中秋の名月

花鳥風月~美しい自然の移り変わり~ 豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。

dsc_0654

秋の気配

朝夕日毎に涼しくなってきました。
盛夏の頃よりもだいぶ日暮れが早く感じたり、また、仕事からの帰り道には、懐かしい虫の声が鳴きはじめ・・・・蒸し暑さからようやく解放された安らぎを感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さえざえとした夜空に月も星もくっきり輝き、秋の虫の音やそよ風から秋の気配がすぐそばに感じられます。

 

中秋の名月

秋澄む夜空にくっきり浮かぶ秋の月、特に旧暦の葉月15日夜の満月を「中秋の名月」「名月」「十五夜」と呼ばれており、一年の中でもっとも美しいといわれております。

今宵は、そんな「中秋の名月」の日。

秋澄んだ夜空にはえるお月様を愛でるときですが、このならわしは、唐の時代に中国から伝わってきた月見の祭事と、古来日本にあった月を祀る慣習が合わさったものです。

古代には、欠けのない満月を豊穣の象徴とみなしていたともいわれており、秋の実りに祈りを捧げる行事でもあり、平安時代には貴族たちが舟遊びをして水面に映る月を眺めたり、杯に月を映したりして楽しんでいたそうです。

 

豊穣の月への捧げもの

月見

この季節は、多くの作物が実る豊穣の時であり、「時満ちて実を結ぶ頃」と満月の「月が満ちる」ということも重なり、月に感謝する特別な日です。

お月様には、この時期が旬の野菜や果物、また里芋などのほかに、満月を表す団子を三方に奉書紙を敷いたうえに並べてお供えします。その隣には、豊穣をもたらす月の神様の依代と考えられてるススキの穂もしつらえます。

これらお供え物は、お月様に捧げるとの意をこめて、月の出る方角へ正面をむけてお供えします。月から見て左が上座にあたるため、左に里芋などの秋の収穫(自然界の盛り物)を、人工のお団子は下座である右側にしつらえます。

ススキの穂は稲穂に見立てたもので、その秋の豊作の祈り、田の実りへの感謝を捧げます。また、葛などの蔓のある植物を飾ると、月の神様に通じるという意味合いもあるのとか。

 

自然界へ「感謝」

ここ東京は、生憎曇り空なので、きれいに月を眺めることができるか・・・気がかりではありますが、こうして「お月見」の習わし・理由を知ると、今夜は特別な夜な気がします。

現代の日本の暮らしでは、昔の方に比べては格別にあたかも簡単に野菜など食べ物を手にすることができますが、その背景には様々な働きをしてくださる農家の方、運搬してくれる方、そして、流通して販売してくださる方など多くの方々のおかげであります。
また、同時に、これら作物が美味しく実るには、太陽や雨などの天候、自然の働きがあってこそ。

今宵はぜひ香を焚き清らかな空間の中で、月見をしながら、自然や目に見えないけれどもこうして支え合っている社会への感謝の気持ち、そして・・・祈りを捧げてみてはいかがでしょうか。

すてきな月夜をお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

dsc_0656Juttoku.の「印香 満月」は、現在下記のイベント内にてお取り扱いいただいております。
◆ 銀座三越 7階 ジャパンエディション内
◆ 日本橋三越 本館 5階 ギャラリー ライフ マイニングスペース内 「月のワルツ展」

もしよろしければ、ぜひお立ち寄りください。


 

 

 

 

 

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, 7-月の満ち欠け, 花鳥風月~美しい自然の移り変わり~ | コメントする

[お香づくり体験]今週お越しいただいたお客様の作品

Juttoku.店舗
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.直営店の「神楽坂弁天町店」と「表参道店」。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

20160310-dsc_0927

お香づくり体験

Juttoku.店舗では、今月も様々なお客様にご来店いただいております。誠にありがとうございます。

さて、毎日ワークショップを行っていると、お客様より他のお客様がどのような作品を作っているのか?と関心をいただいております。 そんな中で、今回はお客様の作品の一部をご紹介させていただきます。

 

%ef%bc%91

 

2

 

香りづくりも千差万別であり、その方々の個性が光りますが、それを目でみてわかる形にする表現の中でも、その方々の世界観が表現されたりしているのを目にして、日々刺激をもらいます。

 

このようなご要望等にお答えできるように不定期ではありますが、素晴らしい作品やお越しいただいたお客様を掲載していきたいと思います。

少しでもお香づくりに興味を持っていただければ幸いです。

 

 

お申込み方法

Juttoku.のお香づくり体験は、ウェブサイトからも常時申し込みを受け付けしております。
下記URLより、ご覧ください。

Juttoku.お香づくり体験:http://juttoku.jp/exp/

 

また、お申込みいただくにあたりご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せください。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

(Juttoku.表参道店店長:いぐちよしたか)

カテゴリー: Juttoku.店舗便り, ワークショップ | コメントする

2016年9月のお香づくりのご予約状況について

Juttoku.店舗
Juttoku.の世界観や香りを五感で感じ取れるJuttoku.直営店の「神楽坂弁天町店」と「表参道店」。本コラムでは、お店でのあれこれをお届けします。

dsc_0578

2016年9月のお香づくりのご予約状況について

秋風が心地よい時節となりました。

さて、Juttoku.店舗内で開催しております「お香づくり体験」も開催から早半年。お蔭さまで、多くのお客様にご参加いただいております。誠にありがとうございます。

空いている日のお問合せ等も多くいただいておりますため、こちらのほうで9月のご予約状況についてご案内させていただきます。

 

2016年9月のご予約状況

≪既に満席の日≫
9月10日(土) 神楽坂弁天町店 満席  (終了しました)
       表参道店    満席

・9月20日(火) 表参道店     満席

※なお、9月17日(土)は神楽坂弁天町店は臨時休業のため、受付できません。予めご了承ください。

その他の日は、今月は比較的空きに余裕があります。
この機会にぜひご参加ください。
お香体験づくりの申し込み:「こちら」からご覧ください。 (クリックすると新しいページが開きます)

 

 

香りを愛で、秋の夜長を楽しむ

月見

今月は店舗内での開催のほかに日本橋三越本店内でも開催させていただきます。

こちらは、現在まだ店舗ではまだ開催していない「香袋づくり」をはじめ、聞香体験もご紹介させていただきます。

概要及びお申込み方法について

会期:2016年9月17日(土) 印香づくり/9月22日(木・祝) 香袋づくり/9月24日(土) 香袋づくり
※内容は、開催日により異なります。

時間:14時~15時/16時~17時
料金:2000円(税抜き)
定員:各回4名様
場所:日本橋三越本店 本館5階 ギャラリー ライフ マイニングスペース内

 

≪お申込み≫

日本橋三越本店 本館5階 ギャラリー ライフ マイニングスペース内で承ります。

(お電話でもご予約を承ります。ご希望の日時をお申し付けください。)
電話番号:03-3274-8935

※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。予めご了承ください。
※Juttoku.では受付ができませんので、直接上記番号にご連絡ください。

 

 

 

カテゴリー: 2-Information~お知らせ~, ワークショップ | コメントする

(お知らせ)お香づくり体験 於:日本橋三越

tsukimi

(お知らせ)お香づくり体験会について

この度、Juttoku.は「お香づくり体験会」を日本橋三越本館にて開催します。

今回の体験会では「印香づくり」の他に、「香袋づくり」も行います。また、“香りを聞く”という表現がありますが、一片の香木の香りを聞いていただく「聞香」もご体験いただけます。 Juttoku.店舗内では現在開催していない内容となりますので、ぜひこの機会にご参加ください。

 

 

香りを愛で、秋の夜長を楽しむ

20160310-dsc_0923

当体験会では、お香の原料の香りを一つずつ聞いていただき、ご自身で調香したお香・香袋を作っていただきます。

平安時代の貴族たちが香りを自ら調合して楽しんでいたように、に見えない香りを創るこのひと時の時間は、なんともいえない安らぎのひと時です。

また、本体験会では「聞香」体験も行います。

香木一片から奏でられる香りを聞き、そして、香りを調合しながら、自分自身と向き合えるそんなひと時をお過ごしいただけますと幸いです。

 

 

印香づくり

dsc_0578

練り合わせて作ったお香を、抜き型にはめて作る「印香」づくり。

開催日:2016年9月17日(土)

 

 

 

 

香袋づくり

dsc_0938

お好きな香りで調合した「香袋」を作ります。作った香袋は、クローゼットに入れて虫除けや香りづけに使ったり、バッグやポーチの中に入れたりして、香りをお楽しみいただけます。

開催日:2016年9月22日(木・祝) / 9月24日(土)

 

 

 

概要及びお申込み方法について

会期:2016年9月17日(土) 印香づくり/9月22日(木・祝) 香袋づくり/9月24日(土) 香袋づくり
※内容は、開催日により異なります。

時間:14時~15時/16時~17時
料金:2000円(税抜き)
定員:各回4名様
場所:日本橋三越本店 本館5階 ギャラリー ライフ マイニングスペース内

※Juttoku.店舗内で行う体験会では、2種類の香りを作っていただきますが、本ワークショップでは、1種類の香りになります。予めご了承ください。

≪お申込み≫

日本橋三越本店 本館5階 ギャラリー ライフ マイニングスペース内で承ります。

(お電話でもご予約を承ります。ご希望の日時をお申し付けください。)
電話番号:03-3274-8935

※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。予めご了承ください。
※Juttoku.では受付ができませんので、直接上記番号にご連絡ください。

 

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

 

 

 

chirashi_nihonbashimitsukoshi_ws_201608

 

 

 

≪2016/9/22追記≫
9月17日、22日に日本橋三越で開催しましたワークショップは、ご好評のうち終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、まことにありがとうございました。

24日(土)は、数席だけまだ残っているとのことでした。もしご興味があるお客様がおられましたら、ぜひご参加くださいませ。

 

カテゴリー: 2-Information~お知らせ~, ワークショップ | コメントする

菊にあやかり長寿を願う、重陽の節句

花鳥風月~美しい自然の移り変わり~ 豊かな地球の恵みを敏感に感じ、絶妙な香りの配合を表現してきた先人たちの繊細な感性により培われてきた日本の香文化。それは、自然との共生を大切にし、様々なものを調和させ、新しいものを生み出す日本人の美意識そのもの。そんな日本人の美意識をはぐくむ「日本の美しい自然の移り変わり」を、本コラムでお届けします。 

dsc_0892

 

重陽の節句

9月9日は、重陽の節句。五節句のうちの一つですが、この重陽の節句は耳慣れない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

中国の風習と日本の風習が合わさった「節句」

そもそも、節句とは季節の折目節目、つまり“季節の変わり目”のことを意味しており、古代中国(唐時代)の暦法で定めれた季節の節目でした。

古代中国では陰陽説が尊ばれており、陽(奇数)が重なると陰になるとして、暦の中で奇数の月と日が重なる日をとりだし、陰を避けるため季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓っていたといわれています。 この中国の暦の影響をうけて、古代の日本の朝廷も年中行事として定め、その風習が日本の農耕を行う人々にまで伝わり、人日(1月1日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日)が五節句と定められ、宮中で邪気を祓う宴会が催されるようになったそうです。

邪気を祓い、新節を清い体で

いずれにせよ、前述したとおり節句は季節の変わり目であることにほかならず、体調をくずしやすい時でもあります。 現代は医薬が充実していますが、未発達であった古代の時代で考えれば、邪気を防ぎ健康を保って季節の変わり目を乗り切るということは切実な願いであったと思います。 そこで、季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うことが行事化され、前節までに身につけた穢れを祓い、新節を清い体で乗り越えようと考えられたのがことのはじまりです。

 

菊にあやかり長寿を願う

最大の陽数である「九」が重なるため重陽の節句といわれますが、「菊の節句」とも言われており、秋の深まるこの時期に鮮やかに彩る菊の花にあやかり長寿を願う行事が平安宮中に行われていました。

 

 観菊の宴

 

長陽の節句_菊酒」

菊を愛でながら、菊酒を呑みかわし、詩歌を詠んでは楽しむという「観菊の宴」。

菊の花と葉を穀物に混ぜて作られ、菊の花を浮かべるなどしてふるまわれた菊酒は、菊の清々しい香りと花の気品の高さによって邪気を祓い、寿命を延ばすと考えられ、互いに長寿延命を願いなが盃をかわしていたそうです。

桃の節供の桃酒、端午の節句の菖蒲酒とおなじように邪気払いとして呑まれますが、この菊酒が一番呪力が高いともいわれていたそうです。想像するにきっとこの菊酒は、お屠蘇のようなもので、ガブガブ呑むようなお酒というよりは一杯のお酒に願いを込めて呑んでいたのではないでしょうか。菊の花を浮かべるというのもなんとも風流なものですね。

 

 

被せ綿

菊

前日の夕刻に菊の花に真綿をかぶせて、庭にだしておくと、翌朝にはしっとりと朝露で菊の香りとともに真綿に染み込みます。この菊の香りもしみこんだ真綿で肌をふくと、肌が美しくなり、また長生きできるという、お祓いと長寿の願いをこめられた宮中の行事でした。

 

紫式部日記にもこの被せ綿について詠まれている歌があり、宮中の女性たちの心が今の女性にも伝わってくるものがあります。

 

 

香りで清める、それは心をも清める

 

「観菊の宴」「被せ綿」から共通してみえる菊の香り。感じ方は様々だと思いますが、菊の香りは清々しい香りで、まるで禊をした気持ちにまでさせてくれる清涼な香りです。

 

 

このごろの 時雨の雨に 菊の花     
      散りぞしぬべき あたらその香を

 

 

[この頃の時雨の雨に、菊の花は散ってしまいそうだ。 惜しいことにこの雨で芳しい香りも消えてしまうのだなあ。] この歌は、桓武天皇によって詠まれており、菊を詠んだ和歌としては最も古い歌であり、菊の香りが消えてしまうことを惜しまれている気持ちが伝わってきます。

 

長陽の節句_菊

目に見えない香りに静かに心を傾け、息づく自然の生命、自然の美を感じとる。今こそ大切にしたい心であり、心落ち着かせながらその香りを感じとることが、おそらく何よりも心を落ち着かせ、清らかにさせてくれたのではないでしょうか。

 

 

 

カテゴリー: 1-美しいカオリを、美しい暮らしに。, Juttoku.便り, 花鳥風月~美しい自然の移り変わり~ | コメントする