【立春】看脚下

花鳥風月
豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。

SONY DSC

春の足音

いくらか寒さもゆるむなかで、少しずつ春の足音が聞こえてきます。
今日は、立春。 暦のうえでは、春になりました。

寒い冬を耐え忍んだぶんだけ、春の気配を待ち遠しく感じられている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

SONY DSC

梅の花も芽吹きはじめ道端で見つけると、「ほっ」と心和らぐ瞬間です。梅が咲き始めると、より春の訪れを感じますね。

冬でも木々は生きている

SONY DSC寒い日が続くとついつい縮こまってしまい、時として外に出るのも億劫になってしまうときも。

しかし、自然の中を歩いていると木々も葉を落として寒々としているようにも感じられ気持ちも冷ややかになってしまいますが、たとえ外は寒々としたようにみえても、木々はしっかりと生きているのだと感じさせられます。

 

木々からの声に耳を傾ける

SONY DSC

ついつい上辺だけを見てしまいがちですが、木々にも草花もしっかりと土の下には根が生えており、その根が大きな幹も支えています。

DSC_1131

寒い冬の中でも、木々はまた新しい生命を宿していく準備をしていくかのように、地中では根がより深く、より太く成長していけるように根を張り巡らしています。

こんな自然の姿をみていると、木々から大きな声でこの言葉をかけてもらっているようにも感じます。

 

看脚下

(意味)足元を見よ。この足元とは、自分の日常生活やもっとも身近なもののこと。

これは禅の言葉です。

ついつい外側や表面、結果など上辺の部分にばかり目がいってしまい、そこが自分が思っているのと違ったりすると、焦ったり、また動揺したり、時として無力を感じることもあるのではないでしょうか。私たちはしばしば、外側に期待をかけるだけで、問題の本質を目を向けぬままなことがあります。

そういうときこそ「看脚下」。足元を見てみる、つまりは自分自身を見つめてみる。

 

根を張るとき

SONY DSC今そこにいる自分の下には、今まで積み上げてきたものが多くあり、それらの礎、プロセスがあって今の自分にたどり着き、“今ここ”にいます。つまり、それこそが私たちにとっての“根”となる部分。

しっかりと根が張っている、と自分自身がきちんと認識できるだけでも気持ちが楽になると思います。また、同時に、今はしっかりと根を張るんだという意識へと切り替えることもできると思います。

地中のなかでたくさんの養分や水を吸い込み、大きく成長する。そして、たくさん蓄え成長したものを、時期がきたらだしていく。

人間も自然の流れに無理に逆らうことなく、今だからこそできることに素直に従ってみるのもいいかもしれません。

 

新しい年の始まり

SONY DSC

 

立秋は、暦のうえでは新しい年の始まりでもあります。

これからはじまる新しい一年が、まずは足元をきちんとみつめさせてくれ、根をしっかりと張ることから始められるというのも自然の教えに敬服するばかりです。

 

梅

看脚下。この時期にたくさん根から吸収したものが、もうすぐ芽吹かせる時期がきますね*

すてきな立春の日をお過ごしください。

 

 

 

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, 花鳥風月 | コメントする

【催事のご案内】名古屋松坂屋「新しい祈りのかたち」

 

松坂屋名古屋店「新しい祈りのかたち」

Juttoku.は1月18日より松坂屋名古屋店にて開催される「新しい祈りのかたち」に出展いたします。

 

香煙で祈りを天へ

dsc_0336

美しい香りと美しい音色は、天へ通じるといわれています。

雲をこえて上にひろがる天の世界は美しく清らかで光があふれ、あらゆる幸福に満ちており、そして、かぐわしい香りに満ちあふれている世界だともいわれています。

香をつうじてそのような幸福に包まれた世界へと誘えますように。そして、あなたの心の祈りが香煙にのって天へと届きますように。
当イベントでは、Juttoku.のお香をはじめ、可愛らしい錫で出来たお香立てもそろえてご紹介させていただおります。

 

新しい祈りのかたち

厨子や

また、今回のイベントでは、Juttoku.にとってとても深いご縁をいただいている厨子屋さまをはじめ、オリジナルのお念誦をオーダーできるひいらぎ様等とご一緒させていただき、商品をご紹介させていただきます。

 

名古屋近郊の方は、ぜひこの機会に足をお運びいただけますと幸いです。

 


《催事情報》 新しい祈りのかたち

・場所:松坂屋名古屋店 北館5階 イベントスペース
(名古屋市中区栄三丁目16番1号)
・会期:2017年1月18日(水)~1月24日(火)
・時間:10:00~19:30
(最終日のみ、18時閉場)


 

 

カテゴリー: 2-Information~お知らせ~, 展示会/催事 | コメントする

表参道店閉店のご案内

dsc_0245

表参道店閉店について

急なご案内になりますが、Juttoku.表参道店は2017年1月29日を最後に閉店となります。

元々期間限定ショップとしてオープンさせていただきましたが、予想外にも隣接の土地の工事が早く始まってしまい、あまりの騒音により、ガラス一枚で遮られている空間のため店内も騒音が響き渡り静かな空間をお届けすることができなくなり予定より少し早く撤退をすることになりました。

 

表参道店でのワークショップについて

20160310-dsc_0923

表参道店の閉店に伴い、現在ワークショップをお申込みいただいているお客様に関しましては1月29日までは表参道店にて引き続き受付しておりますが、2月以降は神楽坂弁天町店のみでのご案内になりますので、予めご了承ください。

 

 

ご縁に感謝

%e8%a3%8f%e5%8f%82%e9%81%93%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e5%ba%97_%e5%ba%97%e5%86%85%ef%bc%93

表参道店は、茶室風な空間ということもあり特に日本在中の外国の方からもリピートで来ていただいたりととても思い出深く様々な新しご縁にも恵まれた場所でもあります。

このような運びになり大変私どもも寂しくはありますが、1月29日までは営業しておりますので、まだお越しいただいてない方はぜひ一度足をお運びいただけますと幸いです。

 

Juttoku.

カテゴリー: 2-Information~お知らせ~ | コメントする

「鳥獣戯画のお香立て」が入荷しました

飾っても楽しめる鳥獣戯画のお香立て

飾っても楽しめる鳥獣戯画のお香立て。

富山県高岡の「博鳳堂 炭谷三郎商店」による、錫で製造された飾っても楽しめる愛らしい作品です。

 

鳥獣戯画とは

兎や蛙、猿などの動物を擬人化して描かれた「鳥獣人物戯画」の絵巻物。現在の漫画に用いられるような技法で、当時の世相を反映して兎・蛙・猿などの動物が擬人化されて描かれているため、「日本最古の漫画」とも称されています。

 

まるで絵巻物から飛び出たようだけど、立派なお香立て

「香立 鳥獣戯画 猿」

 

「香立 鳥獣戯画 蛙」

 

「香立 鳥獣戯画 兎」

 

 

 

 

店頭でも大変人気のあるお香立てです。お香立てとしての実用面もとても使いやすいですし、飾っているだけでもなんとも愛らしく感じます。

 

 

 

カテゴリー: 商品入荷情報 | コメントする

謹賀新年

七福神2

新年あけましておめでとうございます。

“永き世の 遠の眠りの皆目覚め
波乗り船の 音の良きかな
ながきよの とおのねぶりの みなめざめ
なみのりふねの おとのよきかな”

(意味:夜に波音をたてて進む船が時を忘れてしまうほど心地よくつい目覚めてしまう)

この歌は、はじめからよんでも後ろから読んでも同じ音になる回文歌として有名でありますが、お正月二日目の夜に、宝船の絵を枕の下におき、この歌を3回読んで寝ると吉夢をみられるといわれています。

室町時代から日本には「初夢文化」が生まれたといわれていますが、江戸時代になると正月早々から歌入りの絵を売って歩く「宝船売り」が練り歩いていたそうです。悪い夢を見たらば、その絵を川に流し「夢流し」をしていたそうです。なんとも粋ですね。

今宵はちょうど正月二日目。宝船の絵を枕の下におけずとも、ぜひこの歌を3回唱えて寝てみてはいかがでしょうか。どなたさまにも、心の中に七福神を迎え入れ吉夢がみれますように。

そして、2017年も幸多き年でありますよう心よりお祈り申し上げます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。 | コメントする