桜並木を通っていくので、
歩きながら一人お花見をしています。

桜の花びらが風で舞っていて、桜色に染められた中を歩いて、
心の中の色までもが、ほんわか桜色に染められたかのように、
自然と笑みがでてしまいます。

そして同時に、桜の木をとおして世の中は諸行無常であることも感じてしまいます。
つい2,3週間前は、寒い中で凍えながらも、芽吹きはじめ、
日を重ねることに、その蕾は大きく膨らみ・・・・、今は華やかに咲き乱れ。
きっと来週の今頃には、この花も散り始め・・・・・。

桜の花としての寿命があまりにも短くはかないようだと思ってしまいますが、
実は人間よりもずっと長い間生きていて、
毎年花を咲かして、春の訪れをおしえてくれる。

遠い古代から今に至るまで、桜の木は春の訪れを花を咲かして気付かせてくれ、
また、遠い祖先の私たちも同じように、毎年めぐり来る春に感謝を捧げ
ながら、桜の花を愛でいたのでしょう。

今年も見事に花咲かせてくれた桜は、どう今をみているのでしょうか・・。
そして、この先も何十年、何百年と、私たちを見守りながらも、
桜の花を咲かせては、私たちに“春”のおとずれをおしえてくれること

願います。

 

 

本日も当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

歳神さまをむかえ、気持ち新たに2011年を。

こんにちは、maiです。

あらためまして・・・、新年明けましておめでとうございます!!
気分も新たに、今年も精進していきたいと思っております。
今年の抱負は、「初志貫徹」です。初心の気持ちを忘れずに、今年はその想いを実現
していきたいと思っております。
今年もどうぞよろしくお願いしますニコニコ

さて、そんな私ですが・・、
実は、ここ3,4年連続でアメリカでお正月を過ごすことが続いていたのですが、
今年は久々に日本で、そして、家でゆっくり年明け迎えることができました。

(※離れ離れになってしまった親友達とゆっくり会えるのは、
仕事の関係もあり、年末の時だけだったので・・・ ^^;)

久々に日本でお正月を過ごして、あらためて思ったことは、
日本はとても年越えを重要視していて、暦があらたまることで、気分一新になれること。
街全体が、神聖な雰囲気に包まれるお正月の期間は、全てがめでたい♪感じがして、
一日一日をいつも以上に大切に過ごせるので、本当にいいですよね。

アメリカでは、文化・歴史の背景もあり、お正月よりも、クリスマスを重要視します。
カウントパーティは大変賑やかに行いますが、その後は寝正月とまではいわなくても・・・、
日本ほど気持ちを新たに!!ということもなく、普段通りの生活がそのまま始まる感じがします。

そんなお正月を毎年過ごしているアメリカ人の親友達に、
「日本では、お正月ではこういうことをする!」というと、彼らは大変驚きます。

しかし、私たち日本人も、「そもそも何で門松を飾るの?」等、
当たり前の風習すぎて、そもそもの意味を知らずに、お正月だからする!という方
もいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそも、お正月とは本来、一年のはじめにやってきて、
その年の豊穣や家族の健康を約束してくれるといわれる、
新しい一年を司る「歳神さま」をお迎えし、祝う行事です。

そのため、門松やしめ飾り、鏡餅を飾ることにより、歳神様をお迎えします。

そして、それら一つ一つに意味があり。


例えば、門松。年末から、我が家でも門に置いています。
この門松は、歳神さまが宿る安息所であり、また、神霊が下界に降りてくるとき
の目標物と考えられていました。
また、他の説では、古来神の魂が宿る木とされる「松」を飾って、
神を「待つ」という意味がこめられているとも。


鏡餅
餅は、形が昔使っていた銅鏡に似ており、自らの姿を映して、
鑑みる(かんがみる)ところから鑑餅=鏡餅といわれるようになり、
鏡餅の丸い形状は家庭円満を表し、重ねた姿は「一年をめでたく重ねる」
意味があるとされています。

また、その鏡餅のうえに飾られる「橙(だいだい)」は、その読み方とおり、
「代々」子孫が反映しますように、という願いがこめられています。


そして、しめ飾り
稲の穂を使った飾りで、歳神さまを迎えて祭る清浄な場所であることを示す、
占標(シメ)のこと、ともいわれています。

※余談ですが・・いろいろと調べている中で、しめ縄の由来について、
とてもわかりやすく書かれているサイトがありました。
こちらも一読してみください。→http://okguide.okwave.jp/guides/22386

我が家でも、一夜飾りにならないように!と、急いで準備しました。

ついつい「お正月だから」という理由だけで、飾ってしまうそれぞれのお正月のお飾りも、
それぞれの意味を知って飾り、その意味をもとに願うだけで、心持ちが変わりますよね。

また、お飾りの部分だけでなく、「お屠蘇」や「おせち料理」等、
口にいれるものにも、それぞれ意味がこめられていますよね。

久々の日本でのお正月を通して、
日本の文化の奥深さを再認識することができましたし、
気分一新、また今年も頑張っていこう!!と気合がはいりました。

また、皆々様のご家庭にも、歳神さまがお目見えになっていると思います。
今年も、皆々様にとって良い一年になりますこと、
心よりお祈り申し上げます。

今年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
本日も当ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

お香ライフ~旧暦端午の節句は、梅雨時の禊ぎ払いを~

旧暦端午の節句は、梅雨時の禊ぎ払いを。
 =====================================
  「節は、五月にしくはなし。
           菖蒲、蓬などの薫り合ひたるも、いみじうおかし。」
                     (引用:『枕草子』清少納言)

   旧暦時代の端午の節句は、梅雨時の禊ぎ祓いの意味を持つ行事であり、
   この日、邪気を祓うためのよもぎや菖蒲が宮中や名もない民の住家まで、
   ありとあらゆる屋根に葺かれてよい薫りを漂わせている様を、清少納言
   は「いみじうおかし(=とてもすてき!)」と記しておりました。

   新暦の今でも、端午の節句に菖蒲湯に入ると良いと言い伝えられ、街の
   お花屋さんでも菖蒲がよく売られておりますが、実は、菖蒲の葉が大き
   く瑞々しく育つのはやはり梅雨時の今ごろだそうです。

   菖蒲やよもぎには優れた殺菌作用があり、じめじめした梅雨時の空気を
   爽やかにぬぐい去ってくれるのです。

   『枕草子』には、このような情景も書き記されています。
   この日、薫り高い楝(おうち)の花 を紫色の紙で巻いたものや、菖蒲の
   葉を青い紙で結んだりしてものを持ち歩いたり、母屋の柱にあでやかな
   薬玉を飾ったりなど、平安時代の貴族たちはさまざまな方法で薫り草を
   楽しんだようです。

   特に、平安時代の薬玉は、橘や菖蒲などの香り高い草花を編み込んだ
   飾り玉を色とりどりの糸で飾り、時代が下るとともに、麝香や沈香など
   の香料を玉にして豪華に飾るようになったようです。

   想像するだけで、なんだかとても胸が踊ります。沈香をいれた薬玉を、
   作って部屋の窓に吊るしたいものです。でも、まずは簡単にできる菖蒲
   とよもぎをいれた湯にゆっくりつかって、梅雨時の禊ぎ祓いをしてはい
   かがでしょうか?

このような和暦と楽しむ情報もメルマガにてご案内しております。
ぜひ一度お立ち寄りください!

7 / 7« 先頭...34567