菊にあやかり長寿を願う、重陽の節句

花鳥風月~美しい自然の移り変わり~ 豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。 

 

重陽の節句

9月9日は、重陽の節句。五節句のうちの一つですが、この重陽の節句は耳慣れない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

中国の風習と日本の風習が合わさった「節句」

そもそも、節句とは季節の折目節目、つまり“季節の変わり目”のことを意味しており、古代中国(唐時代)の暦法で定めれた季節の節目でした。

古代中国では陰陽説が尊ばれており、陽(奇数)が重なると陰になるとして、暦の中で奇数の月と日が重なる日をとりだし、陰を避けるため季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓っていたといわれています。 この中国の暦の影響をうけて、古代の日本の朝廷も年中行事として定め、その風習が日本の農耕を行う人々にまで伝わり、人日(1月1日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日)が五節句と定められ、宮中で邪気を祓う宴会が催されるようになったそうです。

邪気を祓い、新節を清い体で

いずれにせよ、前述したとおり節句は季節の変わり目であることにほかならず、体調をくずしやすい時でもあります。 現代は医薬が充実していますが、未発達であった古代の時代で考えれば、邪気を防ぎ健康を保って季節の変わり目を乗り切るということは切実な願いであったと思います。 そこで、季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うことが行事化され、前節までに身につけた穢れを祓い、新節を清い体で乗り越えようと考えられたのがことのはじまりです。

 

菊にあやかり長寿を願う

最大の陽数である「九」が重なるため重陽の節句といわれますが、「菊の節句」とも言われており、秋の深まるこの時期に鮮やかに彩る菊の花にあやかり長寿を願う行事が平安宮中に行われていました。

 

 観菊の宴

 

長陽の節句_菊酒」

菊を愛でながら、菊酒を呑みかわし、詩歌を詠んでは楽しむという「観菊の宴」。

菊の花と葉を穀物に混ぜて作られ、菊の花を浮かべるなどしてふるまわれた菊酒は、菊の清々しい香りと花の気品の高さによって邪気を祓い、寿命を延ばすと考えられ、互いに長寿延命を願いなが盃をかわしていたそうです。

桃の節供の桃酒、端午の節句の菖蒲酒とおなじように邪気払いとして呑まれますが、この菊酒が一番呪力が高いともいわれていたそうです。想像するにきっとこの菊酒は、お屠蘇のようなもので、ガブガブ呑むようなお酒というよりは一杯のお酒に願いを込めて呑んでいたのではないでしょうか。菊の花を浮かべるというのもなんとも風流なものですね。

 

 

被せ綿

菊

前日の夕刻に菊の花に真綿をかぶせて、庭にだしておくと、翌朝にはしっとりと朝露で菊の香りとともに真綿に染み込みます。この菊の香りもしみこんだ真綿で肌をふくと、肌が美しくなり、また長生きできるという、お祓いと長寿の願いをこめられた宮中の行事でした。

 

紫式部日記にもこの被せ綿について詠まれている歌があり、宮中の女性たちの心が今の女性にも伝わってくるものがあります。

 

 

香りで清める、それは心をも清める

 

「観菊の宴」「被せ綿」から共通してみえる菊の香り。感じ方は様々だと思いますが、菊の香りは清々しい香りで、まるで禊をした気持ちにまでさせてくれる清涼な香りです。

 

 

このごろの 時雨の雨に 菊の花     
      散りぞしぬべき あたらその香を

 

 

[この頃の時雨の雨に、菊の花は散ってしまいそうだ。 惜しいことにこの雨で芳しい香りも消えてしまうのだなあ。] この歌は、桓武天皇によって詠まれており、菊を詠んだ和歌としては最も古い歌であり、菊の香りが消えてしまうことを惜しまれている気持ちが伝わってきます。

 

長陽の節句_菊

目に見えない香りに静かに心を傾け、息づく自然の生命、自然の美を感じとる。今こそ大切にしたい心であり、心落ち着かせながらその香りを感じとることが、おそらく何よりも心を落ち着かせ、清らかにさせてくれたのではないでしょうか。

 

 

 

(本コラムは、2015年9月のコラムの再掲載になります)
カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, 花鳥風月 | コメントする

「香皿」が再入荷しました

再入荷のご案内

当店でも大変人気のある炭谷三郎商店のお香皿が一時的に品切れしておりましたが、本日再入荷しました。

日本の伝統紋様があしらわれた香皿

おめでたい吉祥紋をあしらった香皿。富山県高岡の「博鳳堂 炭谷三郎商店」による、錫で製造されたスタイリッシュな作品です。

香皿 青海波

香皿 麻の葉

香皿 星七宝

 

それぞれ和の伝統紋様であり、吉祥文様でもある和柄があしらわれているスタイリッシュなお香皿です。どうぞご覧ください。

 

 

カテゴリー: 商品入荷情報 | コメントする

香立 キューブ・ボールが入荷しました

新商品入荷のご案内

当店でも大変人気のある炭谷三郎商店。可愛らしい小さなお香立をオンラインショップでも販売開始いたしました。

シンプルなデザインの香立

シンプルなデザインのお香立。お手頃価格で、とても使いやすく気軽に毎日お使いいたでます。

香立 ボール スタンド付き

香立 ボール スタンド付き

 

香立 キューブ シルバー Lサイズ/Sサイズ

香立 キューブ シルバー LサイズSサイズ

 

香立 キューブ ゴールド Lサイズ/Sサイズ

香立 キューブ ゴールド LサイズSサイズ

 

このお香立に合う香皿「スクエアトレー」「ラウンドトレー」もございます。

ラウンドトレー

スクエアトレー

自分好みの組み合わせでぜひお楽しみください。

 

 

炭谷三郎商店

本日ご案内した商品は、「炭谷三郎商店」のお香立になります。商品はこちらからご覧ください。

カテゴリー: お香立て・香皿, 商品入荷情報 | コメントする

本日より通常営業いたします

Juttoku.店舗便り
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.神楽坂弁天町店。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

本日より通常営業いたします

8月13日~17日まで夏季休暇をいただいておりましたが、本日より通常営業いたします。Juttoku.のスタッフも、帰省して家族との団らんを楽しんだり、夏祭りを楽しんだりと各々夏休みを満喫しました。

本日より通常営業となりますため、お休み期間中にお問合せいただきましたお客様、ご注文いただいたお客様には順次ご案内させていただいております。

今年の夏は曇り空が続き日照時間も短く太陽が恋しく感じられてる方も多いのではないでしょうか。処暑も過ぎ、朝夕は少ししのぎやすくなってきましたが、どんより曇り空にもにもめげず、つつがなく過ごしていきたいものです。

Juttoku.店舗では蓮の花を室礼として用意したのですが、なかなかまだ蓮の花が咲かずお披露目ができずままでありますが、明日から蕾の状態でもお飾りをしてまいりたいと思います。ご来店いただくお客様には、少しでも蓮の蕾も愛でていただければ幸いです。

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, Juttoku.店舗便り | コメントする

清め水を浴び

Juttoku.便り
心に深い安らぎを与えてくれる「美しいカオリ」を、自然と調和する「美しいくらし」に、をコンセプトにもつJuttoku.。
四季の美しい日本にいながら、自然と調和する暮らしのなかで、日々様々な出逢いや学びに恵まれます。それは、自然の時間の中に自分を置くことで感じることや、自然をつうじて学ぶ日本の美意識、そして旅先などで見聞することなど。本コラムでは、Juttoku.の折々の暮らしをお届けします。

清めの水を浴び神輿を担ぐ

夏休みは皆さまいかが過ごされましたでしょうか。Juttoku.も夏季休暇をいただき、スタッフそれぞれの思い思いの夏のひと時を過ごしました。

夏の様々な思い出の中で、今年もまた御神輿を担いできました。「水かけ祭り」とまで言われるほど水をたくさん放水されるなかで担いでいく神輿は、日本の祭りのなかでもここだけなのではないでしょうか。今回は写真も撮ってきたのでご紹介させていただきながら、写真をつうじて少しでも涼を感じていただければうれしいです。

 

江戸三大祭りの一つとして知られる「深川八幡祭り」

赤坂の日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭とともに「江戸三大祭」の一つとして知られる富岡八幡宮の「深川八幡祭り」。

今年は3年に一度の本祭りとなり、53基の大神輿が約8キロものコースを練り歩きました。

 

富岡八幡宮

富岡八幡宮は、門前仲町駅から徒歩5~8分ぐらいに鎮座されており、長盛法印(ちょうせいほういん)という僧侶が、ここに八幡を祀るようにという霊夢を見て寛永4年(1627年)に創建された神社です。

御祭神は、応神天皇(誉田別命)、 外8柱が祀られています。

『神輿深川、山車神田、だだっ広いが山王様』

1642年に徳川家綱の世嗣(よつぎ)祝賀を行ったのが始まりといわれるこの深川祭り。江戸っ子たちに『神輿深川、山車神田、だだっ広いが山王様』と謳われるほどその神輿ぶりが有名だったそうです。

3年に一度の本祭りでは、53基もの神輿が約8キロにもおよぶ神社の氏子となっている地域内を渡御し、そして沿道からは清め水を勢いよく浴びさせられる夏の暑さをも吹き飛ばす風情のある祭りです。

 

江戸っ子の地が騒ぐ?!

両親の祖父母、曾祖父母と東京の下町育ち。特に父方の祖母が生粋の江戸っ子のような気質で、このような祭りや季節の風物を率先してたしなんでいたのでその姿が懐かしく。今は亡き祖母ですが、こういう祭りがると祖父母の姿が目に浮かび私も血が騒ぎます。

本神輿への参加は今回が二回目。朝は4時に起き、5時には現地集合。法被(はっぴ)、半股引(はんだこ)等の神輿の恰好をまとい準備万端。

7時半から、いよいよ最初の神輿がスタート!

私が参加させてもらった町内会の神輿もの掛け声と共に、一斉に担ぎます。この町内会の担ぎ手だけでも200人。交代交代で担ぎますが、もっと大きな神輿になると300人をも超えるとか。

今年は積極的に神輿を担ぐぞと気合をいれていたので、最初から神輿の前方のほうで肩をいれました。

肩には大勢の人が担いでいるにも関わらず、私の肩には10キロにも20キロにも感じる重さがどしりと。肩にタオルをおいていても、上下に動く振動もあり肩はだんだんと痛みも感じますが、その痛みさえも忘れてしまうほどの熱狂ぶり。

全長約8キロにもわたるコースは、隅田川を見渡しながらの永代橋や

永代通りなど都内の大通りを練り歩けるのもなんとも醍醐味です。

 

大量の水を浴びに浴びて

そして何よりも一番の醍醐味は、別名「水かけ祭り」と称されるほどの沿道からの大量の清め水。

 

暑い夏の日の中での水浴びなので、寒い!というよりは「気持ちい!」という爽快感のほうが強いです。

バケツ水で勢いよく水をかけられたり、

消防団による放水の水を思いっきり浴びたり。

大量の水を全身で浴び全身ずぶぬれになりながら全長やく8キロ、約6時間も神輿をかつぎ練り歩くのはなんともいえない醍醐味です。

 

神霊の威光をさらに高める

そもそも、深川祭りもそうですが例大祭は、神殿の奥深く鎮座している神霊が外に出てきていただき、神輿にのって氏子の幸いを祈り、災いを除いていただけます。

Juttoku.店舗の氏神様である赤城神社の大祭の記事にも書きましたが、お神輿はただ担いで練り歩くだけではなく、御霊の威光をさらに高めるためなどを行います。

神霊を高く差し上げる

その一つが、「差す」です。 宮入のときや、表敬すべき場所のところで、「差せ~!」という号令とともに、担ぎ手全員でお神輿を上に大きくあげます。これは、神霊を高く差し上げる、という意味があります。

大神輿なので、大きな神輿になると1トンもあるといわれるのでかなりの腕力と何よりもチームワークが必要です。

 

神霊の威光を高める

もう一つは、神輿揉み。 「揉め~!」という号令とともに、大きく神輿を左右に揺らします。これは、神霊の威光を高めるためのものです。

大きく揺らせば揺らすほど、上にのっている鳳凰の羽もまるで大きく羽ばたいているかのように見えます。

 

ワッショイの意味

私が参加させていただいた町内会の神輿では女性陣による“ワッショイ隊”というのが途中で組まれ、ワッショイワッショイと盛り上げます。

終始ずっとワッショイワッショイと叫んでいたので後半になると喉もつぶれてしまいましたが、ワッショイワッショイというと神輿をかついでいるときも不思議と肩・腰にも力がはいりますし、神輿を担ぐ仲間同士心が一つになるような感じもあります。

ワッショイの語源は明治期の「東京風俗志」という書物に書かれているといわれています。ワッショイとは「和を背負う」、和をもって平和を担ぐという意味だそうです。また、「和一処」、皆がひとつになって、力を合わせる。 ひとつの目的を達成するということという意味も。

また、別の説で印象に残っているのは日本とユダヤには共通する部分がいくつかあるとのことでその中でヘブライ語と日本語で類似しているとも。
(例えば)
カク=書く/スム=住む/ハラー=祓う/ハケシュ=拍手 など

その中で、実はヘブライ語にも「ワッショイ」とう言葉がありその意味は「神が来た」という意味であるとか。

この説については古代史の極地になるので真偽はおいといて、「ワッショイ」という掛け声にも意味があるのだということにやや感極まる思いがありました。

 

和を背負い、未来へと

3年に一度の深川祭りの大祭。

8キロを無事に練り終えた後は、足腰がカチコチにかたまり疲労困憊。しかし、なんとも言えない達成感です。

次の「深川祭り」の大祭は3年後。

3年後。つまり、東京オリンピックが開催される年です。大人になると3年の月日は時としてあっという間に感じますが、まだまだ先なようですぐ先ある未来。

「ワッショイ」の語源にもある「和を背負う」という言葉にとても深い意味を感じている今、3年後もまた平和に皆一同となり和を背負うことができるようにと願うばかりです。

 

 

 


富岡八幡宮

住所: 〒135-0047 東京都江東区富岡1丁目20−3
URL:http://www.tomiokahachimangu.or.jp/

 

 


 

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, Juttoku.便り | コメントする