実りの秋

Juttoku.便り
心に深い安らぎを与えてくれる「美しいカオリ」を、自然と調和する「美しいくらし」に、をコンセプトにもつJuttoku.。
四季の美しい日本にいながら、自然と調和する暮らしのなかで、日々様々な出逢いや学びに恵まれます。それは、自然の時間の中に自分を置くことで感じることや、自然をつうじて学ぶ日本の美意識、そして旅先などで見聞することなど。本コラムでは、Juttoku.の折々の暮らしをお届けします。

稲穂

待ちに待った実りの収穫の時期

先週の訪問から一週間が経ち、また奈良県天川村へ。

DSC_1057

今回は、今年の5月に早乙女として御田祭に参加させていただき田植えした稲穂を収穫しに、抜穂祭に参加してきました。秋晴れの清々しい天気に恵まれ、絶好の収穫日でした。

稲穂2

 日本では古くよりお米が主食であり、また江戸時代まではお米を年貢として納めていたほど、日本の暮らしの中では米づくりは不可欠でした。

現代は農耕技術も発展し安定した米作りが可能となってきておりますが、昔は稲作も重労働であり、人知では計り知れないほど自然の影響を大いに受ける米づくりはまさに神へすがる思いであったでしょう。

稲穂3

田植えして収穫するというのはこれで3回目になりますが、今年は夏に大雨に見舞われ、村の一部も土砂崩れに見舞われ一部の村の方が避難を余儀なくされるほどでした。また、8月後半からは曇り空が続いたり日照時間も少なく、天気予報をみては「稲は大丈夫かなぁ」と思い煩うことも。

しかし、こうして稲穂も色づき収穫をむかえることができるのはなんともいえない喜ばしさを感じます。 今でさえ無類の喜びを感じるのですから、昔の人々は湧き上がる喜びに包まれていたでしょうし、何よりも、神々への感謝の気持ちもひとしおだったことと思います。

 

収穫を祝い、神に供える

天川大弁才天社での抜穂祭は、まずは本殿で収穫を迎えることができることへの感謝の祈りと神々へお伝えしたのち、神田に移り、再度神田(しんでん)の前で祈りと感謝の祝詞をあげます。

DSC_1062

そして、作長(さくちょう)さんにより、神殿に奉納する稲穂を刈り取ります。

DSC_1063

 きれいに実りがついた稲穂を刈り取ったのち、

DSC_1065

神官が受け取り、

DSC_1071神殿へと奉納されます。

 稲穂4そして、いよいよ刈り取ります。 もちろん、機械ではなく鎌(かま)での作業。

DSC_1080

腰をかがめて鎌で刈り取る作業は、見た目以上に重労働です。今年で3回目といえども、まだまだ初心者な私の刈り取るスピードは、ベテランの村のおばちゃん達には勝ることは到底できず。

稲穂5

刈り取りが終わると、今度は稲穂を束にしていきます。

DSC_1082

去年刈り取った際の藁をひもにみたて、手いっぱいに掴んだ稲穂を束に。

DSC_1084

この作業は単純なようで、ちょっと難しいです。不器用な私には、なかなかうまく束ねることができず。

DSC_1087

こうして、藁でギュっと束ねられた稲穂は、次の作業へ。

DSC_1088

刈り取られた後の田んぼに建てられた竿に、先ほどの稲穂を掛けていきます。

DSC_1077これは、「掛け干し」といわれ、地方によっては稲木、稲架とも呼ばれるそうです。

DSC_1093刈り取った稲穂を掛けて天日干しさせ、自然乾燥していきます。

DSC_1106

穂を下にしてゆっくり乾燥。

DSC_1102逆さにして干す事により、稲の栄養や甘みが穂先の米粒に集中していき、旨みが増していきます。

 

 

米、食べ物をいただくことへの感謝の気持ち

DSC_1099

 こうして数時間の刈り取り作業が終わると、黄金に輝いていた神田がどことなく心寂しくも感じます。

DSC_1100

 しかし、傍らにはこれだけの多くの稲穂を収穫することができました。

 DSC_1091収穫作業後の直会の食事は、腹ペコの胃袋を満たしてくれるほどおいしく。ついつい、何杯もおかわりをしてしまいます。

そして、何よりも普段当たり前のように食べているお米ひとつにしても、自分たちの手で育てていくとより”ありがたさ”を感じ、『いただきます』という言葉に秘められた感謝の念抜きに口に運ぶことはできません。

 DSC_1075

古の時代より、日本人の食生活を支えてきたお米。 時代が移り変わり技術が発達した現代でも、人知では計り知れないほどの自然の影響を受け、自然の恵み、そしてそれを丹念に育てあげてくれる農家の方がいて私たちは食べることができます。

実りの秋をむかえ、「飽食」の時代といわれる今、あらためて「感謝」の気持ちに立ち返り、心こめて「いただきます」といい食していきたいものですね。

 

 

 

自然の叡智を学ぶ

Juttoku.便り
心に深い安らぎを与えてくれる「美しいカオリ」を、自然と調和する「美しいくらし」に、をコンセプトにもつJuttoku.。
四季の美しい日本にいながら、自然と調和する暮らしのなかで、日々様々な出逢いや学びに恵まれます。それは、自然の時間の中に自分を置くことで感じることや、自然をつうじて学ぶ日本の美意識、そして旅先などで見聞することなど。本コラムでは、Juttoku.の折々の暮らしをお届けします。

コスモス

自然の叡智を学びに

石上神宮を後にし、向かうはJuttoku.のアロマを作っていただいている天川村。

道中、吉野にも立ち寄りました。Juttoku.のアロマオイルは、吉野檜の間伐材から精油を抽出しております。山々に生い茂る吉野檜を仰ぎみながら、大地にしっかりと根を張り大きく枝葉を伸ばしています。手入れが行き届き質がよく檜の中でも吉野檜は高級材といわれていますが、どっしりとそびえながらも、風が吹くとなびく枝葉をみると、まるでちっぽけな自分にゆらぎ、静かに寄り添ってくれるかのようなそんな安心感と神意をも感じさせてくれます。

吉野神宮

途中、第96代後醍醐天皇を祭神とする吉野神宮には初めて立ち寄り、吉野の地、そして自然への感謝を祈り伝え参拝してきました。

 

自然に立ち返ることができる場所

天川

今回は道中いろいろと立ち寄ってしまいましたが、ようやくたどり着いた約2か月ぶりの天川につくと、長い旅路の疲れを忘れてしまうほど。

村村の人たちに会い「お~お帰り~!」という言葉で迎えいれてくれると、心の底からの安らぎに浸ってしまいます。

天河

8月末に創業7年目を無事に迎えることができた御礼とご報告に、天河大弁才天社に。

天河2この土地にご縁をいただくことになってから早3年強・・。ここに来るたびに心が洗われ、喧騒とした都会から離れ静かな空間の中で己と向き合うことができ、自然の中に生かされているという道理もようやく腹に落ちるようになってきました。

お香を作ってもらっている淡路島の職人も、天川でアロマを調合してもっている調香師も、「自然の香りそのもの、素材の香りそのものがどれだけ尊いか」といつも言っております。固体、液体、表現はそれぞれ違えども、そこに共通するものは自然であり、敬う想いがあるからこそ、製法ひとつひとつにも思いがこめられ、それが結果としてのこだわりになるのだと思いました。

自然から産出される天然の香原料を扱わせていただく以上、自然世界そのものより自分たちが優位にあるのではなく、自然世界・自然摂理の中で生かされているという気持ちで香りづくりに取り組まななければ、香りは繊細であるがゆえ、心に響くいと艶やかな香りというのは創れない、というのも聞いたときは本当にその通りであると気づかされました。

 

 杉の木々が教えてくれること

DSC_0006

 この日、宮司様からも大変興味深いことを教えていただきました。 先日ふと思うことがあり、山をみつめ、そして杉の木々が生い茂るその山肌をみて、「これだけ杉の木々が密集しているのに、根はどうなっているのだ?」と思ったそうです。

気になり林業専門家に伺ったところ、「杉の木々は密集しているが、根が絡み合うことはなく、それぞれの場所の中で根をはり、生きている」と教えていただいたそうです。

 それはまるで、私たちが自分たちの家の土地を区画ごとに区切り、その中で建物を建てて暮らしているのと同じ。 木々もまた、それぞれの土地を奪うことなく共存共栄しているのだと知ると、自然の凄みを感じます。

 

 

 自然に触れ、自然を感じる

DSC_0967

東京の喧騒とした都会の中で生まれ育った私にとっては、こうしてこの土地に来て学び知るものははかり知れないほど大きいです。

DSC_0973

それは、自然の移ろいを体感でき、自然に触れ、自然を体感できるということ。

DSC_0979夏は太陽にむかって輝くように咲いていたひまわりも、秋になるとこうして花びらを落ち、枯れ果てたかのよう。しかし、これも来年大きな花を咲かせる準備にはいっている自然の過程のひとつ。

DSC_0977自然の移ろいを感じながらも、その時の旬の美しさを感じ愛でる、それもきっと旬のものを大切にしてきた日本人の精神なのかもしれませんね。

 

いね  イネ今年の5月に田植えした苗もこうして成長し、輝く稲穂となりました。

稲穂来週は、いよいよ稲刈り。 来週くるまで、どうか実をつけたままでいてね・・と言わんばかりの思いで語りかけてしまいます。

 

自然との触れ合い、村の方々との交流、この土地にくると本当に心が安らかになり、後ろ髪を引かれる思いでこの地を後にし、東京へと帰路につきました。

 

 

 

 

神話の神々に会いに石上神宮へ

Juttoku.便り
心に深い安らぎを与えてくれる「美しいカオリ」を、自然と調和する「美しいくらし」に、をコンセプトにもつJuttoku.。
四季の美しい日本にいながら、自然と調和する暮らしのなかで、日々様々な出逢いや学びに恵まれます。それは、自然の時間の中に自分を置くことで感じることや、自然をつうじて学ぶ日本の美意識、そして旅先などで見聞することなど。本コラムでは、Juttoku.の折々の暮らしをお届けします。

石上神宮

神話の神々に出会いに

月一参りと打合せのため天川へ行く道中、石上神宮へお参りに行ってきました。

日本最古の神社のひとつ

石上神宮は、伊勢神宮と共に『日本書紀』に記された最古の神宮で、物部氏の総氏神とし、健康長寿・病気平癒・除災招福・百事成就の守護神として信仰されてきました。

御祭神は神武天皇がご東征したさい、国土平定に偉功をたてられた韴霊(ふつのみたま)の剣とその霊威を布都御霊大神(ふつのみたまのおおかみ)、鎮魂(たまふり)の主体である天璽十種瑞宝(あまつしるしとくさのみづのたから)とその霊威を布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)、スサノオノミコトが八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治された十握剣(とつかのつるぎ)とその霊威を布都御魂大神(ふつしみたまのおおかみ)として称え、相称して石上大神と仰ぎ、第十代崇神天皇7年に創祀されました。

 

心が洗われる研ぎ澄まされた空気

DSC_0826

参道を進むと荘厳に佇む鳥居。

DSC_0828

一例して鳥居をくぐると、そこは心が洗われるほど研ぎ澄まされた空間がひろがります。

DSC_0830元気のいい鶏の声が響き渡り、境内には放し飼いされていました。

DSC_0831

鶏は、『古事記』『日本書紀』に登場しており、暁に時を告げる鳥として、神聖視され、神様のお使いともされていますが、天の岩戸のさい、鶏が鳴き声を上げて天照大神を岩戸からお出ましになる様に手助けをした功績として神の遣いになったなど。

DSC_0833境内の中にはいたるところに、鶏が人間に警戒することなくただずんでおり、この朗らかな空間がまた心を落ち着かせてくれます。

DSC_0836

清らかな水が流れる手水舎で清めると、より心も体も洗われるかのように清らかに。

DSC_0838悠久の長い時が刻む自然の幽玄を感じつつ、進む先には・・・・

石上神宮2鎌倉時代末期(1318)に建立されたとし、重要文化財に指定されている『楼門(ろうもん)』がお目見えします。

 

 

 石上大神を仰ぎ、祈る

DSC_0858

厳かなきもちで楼門をくぐると、そこには待ちわびてたかのようにそびえたつ拝殿が。

 石上神宮_拝殿国宝に指定され、現存する最古の拝殿を前に。

 DSC_0847

石上大神を仰ぎ祈る心は、自ずと感謝の気持ちと平和な世界へと・・・。

DSC_0843その祈りの声をききとってくれたかのように、さっきまでは曇り空だったのに、澄み渡るほどの秋晴れの空に。 これだけでも、不思議と至福な気持ちになります。

 

 

みなぎる生命力

DSC_0860

それほどまで大きくはない境内だが、神々を仰ぎ祈るなかで、この土地・空間からは自然のたくましい生命力が体にみなぎってくるのを感じます。

 

石上神宮_剣

 それは、スサノオノミコトが八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治したさいに使った十握剣(とつかのつるぎ)とその霊威である布都御魂大神 (ふつしみたまのおおかみ)が祀られてるからゆえ、悪を断ち切る力強さからくるのでしょか。

DSC_0879

 はたまた、『石上 布留の神杉 神さびし』と柿本人麻呂が万葉集で詠んだとされる神杉が地に根を張り佇んでいるように、神の気たる神聖な神気が宿っている杉が佇んでいるからだろうか。

境内をでるころには、身も心も湧き上がる生命力がみなぎっていました。

 

 

 物部氏に想いを馳せる

DSC_0888飛鳥時代、聖徳太子が大陸から渡ってきた仏教を認め、国内に広げていきましたが、その背後には古来の神を祀る物部氏と片や仏教に賛同していた蘇我氏との深い対立がありました。

結果的には、周知のとおり仏教は国内に瞬く間にひろがり、日本の文化の礎にもなり、神仏習合という他国にはない土着の風習ができました。

日本のお香は大陸より仏教とともに祈りの香として渡り、香木・香料が放つ香りで仏前を清め自らの身体をも浄めて仏を拝むという教えにはじまりがあります。

これは日本がそもそも高温多湿の風土で、清浄を最高のものとする考えが根付いており、また、『古事記』『日本書紀』にもイザナギが死穢の国である黄泉の国から帰還した後に禊ぎ祓え清めたとあるように、「禊祓」の習慣が定着していたからこそ、仏教と共に伝来してきた「香」も、すんなりと受け入れていったといわれています。

神杉

古来の神を祀るのを重んじ、仏教の流布に危惧を感じていた物部氏にゆかりのある石上神宮。その境内で樹齢300年以上もする神杉を前に、悠久の時を経て、今はどう物部氏は思い、はたまた見守ってくれているのだろうか・・・、想いを馳せずにはいられませんでした。

 

DSC_0893

 心が研ぎ澄まされる清涼なひと時、そして、体の奥底から生命力がほとばしっていくのを感じながら、石上神宮をあとにし天川へと向かいました。

 

DSC_0906

境内の外には、神々しく咲く彼岸花。気持ちの良い秋の季節になりましたね。

 

 

 


DSC_0841石上神宮 

主神神:布都御魂大神 (ふつのみたまのおおかみ)
    布留御魂大神 (ふるのみたまのおおかみ)
    布都斯魂大神 (ふつしみたまのおおかみ)

場所:奈良県天理市布留町384


 

 

 

 

 

 

 

紫式部が伝える「人の御心地いと艶なり」へ

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。
連日の雨も一休み、ここ東京は久しぶりの青空です。皆さまいかが週末をお過ごしでしょうか。

PPP_shittoriajisai

ゆれ動く心

先日のブログ内で「ゆれ動く心=コップの中の泥水」と書きましたが、お客様からメールをいただき、『まさに自分の心がそんな状態でした・・・!』と。 かくいう私も、書きながら自分でも体感していたことなのでまさに自分の心を描写しているかのようでした。

心のあつかい方は、難しい・・・・。 

きっと・・・・これは私だけでなく、現代社会の中で感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 時々店頭でもお客様のお声等を聞かせていただくと、「ここ最近、ただただ心が疲れる」等といったお声もあったりします。 その原因は、人によって実に様々・・。仕事、同僚、家族、恋人・・・等など。

 

お香が誘う至福のひと時

Yoga meditation at home. Relaxation concept with unrecognizable

そんな心をいつも救ってくれるもの・・・それは「お香」です。

家に帰って、お風呂入ってゆっくりする自分だけの特別の時間。その時は、部屋を少し暗くして、お香を焚きます。 いい香りが部屋にほんわか充満すると、そこは別世界に感じることも。

いい香りが充満しているので、自然と呼吸が深くなります。

スゥー~~~~~~~~~、ハ~~~~~~~~~

すると、さっきまで心の中にあった黒いモヤモヤが消えて・・・心が軽くります。 まるで自分が何で悩んでいたのかもわからなくなってしまうほど。

すると、自分の体の声、自分の声が聞こえてきます。『今日は体が疲れていたんだなぁ、早めに今日は寝よう』、『上司が言ってきたこと、あの時はなんで突然こういうこと言うのか意味わからなかったけど、今思うと上司が伝えたかったことはこういうことなのかな』、『昨日の夜は、彼氏に日常の不満しかぶつけていないような気がする・・・くだらない些細なことを愚痴ってしまって悪いことしたな。明日は元気な姿を見せてあげよう♪』などなど・・・。

そんな心の声などが聞こえ自分自身と向き合えるということは、自分の心も開放できているので、なんともいえない至福のひと時です。

 

いい香りで脳がリラックス

 
この至福のひと時に誘ってくれる「お香」は、一つに”いい香り”と自分で体感する自分の好きな香りであることがポイントとなります。

嗅覚をつかさとる鼻腔の奥には、においを感じる神経細胞があり、この細胞は直接大脳にはたらきかけ、そこからほかの感覚器官へと指令を伝達します。  そして、大脳生理学によると、好きな香りを吸い込むと、脳がリラックス時にみられるアルファ波が発する状態になるそうです。

 

悠々とした時を刻んでくれる、くゆらぐ香煙

a0001_005260_m

そして、香を焚くとゆっくり立ち上っていく香煙は、なんとも筆舌に尽くし難い悠々とした時を刻んでくれます。  それはまるで駆け足で刻む長針に逆らうかのようにも感じますが、このゆっくり時を刻むなかで、心地よく自分自身を開放することが本当の自分に戻れる時でもあると思います。

 

 

 

 

素晴らしい香り いと艶なり

香を焚き自分自身が解放感に浸れる快感ともいえる贅沢なひと時は、何百年もさかのぼり昔の人たちも同じように体感していました。 それが文献で残っております。

 

月さし出てぬれば 大御酒など参りて 昔の物語などし給ふ
 霞める月の影心にくきを  雨の名残の風すこし吹きて  花の香なつかしきに 御殿の辺りいひ知らず匂い満ちて
 人の御心地いと艶なり」   (源氏物語より)

 

これは、源氏物語のクライマックスの部分、4人の女性に特別な香を競い合わせるよう作らせて出来上がった香を光源氏と蛍兵部卿宮のもとで焚かれていたときの二人の会話が描写されています。(上述は、かなり要約してしまいましたがストーリーはとても趣きのある内容のため機会あらためご紹介させていただければと思います。)

 

ここで注目したいのが、「人の御心地いと艶なり」であります。

女性たちが思いが託された素晴らしい香りが部屋に充満するなかに身をおきながら観ずるに、今までいくつもの喜びや悲しみを抱きながら歩んできたけれども、今はこんなにも艶やかな至福の一瞬を過ごしている。 このような艶なる気持ちになれるのは、素晴らしい香りが私たちの心に艶やかな輝きをもたらしてくれているのだ、そのことを光源氏に紫式部自身の思いを重ねたことと思います。

それは、まさに「祈りの香」から「実利的で雅な香」を体現した平安時代に生きていた女性の心の声そのものだと思います。

現代にも思い伝わる「いと艶なり」


Juttoku.が香の原料からこだわりをもち厳選された上質な香原料をもとに、熟達した職人の方にその自然の香りを活かしながら素晴らしい香りを作ることにとてもこだわる
のは、まさに平安時代、紫式部も感じ得たようにこの「いと艶なり」という思いを感じてほしいからです。

人生いろいろあり悩むときも悲しむときも様々でありますが、今この瞬間が『あぁ幸せだ』と心から感じられる、その日々の積み重ねがまさに人生そのものであると思います。

 

この想いに共感し一緒に本気のモノづくりをしてくださる淡路島の職人の方々には感謝であります。そして、私たちの使命としてはこの香を通じて一人でも多くの方が、「いと艶なり」と感じえてくださるよう、この香をお届けすることと思っております。

 

 

 

長々となりましたが、本日もご覧いただき誠にありがとうございました。
すてきな週末をどうぞお過ごしくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心月輪~満月に想う。五感の磨き方~

皆さま、こんばんは。
いつも当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

ゴールデンウィークも中盤に。旅行に出かけていらっしゃる方もいれば、ご自宅の中でゆっくり過ごされたり、またご家族との団欒を楽しんでいらっしゃる方など・・・様々かと思いますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

 

皐月の夜空に輝く満月の今宵

1369632_13121231 (2)

ここ東京は、生憎曇り空のため光り輝く満月をきれいに見えないのですが、雲の合間からときおり覗かせてくれるまん丸のお月様の輝きがまるで心の中に光を照らしてくれるかのようでほっこりした気分になります。

ここ最近は、時間に追われてしまうこともしばしばあったので、こうして満月の月の光を感じながらゆっくりできるこの時間はなんともいえない至福のひと時であります。

 

至福のひと時、感謝のひと時

満月が輝く夜空を眺めながら、焚いている「満月」の香は私の心をときほぐしてくれるかのようで、深く落ち着いた呼吸がより私の心を落ち着かせてくれます。 また、何よりも大樂かな気分にもなり、日々こうして生きていることへの感謝の気持ちにもあふれてきます。

そして、『あぁこういうことなのかなぁ』と・・・ふと思いました。

と言いますのも、昨日お立寄りいただきました一人のお客様から伺ったお話が脳裏に蘇ったからです。

 

五感を磨く

その方は、今年で82歳になられる方で、今でも元気にテニスをしたりととても明朗快活なおじいさまでした。 お香がお好きでいらっしゃるということで、興味をもちお立ち寄りいただいたのですが、お話を伺うと、お香のことだけでなく歴史や文化のことまでも大変博識のある方で、聞かせていただくお話はどれも興味深く、勉強になることばかりでした。

その中で、一番興味深かったことは、その方が若いころから実践して心がけている「五感を磨く」というお話でした。

それは、五感を意識して使い“感じる”ことを大切にする、ことでそうです。日々の生活の中ではもちろんのこと、旅行先でも毎回1万円を5分割して、平等に五感を使うことに体験・購入などをしているそうです。

なぜそこまで意識するようにしているかというと、五感を磨くことにより「人間として丸くなれる」からだそうです。

 

人間として丸くなるということ

その方は、お仕事柄国内だけでなく海外にまで若いころよりいろいろな所に行かれたそうです。 そこは、文化も歴史も異なるので見るもの、感じるものすべてがいつも新しく、新鮮な世界。 そんな様々な世界を享受するなかで、気づけば五感をつうじてつねに感じている自分に気づき、そこからまた感じえる世界観も変わってきたそうです。

そして、五感をバランスよく鍛え磨くことにより、五感がバランスよく整うかのように精神までもが丸くなっていってることに気付いたそうです。

 

和をつくりだす社会に

世の中には実に様々な人がおり、はた職場や家族を垣間見ても、各々の感性・個性をもっている。 例えば、その人がここの部分が欠けていたとするならば、自分が補ってあげたり、また、互いに補いあえることができる。

自分が丸くなれば、相手の形に柔軟にうまくはまることができる、つまり、人間関係が円滑になることで無駄な争いやもめごとはなくなり、人と和を保つことができる、それがゆくゆくは平和な社会の礎になる、と。

 

なんとも深いお話を聞かせていただきましたが、その方が仰ることはまさに人間として心得て目指していくべきあり様であると思いました。

 

1369632_13121231 (2)

心月輪
【現代語訳】心は満月そのものです。

 

このお話をきいて、思い出した言葉です。この言葉は、良寛が書き残した言葉です。この言葉には、「心月孤円、光万像を呑む」という中国の禅師の言葉にあるように、仏心・無心は孤高で欠点がなく、その輝きは一切を包んでいるという意味であり、この「心月論」を意味しているのも、人間的な概念を突き抜け無心にまで行きついた心はすべての対象に自由に輝く、満月そのものであると意味しているのではないかと思います。

 

無心に・・・とまではなかなか現生をいきるなかでは難しくとも、五感を磨き、整うことで、人間としてもバランスのとれた丸くなる、すなわち、この満月のように光輝くまあるい心をもつ、というのは意識すれば日々の生活の中でも行えそうですよね。

 

ゴールデンウイークが終わると、またいつもの生活がはじまるかと思いますが、心を丸く満月のようにしてみる・・・と意識するだけで、職場での人間関係なども変わってきそうですね♪

 

 

 

ついでに・・・このお話をしていただいたお客様の嗅覚の磨き方で実践していることは、自然の香りを聞く、ことでそうです。その土地の香り、自然の香り、そして、香などの美しい香りなどを目をとじて“聞いて”るとのことでした。 (Juttoku.の香りにも、大変ありがたいお褒めの言葉をいただきうれしかったです。職人の方々のおかげですので早速休み明けにお伝えしたいと思います!)

 

 

 

 

久々に長々となってしまいましたが、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。皆々様にとって、今宵も満月のすてきな夜をお過ごしくださいませ♪