盆栽教室でのお香づくり体験会

Juttoku.店舗便り
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.直営店の「神楽坂弁天町店」と「裏参道ガーデン店」。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

DSC_0601

 

盆栽教室でお香づくり体験を開催

昨日はご近所のご縁つながりで、表参道にある「清香園」という盆栽園にて、お香づくり体験会を開催させていただきました。

お声がけのきっかけは、Juttoku.も入店している裏参道ガーデンの近くであり、そして、表参道教室で新しいお部屋がリニューアルされることもありぜひイベントを開催したいということでご招待いただき行わせていただきました。

江戸嘉永年間から続く老舗

DSC_0585

清香園は江戸嘉永創業で、さいたま市盆栽町に本拠地を置く、150年以上もの歴史ある会社です。扱われている盆栽は、海外のVIPの方をはじめ、日本の政財界の方などのお客様もおられ、また一方で、盆栽教室をつうじて、様々な方々に手軽に盆栽を楽しんでもらえるようにと取り組まれております。

 

彩花盆栽

DSC_0590

「彩花盆栽」とは清香園から生まれた新しい盆栽表現のジャンルだそうです。

忘れていた季節感、雨のにおい、花のかたち、木のいぶき。
盆栽は大自然の風景を一本の木で表現する「想像」の遊びですが、「彩花」はより風景作りを「具体化」するために、草花や化粧砂などを使い、寄せ植えという形を主にとります。そして、オリジナルデザインの器に植栽することで多様性を持たせ、やわらかで華やかな作風を重視しています。
幼いころ見た日本の原風景、旅先で出会った美しい景色、それらをスケッチするかのように小さな鉢へと再表現する。
「生きた小宇宙」といわれる盆栽に、日本の原風景を描いてゆく、それが彩花盆栽です。

(引用元:清香園 ウェブサイトより)

 

新設されたという表参道の店内は、洗練された盆栽の世界そのもの。

DSC_0604

店内にはいると、芸術的に飾られている盆栽がお出迎え。

DSC_0595

目移りしてしまうほど、様々な盆栽が飾られ、販売されています。

DSC_0597

小さい幹から、こうして実をつけている姿をみると、自然の生命力をひしひしと感じます。

DSC_0590

特に気に入ったのは、この彩花盆栽。

DSC_0591

小さな鉢のなかには、苔がついた石も。まるで、実際の庭園がそのまま再現されているかのよう。

DSC_0579

いつまで観ていても飽きることがなく、そして、眺めていればいるほど愛着がだんだんとわいてきて名前をつけて呼びかけたくなるほど。

なんとも至福のひとときでした。

 

満員御礼の楽しい会

DSC_0564

さて、そんなすてきな空間で開催されたお香づくり体験会。お蔭さまで、満員御礼どころか二回目は定員オーバーとなってしまい、やや無理やりお席をご用意して開催しました。二回目のお席にご参加いただいたお客様におかれましては、いろいろとご協力いただきありがとうございました!

DSC_0567

一度に10数名の方々をご案内するのにはやや不安だったのですが、そんな不安もどこへやら。ご参加いただいたお客様は、こちらの清香園の盆栽教室の生徒さま。皆さま熱心に受講いただいたこともあり、当初の予定内容よりプラスαの香りづくりをしていただきました。

体験会後は、同じく裏参道ガーデンに入店している「カフェファソン」さんのコーヒーを。全体での写真を撮っておけばよかったとやや後悔ではありますが、とても楽しい時間のひと時でした。

 

 

視覚で捉えて形づくる盆栽と、心で捉えて創る香り

DSC_0573

今回の体験会で特に意識したのは、「視覚でとらえながら表現することと、心でとらえながら感じ表現すること」でした。

お香の香りづくりというのは、心でイメージして心の中で描き、それを表現します。その香りを感じるのは嗅覚をつたってではありますが、心のなかでどう感じ取るかです。

視覚でとらえながら表現するのとはまた異なりますし、普段の生活の中でもなかなか意識しない限り使わない感性かもしれません。

そんなことをお伝えしながら、皆さまの心のあるままに表現していただいた香りは、どれも千差万別でとても個性の光る香りの作品でした。

 

DSC_0584

 

ただ、開催した後に思ったのは、盆栽も心を表現するものであるということ。その表現のしかたが違えども、このように卓越な芸術になしえていった背景の先人たちの感性にはあらためて感服する思いでありました。

今回はこのようなご縁をつうじて盆栽の魅力をあらためて感じましたが、知れば知るほど奥が深くとても楽しいので、近々盆栽づくりを今度は自分たちが体験しにいこうかと思っております。

そのレポートもおってこちらでご紹介できればと思っています。

 

ご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました!

 

 


DSC_0585

清香園

今回の体験会は、こちらの清香園の表参道校で開催させていただきました。体験会も開催されているようです。
清香園(表参道校)
住所:東京都渋谷区神宮前4- 23 -3東高神宮前 ペアシティ103号

 


 

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, ワークショップ | コメントする

5月中のお香づくり体験会について

Juttoku.店舗
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.直営店の「神楽坂弁天町店」と「裏参道ガーデン店」。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

DSC_0494

色とりどりのさつきやつつじが咲き競う季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
Juttoku.店内では、5月は「灯台躑躅(ドウダンツツジ)」を枝ものとしていけております。裏参道ガーデン店も神楽坂弁天町店ともに同じドウダンツツジをいけておりますが、その空間の雰囲気や、また、花器によって、また違う表情をみせてくれています。

さて、5月も残りわずか。 Juttoku.には、今月も多くの方々にご来店いただき、遠いところからでは南は沖縄、北は山形や福井からも。そして、チリにお住まいの方が日本への帰省のおりにご来店いただいたりと、こうして距離関係なくありがたいご縁をいただきまことにありがとうございます。

 

5月中のお香づくり体験会について

お香づくり体験会ですが、5月は下記日時はすでにご予約で埋まってしまっております。

・5月28日(土) 神楽坂弁天町店、裏参道ガーデン店 共に満席
・5月29日(金) 神楽坂弁天町店 満席

そのほかの日時は、お席のご用意もいくつかございますので、ご希望の方は予約フォームよりお問い合わせください。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

カテゴリー: 2-Information~お知らせ~ | コメントする

印香 (1ケ入)再入荷しました

20160405-DSC_3583

印香(1ケ入り)再入荷のご案内

先日のTVでのご紹介により、一時的に注文が重なってしまい品切れをしてしました印香(1ケ入り)ですが、再入荷いたしました。

 

20160311-inko_matsu

「不老長寿」「神の依り代」のしるしとされる「」を意匠に託した印香

 

20160311-inko_ume

「希望」「大願成就」のしるしとされる「」を意匠に託した印香

 

20160311-inko_hasu

「清らかに生きる」「祈り」のしるしとされる「」を意匠に託した印香

 

 

全部で9種類の印香をそれぞれご用意しております。意匠に託された願いでぜひお選びください。

image1

風とともに雅な香りがほのかに漂い、印香に型どられた縁起が舞い込みますように。そんな願いがこめられたおもてなしの香りをお楽しみください。

 


 

20160405-DSC_3583

Juttoku. 印香 (1ケ入)

Juttoku.の印香は、飾るだけでほのかに香るお香です 。火をつかわなくてもほのかに香るので、玄関や寝室などの場所に安心してインテリアの一部 として飾ることができます。


 

 

カテゴリー: 商品入荷情報 | コメントする

小満 ~生物の気が大地に満ちる頃~

花鳥風月美しい自然の移り変わり~
豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。

DSC_0346

小満 ~生物の気が大地に満ちる頃~

今日は、暦のうえでは「小満」。小満とは「万物したいに長じて天地に満ちはじめる」という意味です。

さまざまな生きものに生気があふれる時期。芽をだしたばかりの草はたちまち大きく育ち、木々の若葉も色濃く茂っていきます。

DSC_0071

この写真は、今年3月に奈良県天川村に行った際に、偶然道端で目にした「ふきのとう」です。車道の端のところだけは土の土壌だったので、そこから顔をだすかのように花びらいているふきのとうに、あの時は大変感動したのを覚えています。 まだ寒かったので、身も心も春を待ちわびているころに、ふきのとうが寒い土の下からひょっこり顔をだして芽吹くその姿に、自然のだいご味を感じます。

 

新緑の美しい季節

DSC_0155

あれから2か月も経ち、こうして新緑の美しい季節に。枝の先からは新緑の若葉がきれいに色濃く茂っており、生気に満ちています。

DSC_0153

でも、その木々を支えている根っこに目をやると、こうしてしっかりと大地に根を伸ばしどっしりと構え、土の中でもゆっくりした呼吸をしているのを感じます。

4月から新しい環境や新しいことに挑戦する方もいらっしゃるのではないでしょうか。ついつい目の前にすぐに結果がでず焦ったり、落ち込んでしまったりすることもあるのでは・・。でも、きっとそれはたとえ目の前に結果がわかりやすいようにでていなくても、足元をみれば大地にしっかりと根が伸びている時期でもあるのかもしれませんね。

 

SONY DSC

小満のこの頃から、いよいよ田植えが本格的にはじまっていく頃。 これからまたどんどん成長していく時期でもありますね。

 

爽やかな初夏のみぎり、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, 花鳥風月~美しい自然の移り変わり~ | コメントする

お子様も楽しめる香づくり体験

Juttoku.店舗
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.直営店の「神楽坂弁天町店」と「裏参道ガーデン店」。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

DSC_1648

童心にかえって楽しむひと時

ゴールデンウイーク期間中は、「神楽坂弁天町店」「裏参道ガーデン店」ともに多くのお客様にご来店いただきました。長期休暇ということも重なり、日本全国様々なところからお越しいただいたいたりと店内もいつもとは違うにぎやかな雰囲気でした。 お越しいただいたお客様、誠にありがとうございました。

ゴールデンウイーク期間中は、「お香づくり体験」にお子様にも多数ご参加いただきました。「香りを作りたい!」「お香づくりしたい!」「作るのが好き!」と参加理由は様々。 作り終えた後のお子様の満面の笑みを見ると、こちらも童心にかえるかのような気分になります。

 

無限の可能性を、秘めている子供の感性

DSC_1644

「香りが好き!!」という今年小学4年生になる女の子も、当店のことをテレビで知って「どうしても作りたい!!」とご両親にお願いをして、連れてきてもらったとのことでした。

香水やアロマなどの香りがとても好きで、ご自宅だけでなく様々な場所に行ってはいつも香りをかぎにいってしまうほどとのこと。

お香の原料となる「白檀」をはじめ、「龍脳」「桂皮」や「甘松」など様々な香りを一つ一つじっくりかぎ、頭のなかでその香りの世界を思い描いているかのようでした。

DSC_1643

いざ香りを調合する時もどの香りどれぐらい使うかということにも迷いもなく、彼女の心の中で思い描いた香りの世界を、無心となりながらもくもくと調合をしていたのがとても印象的でした。

「甘松」の香りは単体だととても芳香としては言い難いため、ご両親も「この香り、混ぜちゃうと香りが変になっちゃうんじゃない?」という声にも動じず、交ぜ合わせた香りを聞きながら少しずつ交ぜ合わせて調合している姿は、まるでプロの調香師を彷彿するかのようでした。

 

目に見えない香りを、目にみえる形へと

DSC_1646

Juttoku.でのお香づくり体験は、練り合わせたものを棒状にしてお線香にしたり、型抜きで好きな形に象っていただいています。

DSC_1642

頭の中で思い描いている目には“見えない香り”の世界を、少しでも目でも見えるかたちに。 思うがままにいろいろと描いていました。

 

想像力×創造力

DSC_1648

 

当店での「お香づくり」は、“いい香りを創る!”ということには決して重きをおいておりません。香りを創り、調合する過程は、アートと同じで、想像力をはたらかせながらイメージしたものをつくっていきます。

 

その時間は、何も考えず無心になれる時。 また、この香りとこの香りを組み合わせるとどうなるのだろうと・・・「想像」を楽しめる時でもあります。

大人になるとだんだんと「今目の前にあるものしか信じられない」「目に見えるものがすべて」などと固定した考えに凝り固まってしまいます。

 

Laughter is timeless. Imagination has no age. And dreams are forever.
(笑い声は時代を超え、想像力は年を取らない。そして、夢は永遠のものだ。)
~ウォルト・ディズニー~

 

「想像力」は、大きな動力源であり、「想像が創造を生む」とも言われています。
香りづくりは、視覚ですぐにわかる絵を描くのとまた違い、嗅覚をつうじて心のなかで描き、心のなかで感じるものです。

お子様にとっても、いつもとは違う経験の一つになれれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, ワークショップ | コメントする